Badashermaさんの映画レビュー・感想・評価

Badasherma

Badasherma

映画(622)
ドラマ(0)

人間革命(1973年製作の映画)

-

長くてしんどいけど教義含めて結構面白かった。

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲(2018年製作の映画)

-

笑ったことは笑ったけど大笑いはしなかったのでローワンやっぱり年のせいかなと思ったり。でもやっぱりローワン・アトキンソンのダンスは最高

学校の怪談4(1999年製作の映画)

-

今までとは全く違って、最初から怖いし今まで以上にいい話だし子供受けは悪いかもしれないけど完成度は高い。霊界ファンタジーみたいなの結構好きなの。笑福亭松之助演技良すぎ。

空飛ぶゆうれい船(1969年製作の映画)

-

よく分からなかったけど、原作が石森章太郎ってことでそれっぽかった

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

-

原作(リメイク元)ファンなので。1日とは言え狼よさらばのリメイクを見に行こうという人がそんなに居るとは思えなかったが、平日の割に意外にもお客が入ってた。
最近女性に乱暴するシーンが苦手であまり見たくな
>>続きを読む

学校の怪談(1995年製作の映画)

-

大人が見ても全然怖くないんだけどもちろん好き。映画館で観たい

トラック野郎 一番星北へ帰る(1978年製作の映画)

-

シリアス路線で一気に失速。シリーズの終わりが見えてきた。成田三樹夫が良かった。

トラック野郎 故郷特急便(1979年製作の映画)

-

最終作。ギャグも控え目で終わっても仕方ない感じがする

トラック野郎 突撃一番星(1978年製作の映画)

-

図らずも樹木希林追悼も兼ねて。マンネリ打破のためか今までとは少し違ってでも相変わらず面白かった。

トラック野郎 望郷一番星(1976年製作の映画)

-

盆踊りが全然リズムに合わせてなくて手拍子のタイミングが毎回違うのが気になる

トラック野郎 度胸一番星(1977年製作の映画)

-

トラックでパトカーに突っ込んでも公務執行妨害で済むのか

一心太助 男一匹道中記(1963年製作の映画)

-

ズーズー弁だったお仲がちゃきちゃきの江戸っ子にキャラが変わった。前回の時点で結構変わってたけど

ブラック・ドッグ(1998年製作の映画)

-

面白くないけど昔テレビで深夜に放送してそうな映画感は好き

家光と彦左と一心太助(1961年製作の映画)

-

錦之助の二役が4作目でやっと生きる。瓜二つなことに今まで気づかなかったのかよ。昔の映画で続編で配役が変わっていることはよくあるけれど、配役の変わった妻を他人と見違えるメタ表現がこの時代に。

戦後最大の賭場(1969年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

題名詐欺!安部徹が高倉健にお前はまだ若くて貫禄がないというシーンがあるのだけど、どこがだよと言いたくなるほど高倉健が貫禄ありまくりで怖い。

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

-

飽きてしまっているせいかまったく怖くないし退屈だったけどジェームズ・ワン関連なので見限れないでいる。とこんなレビューを書いておきながら自分の部屋のドアが風で動いてドキッとしちゃった😅

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

-

面白かった。あとから予告を見たら、予告を先に見なかったのは本当に良かったと思った。

森の石松鬼より恐い(1960年製作の映画)

-

おんもしろかった!錦之助格好いい!また次郎長三国志やその他見たくなった。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

全然怖くなかった。怖さ的にも内容もなんとなく学校の怪談っぽさがあったので、そういう子供向け映画なのかなと思ったらR-15指定だって。確かに子供にふさわしくないところがあったけど蛇足じゃないかな、長いし>>続きを読む

>|