ひらさんの映画レビュー・感想・評価

ひら

ひら

映画(377)
ドラマ(3)

お気楽探偵アトレヤ(2019年製作の映画)

-

意外にお気楽じゃないっていうギャップがたまらない
インドのダークサイドを学べる。

この愛のために撃て(2010年製作の映画)

-

いい意味でフランス映画っぽくないとこがある
サクッとみれて「あぁ〜おもろかった〜」って満足できる

あまくない砂糖の話(2015年製作の映画)

-

鑑賞後にはまあまあ意識高まる映画だった
高カロリーが悪という風潮並みに、高果糖も悪という風潮が広まればいいんやけどな

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

-

この2人、この映画に魂売った感あるな
唐田えりか清楚な見た目だけど意外にいやらしいカラダしてるわ〜

ミッドナイト・ランナー(2017年製作の映画)

-

コメディとシリアスのバランスが素晴らしい。

つかみからラストまで気持ちよく鑑賞できた

来る(2018年製作の映画)

-

久々に中島哲也監督の栄養を補給した

独特な映像美は本当に惹き込まれる。小松菜奈いい。

あの頃、君を追いかけた(2018年製作の映画)

-

とりあえず齋藤飛鳥めっちゃかわいい

映画自体は本家とほぼいっしょな感じだったけど、下ネタのエグみがなくなる等の大衆向け配慮がなされてるっぽい。やっぱりラストで泣きそうになるな…。

家族ゲーム(1983年製作の映画)

-

プライム対象になったので久々にみた。

幼き頃みたときに、黄身チューチューをマネして「家族ゲームか」と父に突っ込まれたのはイイ思い出

華氏 119(2018年製作の映画)

-

もう日本ではコロナばかりで、すっかり忘れちゃっていたけど、今年はアメリカの選挙イヤーだ。
ムーア監督の強烈な思想が全部盛り込まれてて引き込まれる。
私はムーア監督の思想を全く支持しませんが、GO VO
>>続きを読む

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

-

おとなになってからみると、国同士の争いを描いたシーンにリアリティを感じずにはいられなかったよ

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

-

明らかに女性目線の映画。夫婦でみにきたのに旦那さん熟睡してましたね。

みおわった後、前向きになれる良い映画でした

もののけ姫(1997年製作の映画)

-

絶対に劇場で鑑賞すべき映画。オーケストラの音楽に圧倒される。

ミッドサマー ディレクターズカット版(2019年製作の映画)

-

初めてみた僕が、心の準備として知っておきたかったこと
①この映画はフィクションであるが、意外に現実味ある
②全シーンが伏線だから細かい部分も見逃すともったいない

12モンキーズ(1995年製作の映画)

-

そういうことか〜いって後半気づくタイプの映画でした

アメリ(2001年製作の映画)

-

クレームブリュレ食べたから久しぶりにまたみた。妹のお気に入りの映画になったみたいでよかった。

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

-

豪華キャストの演技を楽しむ映画だった

本格ミステリーを期待するなら原作読んだほうがいい。読んでないけど。

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

-

白鶴まるをのみながら呑気に楽しんだ

ただ、西日本に住んでると感覚わかりにくいかな

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

-

すごい映画を観てしまった

映画では感じづらい"ある感覚"で、的確に格差を表現してるところがまたすばらしい

何言ってもネタバレになるから、ふらっとみればこれは満足できる映画とだけ言いたい

ミスミソウ(2017年製作の映画)

-

スプラッター的な描写はなかなかきついね

特に教訓なんてないんだけど、意外にヒューマンドラマだったと思う

ニンフォマニアック Vol.2(2013年製作の映画)

-

自分の木を見つけた主人公は、あのラストの後、如何なる人生を歩むのだろう。想像が膨らむ。

杉原千畝(2015年製作の映画)

-

ただのお人好しではないことがはっきりとわかる

青い春(2001年製作の映画)

-

後から、「ピンポン」の松本大洋原作と知ってすんごく納得した

いや〜青春やな〜

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

-

いい音響でみたくて劇場に行ってきた。これはドルビーアトモスで鑑賞したかったなぁ

比較的地味な部類の映画だとは思うけど、男心をじんわり満たす良い映画ですね

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

-

あー面白かった〜

ひとりでケラケラ笑いながら楽しめました

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

-

マック食べたくなりましたね

最後のマックシェイクの話が痛快すぎて、あんまり好きじゃなかったけど今度シェイク頼むことにするぜ

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

-

英語が早くてついていくのが大変ですが、むちゃくちゃすごい映画でしたね。

友だちのパパが好き(2015年製作の映画)

-

たぶんコメディだったんだけど、真剣に見てしまって精神的におかしくなってしまった

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

-

序盤、ブリティッシュジョークに笑わされるが、だんだん笑えなくなる現実が訪れる。もはや他人事ではない…。

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

-

IMAXでみた。中坊のころみたときは世界観を理解するだけで精一杯だったけど、改めてみて、見た目以上に世界観も細かく作り込まれてるって気づいたな。レプリカントが雨の中で語るシーンは大人になると沁みるもん>>続きを読む

トランスポーター2(2005年製作の映画)

-

前作から少しコンセプトがずれてきてるけど楽しめた

>|