六四二さんの映画レビュー・感想・評価

六四二

六四二

映画(960)
ドラマ(67)
アニメ(0)

このハンバーガー、ピクルス忘れてる。(2023年製作の映画)

3.8

違う惑星の… がすごい面白かったので
これも…
こちらは余白が全くなく、超濃密の珍会話劇を、ずーっとやっている。すごいですわー

梟ーフクロウー(2022年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

どうも後味が悪い
医術者の誇りと志しを曲げた行動でよしとするお話を好きにはなれない。エンタメ作品なればこそ
もうちょっと考えて欲しい。
ヒポクラテスの誓いに背くどころか…
である。

テルマ&ルイーズ 4K(1991年製作の映画)

4.0

事態が悪い方に加速度がついて転がり落ちていくジェットコースター的面白さがある。破れかぶれになった特にテルマの大胆行動にあんぐりしてしまう。
リドリースコットがこんな映画を作ったことも映画賞を受賞したこ
>>続きを読む

ゴースト・トロピック(2019年製作の映画)

4.0

バスドゥボスの映画は漢方薬のようで、いろいろ主張しないのが好きならば気に入るかもしれない。
ベルギーのアラブ系年配女性にフォーカスする。あまり目に止まることのない存在、作家のモチーフ選びの一つの型かも
>>続きを読む

Here(2023年製作の映画)

3.6

南紀に熊楠記念館という自然に囲まれた施設があり、生きた粘菌を顕微鏡で覗くことができる。この映画の中でシュシュが仕事で見ている世界を少し味わえるかもしれない。
街のそばの間道の、植物が自生するようなとこ
>>続きを読む

ジェントルマン(2021年製作の映画)

3.5

2時間でよくまとめたと感心する。
シリーズドラマを見終えたような満足感がある。
ただ、ミスリードのための撮影シーケンスと、実は… という種明かしで映すものが明らかに違う。
現在と過去の行ったり来たりも
>>続きを読む

身代わり忠臣蔵(2024年製作の映画)

3.2

タイトルから”忠臣蔵”は外せないだろうが、この映画では”忠臣”よりは家臣への情と、立場を超えたR×3風友情を描いている。悪いイメージを一手に負わされ、カタルシス発動のヒールにされてきたキラがいつもと違>>続きを読む

夜明けのすべて(2024年製作の映画)

4.5

誰の監督作か知って是非見たい。となったが、あの予告だけではそんな気にならない。ザラついた絵を断片的に見たところでこの映画の良さに勘づくのは難しい。その画質は本編ではいい味となっている。16ミリフィルム>>続きを読む

ビヨンド・ユートピア 脱北(2023年製作の映画)

4.0

2008年韓国映画クロッシングで、恐怖で国民を支配し国民を私物化する異常な政体に強い怒りを感じ、創作の態なればこそ描けるのだと感じた。
ドキュメンタリーである本作では、事実の記録として首領様のユートピ
>>続きを読む

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)

4.1

軽やかな脚本と演出と笑いである。
面白かったという以外に言葉を思い付かない。

大ヒット人気作となっていて多くの感想が出ていると思うので脇のことを述べる。
役者については全ての出演者に愛着が湧くけれど
>>続きを読む

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

4.1

ディズニー配給!
ファンタジーランドではあるけれど…
賞とり作品というので拝見したが、その雰囲気ゆえに見ないつもりだった。しかし長尺のこの映画に最後まで惹きつけられっぱなしだった。感動というのとはちょ
>>続きを読む

バービー(2023年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

監督のグレタは愛と誠を見たのかしら。
三池のやつ…
映画は紅白の運動会を見ているような賑やかさで楽しい。男的(女的)なものの展覧会と言ってもいい。どんなものに男フラグを立てているかをみるのは興味深い
>>続きを読む

熱のあとに(2023年製作の映画)

