ねねねねねねねねねねねくろさんの映画レビュー・感想・評価

ねねねねねねねねねねねくろ

ねねねねねねねねねねねくろ

映画(910)
ドラマ(31)

ハロウィン(2018年製作の映画)

3.5

オリジナルのハロウィンの40年後を描いた作品

オリジナルを復習してから観たので所々オマージュもされてる部分はすぐ分かった。
(教室から外を見ると人が立って目があったり、、今作はマイケルではなくローリ
>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.0

「僕を産んだ罪で訴える」

既視感がある題材だけれど、生きていく力と行動力が凄くて引き込まれる。

OPのシーンがこう繋がるのかー、って感じと主人公の口の悪さがかなり自分好みでした。

エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE(2019年製作の映画)

3.5

引っ越しのためBlu-rayを箱詰めしてしまいNetflixな週末

見よう見ようと思って放置していた「エルカミーノ」を鑑賞。
同窓会ばりになつかしい面々と新キャラも出てきてそこそこ面白かった。

タイタンズを忘れない(2000年製作の映画)

3.5

「アンナチュラル」が観たくてparavi契約したのに家のネットが切れてしまい仕方なく再鑑賞。ふざけんな。

まずOPでディズニーだったんか・・・と驚く。
黒人差別真っ只中の1970年代初頭。白人との合
>>続きを読む

トラベラー(1974年製作の映画)

3.5

「ちょっとテヘラン行ってサッカーみたくね?でも金ねえわ。稼ぐか!」みたいな映画。昨年発売されたキアロスタミBOXでしばらく眠らせてた作品。

久しぶりにこんなクソガキをみた。金を稼ぐために壊れたカメラ
>>続きを読む

13回の新月のある年に(1978年製作の映画)

3.5

ファスビンダーって「第三世代」で挫折してしまって苦手意識があったんだけれど最後まで鑑賞できた。

正直セクシャルマイノリティー系映画って苦手なんだけれど映像に引き込まれたってのが正直大きい。
牛の屠殺
>>続きを読む

宇宙戦争(2005年製作の映画)

1.5

劇場公開時。凄いプロモーションかけてたのは覚えているけれど、宇宙人から逃げ惑う映画に飽き飽きしていた頃で避けていた作品。見なくてよかった。

まず、スピルバーグが意図的にやったと思うけれど画面が粗い。
>>続きを読む

私が、生きる肌(2011年製作の映画)

3.5

ペドロ・アルモドバル作品はだいぶ昔に観た「オール・アバウト・マイ・マザー」以来。ちょっと前にBlu-ray購入し放置していて、気分的に邦画、古い洋画と続いてきたので、気分的にそろそろ現代作品でも観るか>>続きを読む

第三の男(1949年製作の映画)

2.5

Amazonの半額セールで購入し鑑賞

映画好きは一度は聞いた事があるタイトル。また某エビスビールで使われた超有名なテーマ曲。実は勤務先が恵比寿なので毎日駅で聞いていた。
コロナによる自宅勤務で4月頭
>>続きを読む

お葬式(1984年製作の映画)

4.5

伊丹十三Blu-rayBoxを購入して以来の再鑑賞。
こんなに面白い作品だったっけ。しかも初監督作品じゃなかったっけ。

奥さん方の父親は健康診断を受け「問題なし」の診断結果にウキウキ気分でお祝いのロ
>>続きを読む

バトルランナー(1987年製作の映画)

3.0

ザ80sムービー

殺人ショーのテレビ放送に駆り出されたシュワちゃんの奮闘記

夜行列車(1959年製作の映画)

3.0

ポーランド映画

夜行列車の一夜の人間模様

殺人鬼にストーカー、同僚同士の恋愛…地味な作品でストーリーらしいストーリーは無いのだけれどぼーっと観るのには最適な映画

ブレインデッド(1992年製作の映画)

4.0

ピータージャクソンの初期作品

最初のママがサルに噛まれるあたりまで怠いけどそこからは相変わらずやりたい放題(いい意味で

スプラッター表現もさることながらコメディ映画として秀作

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.5

言わずと知れたライオンキングの実写
ほぼアニメと同じ。普通に観れる

スカーの声がイケボ過ぎ

暗殺の森(1970年製作の映画)

3.0

所々ハッとするショットはあるけど
あんま話はおもろくない

修行不足なのか

水の中のナイフ(1962年製作の映画)

3.0

ポランスキーのboxから

3人とヨットしか出てこない映画

所々ショットがかっこいい、
ジャズが印象的、

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

3.5

Blu-ray購入し鑑賞

2時間超えを感じないほどまとめ方がうまい

ただピアノ経験者から見るとガッキーの演奏シーンに萎えてしまって、気分が盛り下がってしまった、、、

エンドロールの入りでアンジェ
>>続きを読む

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

3.0

パッケージからは予想できないくらいアントニオ猪木ばりのアゴ張ったチャッキー

殺し方はそこそこ手が込んでて笑った

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

4.0

久しぶりにBlu-rayにて再鑑賞

『コーヒー&シガレッツ』にしかり、この手の映画は得意だね。ジャームッシュ

サスペリア・テルザ 最後の魔女(2007年製作の映画)

2.5

冒頭面白そうな雰囲気ぷんぷんだったけど、なんかチープ、、、

グロ描写はそこそこ

>|