Lyuさんの映画レビュー・感想・評価

Lyu

Lyu

サイコ(1960年製作の映画)

4.8

何回目か。
オープニングかっこいい。開けられていくというより塞がれて不能になっていく穴。ラストのENDのカットもかっこいい。

ザ・レイド GOKUDO(2013年製作の映画)

3.5

アクションだけのスコア。日本語は基本的に何を言っている聞き取れない。カメラワークいろいろやってて面白い。前作のラスボス悲しい、と思ったけど前作で死んでなかったのか。シシドカフカと綾野剛いた?

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.7

映画館では寝てしまったけど、いつも利用する自分の移動ルートに沿ってゴジラが歩いてて良い。セリフ詰め込んでて途中ありょりょりょってなりそうでヒヤッてする。エヴァンス未希。

NEXT -ネクスト-(2007年製作の映画)

2.5

酷評が気になって急いでテレビをつけた。オチはあれでもいいけど、2分先を読める設定を突き通さなかったことが何より微妙。

スプリット(2017年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

そうきたか!ヒロインも3歳の時にトラウマを抱えているというので、そこにどんでん返しを期待するところを、アンブレイカブルとの絡みで驚かすラスト。ヒーローものなのだから、怪物の誕生を描いても全く問題ないわ>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

その方がカッコいいからという理由で結末に向かっていったように思えて残念だった。

イースタン・プロミス(2007年製作の映画)

4.2

ヴィゴ・モーテンセンの目の狂気が静かでかっこいい。

ゼブラーマン(2003年製作の映画)

3.8

「アメリカよ、これがニッポンのヒーロー映画だ」
と胸を張るには心もとない絶妙クオリティがたまらない映画。

サムサッカー(2005年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

"The trick is living without an answer"

複製された男(2013年製作の映画)

3.2

なんとまあわかりづらい説明をしてくれているのか。

STAND BY ME ドラえもん(2014年製作の映画)

3.1

ジャイ子みたいなブスとは結婚したくない っていう正直すぎる動機で未来を変えまくり、タイムトラベルのタブーやらをことごとく犯していく

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)

4.0

小気味よく流れるリズムも、ぬるぬる動くストップモーションも心地よい。

ブギーナイツ(1997年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

「ジャックの言葉はカットしてほしい」のあとジャックが電話に出るシーンで口から出る葉巻の煙が逸品。

バベル(2006年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

2度目。
通じた時にはもう遅い あるいは、それでも最後は通じる のか。で、最後に坂本龍一に全部持ってかれる。

しわ(2011年製作の映画)

4.4

結構こわいし、とてもシリアス。それでも重くなりすぎないようにしているのが素晴らしかった。老いを生きることについて意識せざるをえない。

ザ・セル(2000年製作の映画)

3.9

再見。
実写版パプリカ、アニメ映画パプリカより前。THE映像美のターセム・シン。猟奇殺人犯の潜在意識に潜り込む。いろんなアーティストへのオマージュが出てくるから、それに気付きながら見るのも面白い。

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.9

オールドスネークその後、的な、そのくらいの強さのじじい。やたら映像美。ファーストカットなんてニーチェの馬。
「20年に1本の恐怖のなんとか」はよくわかんない。理不尽さがなく、割とすっきりと見られる。

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

4.3

本人がカメオ出演してたのか!本人こわい、けどかっこいい。ヤクザの親分みたい。
ソープ嬢が稲田防衛大臣に見えたのは私だけでしょうね。

イレブン・ミニッツ(2015年製作の映画)

2.9

ちょっとした間違いで落ちてしまった黒いインク。そのくらいの唐突さと何気なさで飛行機がビルに突っ込むかもしれないし、事故が起きるかもしれない。

>|