3.6

狂気を宿した主人公に、橋本愛がよくはまっている。病的なまでの執着とはシンドイことだ。
人生を軌道修正しようとして必死で欲望に抗おうとしているのが涙ぐましい。

ストップ・メイキング・センス 4Kレストア(1984年製作の映画)

3.6

トーキングヘッズ
ホーンセクションをシンセに代えて、ソウルをやっていたんだ! と、認識を新たにした。
がらんとしたステージにアコギ一本で立つデビッドアウトバーンがひとり、名曲シリアルキラーをやる。その
>>続きを読む

僕らの世界が交わるまで(2022年製作の映画)

3.3

ちょっとズレてる独善的なKY
この親にしてこの子ありのムスコくん。
作家の身近にこんな親子が居たのではと想像する。悪意さえ感じる設定とエピソードには笑ってしまうが、自分も同類では?と、ドキッとする。
>>続きを読む

「鬼滅の刃」絆の奇跡、そして柱稽古へ(2024年製作の映画)

3.5

あまりコレを知らない者が述べる勝手な感想だ。
ストーリーを俯瞰して見れば、主人公の戦闘の個人的モチベーションに過ぎないある意味脇役だったネズコが、以降の展開のキーパーソンになった。
新局面のお話が楽し
>>続きを読む

ゴールデンカムイ(2024年製作の映画)

3.6

アニメしか見ていないが、ほぼその通りにストーリーが進行する。絶妙な配役と、人物造形の再現に抜かり無く、おそらく原作に忠実にできている。よくできていて面白く見た。テレビドラマ的な味わいは万人に向けた安心>>続きを読む

鶏の墳丘(2021年製作の映画)

4.0

この密度の濃いCGアニメ作品は、息を抜く暇がない。メカニック造形は見覚えのあるものがいくつか出てくるが、表現方法が斬新で驚かされる。描かれるのは戦争のようだ。
人型のものが出てきはするが、我々の世界と
>>続きを読む

吸血鬼(1932年製作の映画)

3.3

吸血鬼といえばクリストファーリーのドラキュラのイメージが強烈なホラーの原体験として刷り込まれている。
それより前の時代に制作されたドライヤーによるバンパイヤものは怖さは控えめながら格調の高さが感じられ
>>続きを読む

違う惑星の変な恋人(2023年製作の映画)

4.1

永遠にダラダラと見ていたくなる映画である。
特に本作では中島歩がたっぷり見られるうえに会話が最高に可笑しい。恋の行方が混戦模様になってからどんどん会話劇が迷走して面白さが加速し、クライマックスのスポー
>>続きを読む

レザボア・ドッグス デジタルリマスター版(1992年製作の映画)

3.8

若いお嬢さんがたくさん見に来てらした。どうしようもないヤクザなおっさん達のゴミのような卑猥なヨタ話を延々聞き続けるのはどんな気分だろう。見たいものが見れたのだろうか。
何かに乗せられているのではないか
>>続きを読む

海街奇譚(2019年製作の映画)

3.5

自分は、つげ好きだからこの手の幻想譚は大好物で、つげ的な絵が随所に見られて満足した。映画の主役は邦題にもある(うら寂れた)海辺の街の、作家の心象風景である。
ストーリーは深掘りしてもあまり意味がない。

あるじ(1925年製作の映画)

3.9

100年も昔にこの映画のような主張を持つ男性がいて、大衆を啓蒙する作品を生み出したことに感動を覚えた。ドライヤーはストレートど真ん中の絶好球を放って下さっている。
女房に心無い態度をとる亭主がやり玉に
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.0

出演の顔ぶれや演出が山田洋次の人情噺を思わせる。西川さんの今までの作品と違う印象を受けるのは、分かりやすいモチーフをストレートに描いているからだと思う。役所さん演じるのは殺人の刑期を終えて刑務所を出た>>続きを読む

彼方のうた(2023年製作の映画)

