aoponさんの映画レビュー・感想・評価

aopon

aopon

映画(2752)
ドラマ(2)
アニメ(0)

東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-(2023年製作の映画)

3.0

まあそれなりに楽しめたけど
これ前編後編に分けるほどじゃないと改めて思いました。
キングダムとかと比べるとチープ。
若手人気男優さんのファンのための作品。

スクロール(2023年製作の映画)

3.5

今時の若者の葛藤を描いたオムニバス作品は
結構共感出来て楽しめた。
演技の上手い役者さんばかりなのもいい。

ファイナル・インパクト(2022年製作の映画)

3.5

期待しないで見たら
ストーリーも映像も良くて結構楽しめた。

忌怪島/きかいじま(2023年製作の映画)

2.5

あまり怖くないB級ホラーって感じ。
気軽に見るにはいい。

キングダム 運命の炎(2023年製作の映画)

4.0

本作も秀逸なエンタメ作品でむちゃ面白かった。
豪華なキャストに迫力のある合戦シーンは相変わらずいい。
続編も期待。

THE KILLER/暗殺者(2022年製作の映画)

3.5

ストーリーはシンプルだけど
アクションがいいし結構楽しめた。
やっぱチャンヒョクはカッコいいと改めて。

アステロイド・シティ(2023年製作の映画)

2.0

シュールな世界観はいいけど
自分には難解で退屈だった。
豪華なキャスティングは凄い。

ナイル殺人事件(2022年製作の映画)

3.5

途中で犯人バレバレだけど結構楽しめた。
重厚な演出がいい。

ある人形使い一家の肖像(2023年製作の映画)

3.0

淡々と描かれる人形使いの家族の物語は結構楽しめた。
等身大の登場人物のキャラがいい。

ジュリア(s)(2022年製作の映画)

3.0

マルチバースを上手く使った作品で結構楽しめた。
混乱もせずナチュラルに見れる構成や演出はいい。
主演女優さんの演技がいい。
ラストの展開はいいがベタ過ぎ。
個人的には過去には拘らない性格なので共感はな
>>続きを読む

ヴァチカンのエクソシスト(2023年製作の映画)

3.5

結構ストーリーもしっかりしてるし
終盤の悪魔との戦いは見応えがあった。
ラッセルクロウはやっぱいい役者だと改めて。

The Son/息子(2022年製作の映画)

3.5

どの家族でもありえる悲劇がリアルだった。
中二病を演じた役者さんもいいし
ヒュージャックマンはやっぱカッコいい。

遺灰は語る(2022年製作の映画)

3.5

前半の遺灰のエピソードはドキュメンタリーみたいで
楽しめた。モノクロの世界観がいい。
後半は秀逸な短編小説みたいで何ともいい。 

ゲネプロ★7(2023年製作の映画)

4.0

ミステリー要素のあるエンタメ作品で面白かった。
終盤の畳み掛ける展開は秀逸。
構成や脚本や演出もいい。
著名な役者がいないのもいい。

交換ウソ日記(2023年製作の映画)

3.0

ベタな学園青春ラブストーリーだけど
それなりに楽しめた。
演技の上手い若手の役者さんで安心して見れたけど
何か華がないかな。

キャロル・オブ・ザ・ベル 家族の絆を奏でる詩(2021年製作の映画)

3.5

戦争に翻弄される家族の物語は見ててまじ辛い。
戦争の悲惨さ理不尽さが伝わるいい作品だった。
ラストに救われた。

エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス(2022年製作の映画)

3.5

マルチバースの世界観を上手く使い
普遍的な家族愛が描かれていた。
斬新な演出で圧倒された。

波紋(2023年製作の映画)

3.5

ブラックユーモアもある
ファミリーホラーって感じで面白かった。
主演女優さんの狂気の演技が秀逸。
薄気味悪い独特な空気感の演出もいい。

インスペクション ここで生きる(2022年製作の映画)

3.5

愛と青春の旅だちの
現代バージョンみたいな作品だった。
エンタメというよりドキュメンタリーっぽい演出。
母親がまじクソ。

バウンティフルへの旅(1985年製作の映画)

3.5

おばあちゃんのハートフルロードムービーだった。
主人公と家族や出会う人達との会話がいい。

ザ・ホエール(2022年製作の映画)

4.0

壮絶な家族の物語だった。
登場人物のキャラ設定がいいし
役者さんの演技が秀逸だった。
終盤の展開は心を揺さぶられた。

猫と、とうさん(2022年製作の映画)

3.0

ひたすら猫に癒された。
たまにはこんな作品もいい。
最近のwowowの映画は視聴中止ばかり。
もっといい作品仕入れてほしい。まじコスパ悪い。

告白、あるいは完璧な弁護(2020年製作の映画)

4.0

オリジナル視聴済。
やっぱ終盤の畳み掛ける展開は秀逸。
ジソプ久しぶりに見たけど渋くてカッコいい。

山女(2022年製作の映画)

3.5

NHKのドラマ鑑賞済。
山田杏奈の演技に圧倒された。
映画で見ると凄い女優だとより感じさせられた。

空気殺人~TOXIC~(2022年製作の映画)

3.5

重厚な社会派クライムサスペンスで見応えがあった。
終盤の二転三転する展開が秀逸。
韓国映画のクオリティの高さを改めて。

LOVE LIFE(2022年製作の映画)

3.5

愛はままならなくて厄介で面倒だけど
生きてくのに必要だと感じさせてくれる作品だった。
木村文乃はいい女優さんだと改めて。

ロストケア(2023年製作の映画)

4.0

介護問題や死生観を描いたストーリーは見応えがあった。
いかに死ぬかを考えさせられる。
死ぬ権利はないのか。安楽死の必要性。
松山ケンイチの圧巻の演技。
個人的には認知症になったら逝きたい。

少女は卒業しない(2023年製作の映画)

4.0

原作既読。
あの連作短編をむちゃ上手く映像化されてていい作品だった。
繊細な少女たちの心情が切なく何ともいい。
河合優実はじめ全ての若手役者さんの演技が秀逸。
コンサートシーンは感動。
脚本も構成も演
>>続きを読む

遠いところ(2022年製作の映画)

3.5

沖縄に二年住んでいたので主人公の心情はわかる。
仕事がない
男が働かない
シングルマザーばかり
この作品では沖縄のなんくるないさを排除して
あまりに辛い内容だった。
ここまで救いがない潔さがある意味い
>>続きを読む

ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい(2023年製作の映画)

2.5

今時の青春映画はリアリティが感じられず。
個人的によくわからない作品だった。

高速道路家族(2022年製作の映画)

3.0

貧困と家族の崩壊を描いたストーリーは
リアルでシリアスな内容だった。
韓国映画にしては珍しくユーモアがないのが辛い。

ちひろさん(2023年製作の映画)

3.5

心地いい優しい癒される作品だった。
登場人物のキャラ設定がいい。
有村架純のナチュラルな演技がいい。
役柄にあったキャスティングがいい。
有村架純が元風俗嬢に見えない笑

ワース 命の値段(2019年製作の映画)

3.5

実話ベースの社会派作品はやっぱ面白い。
ちゃんと聞く良心のあるアメリカは健全だと改めて。
日本にもむちゃダークな出来事があるのに
映像化されないのは残念。

>|