4.5

杉田氏の作品が見られるのを心待ちにしていた
そのようなファンは多いはずだ
作風は茶の湯の世界に近いのではないかと想像する。もてなす客を思いさりげなくこだわりの趣向を凝らす。シランけど…
見れば期待通り
>>続きを読む

ラ・メゾン 小説家と娼婦(2022年製作の映画)

3.4

露骨に色々映るが、扇情的であったり、即物的な表現のポルノとはまったく違う。ある意味ドライで見易い。
主人公は興味本位で売春をする。小説のネタ探しを目的とするだけでなく、好きでやるという。
身近な人の売
>>続きを読む

裁かるゝジャンヌ(1928年製作の映画)

4.0

敬意を払うべき映画の一本なのは間違いない。
サイレント(素晴らしい劇伴は付く)でありながら驚嘆すべき表現力を持つ。そして考えさせられる。宗教がしばしば人類の厄介者になっているのではないかといこと。そし
>>続きを読む

ガッジョ・ディーロ デジタルリマスター版(1997年製作の映画)

4.0

踊りたくて身体が揺れてくる。
インドのテイストも感じるしアラブのようでも、カチャーシーのようでもあるジプシー音楽。今はロマという。
この流浪の民は土着の人達に嫌われることが多いようで、この映画の中でも
>>続きを読む

ファースト・カウ(2019年製作の映画)

3.5

ライカートは二人の男の配役を彼らの美声で決めたのではないか。クッキーと中国人、ともに穏やかで心地の良い話し方をする。その声のトーンが象徴するように概ね穏やかな映画である。穏やかに流れていく時間の中に見>>続きを読む

PERFECT DAYS(2023年製作の映画)

4.4

ひとりで暮らす初老の男(初老というのがピッタリくる)。早朝、公衆トイレ清掃の仕事に出かけるためにアパートの玄関を出て、習慣のようににっこりと空を仰ぐ。孤独で寡黙であるにしても、この男の心は豊かなのだ。>>続きを読む

ショーイング・アップ(2023年製作の映画)

3.6

舞台となるオレゴンのポートランドがアートの盛んな場所だということを知るのも映画を見る楽しみの一つになる。
芸術家といわれると、私は無条件に一目置いてしまう。しかしこの映画では陶彫家である主人公を、町の
>>続きを読む

王国(あるいはその家について)(2018年製作の映画)

3.3

非常な戸惑いを持って一応は最後まで集中して見た。これは、役者の仕事がどんなものであるか、映画を見る観衆に教えてくれる教材だ。比喩ではなく文字どうりの意味でそうだ。
ちゃんとそれをやる為にちゃんとした繊
>>続きを読む

サンクスギビング(2023年製作の映画)

3.5

コトの発端となる、序章のドタバタがたいへん好きだ。この不謹慎、悪趣味なスプラッタコメディ?を大騒ぎの大喜びでやるスタッフ達、俳優達の姿が目に浮かぶ。

香港の流れ者たち(2021年製作の映画)

3.6

以前はあまり魅力を感じなかった香港が今は行ってみたいと思うようになった。それはいろんな映画で香港を見ることの影響が大きい。高層ビルとネオン煌びやかな繁華街の裏に存在する影、スラム。中国の映画でヤク中の>>続きを読む

Daughter (ドーター)(2023年製作の映画)

3.5

菅野監督の映像と音楽のセンスが際立つ。
全編を見ると少し過ぎるかと感じてしまう。だが、チェロの音色や飛行機雲のショットに引き寄せられたクチだ。
人の死後もその意識は消滅せず集まる場所が存在する。それを
>>続きを読む

ポトフ 美食家と料理人(2023年製作の映画)

3.9

グルメ映画というジャンルがあるのか知らないがおそらく新境地を行っている。まあ、ジャンル映画と呼ぶのは違う気がする。ジャンルに収まるような規格ものではない。
登場する何皿もの目の潰れそうな料理のショット
>>続きを読む

>|