みさんの映画レビュー・感想・評価

み

本もよむ
https://i.bookmeter.com/users/413514

映画(218)
ドラマ(0)

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.2

プーさんパジャマ着てるやん!と思いました
プー氏語録とてもよかったです、予告編であった言葉もすきですけど、「風船で何にもしないけど、持ってるだけでしあわせな気分になれる」というのがいちばん気にいりまし
>>続きを読む

シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~(2012年製作の映画)

2.2

はじめからおわりまで少年漫画的だった
フランス映画のわりにかなりわかりやすいといいますか、ざっくりしてて見やすかったです、いい意味で
細かい部分も勢いでストーリーの大筋にのせている感じがしましたが、そ
>>続きを読む

ライフ・イズ・ビューティフル(1998年製作の映画)

3.7

いい話でしたな、ナチスドイツの迫害という大テーマがありますが、その辺の描き方は同テーマを取り扱う他の作品と比べたらかなりライトなのだと思います
それよりも、この映画ではお父さんの愛嬌があって、機知に富
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

3.7

ドイツ映画けっこうすきなんですよな
いい話です
周りの人に恵まれてるなと思いました、結果的に嫌なやつが全然いない
気のいい友人、同僚、家族の支えを受けて、障がいに負けずにがんばるぞ!という主人公のお話
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.5

ゲーム少年少女たちが夢見た世界ですよな、いかんせん、わたくしは、ゲームわりと好きなのにセンスがない
どうぶつの森とか、ポケモンとか、ヨッシーストーリーをほんわかのんびり楽しんじゃうニンテンドーっ子なの
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.7

映像がとてもとてもきれいだ!

日本でいうとお盆ですよね、日本はみんな白い服着て蓮の花の咲く極楽におって、お盆が来たらきゅうりの馬に乗って現世に帰ってきて、なすの牛であの世にもどるという、うーん、うー
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.0

お母さんの迫力が、おそろしかったなあ
お母さんも警官も、内なる暴力性と少しの正義感とに突き動かされてめちゃくちゃやってるんですけど、最後はお互いを、尊重まではできなくても認め合って…という感じかなとも
>>続きを読む

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

2.7

「ありのままの女」か
海外でも日本でもまだまだ理解が得られなくて、苦しんでるひとたちがたくさんいますよな
元妻が「普通の夫婦、普通の暮らし」とか言ってたけど、普通ってなんなんすかね
元妻のマリーナに対
>>続きを読む

ザ・マジックアワー(2008年製作の映画)

3.7

亀!亀じゃないか!の唐突さとか、レターナイフの舐め方のバリエーションがすごいなとか、稲川素子事務所とかですごい笑っちゃった

おもしろかった
虚構の中で虚構をやっちゃうというのは創作に関わる者にとって
>>続きを読む

ハッピーフライト(2008年製作の映画)

2.7

綾瀬さんのCAとしての成長記的なものかと思っておりましたが、1機の飛行機が離陸する前から着陸するまでにはこんないろんな大変なことがあるんですよ、といういろんな部署の紹介のような感じでしたね
綾瀬さんの
>>続きを読む

THE 有頂天ホテル(2005年製作の映画)

3.4

豪華ですよね
コメディやってる役所さんいいですよね

ホテル、大晦日、パーティー、非日常で豪華な空間にコメディは合いますね
みんな話し方が舞台じみてる気がしたんですけど、わざとですかね?そういう演出か
>>続きを読む

キス&キル(2010年製作の映画)

2.5

出たよ!海外のラブコメでよく見る、出会ってその日に、みたいな奔放な女性!!!

友人隣人みんな殺しにかかってくるのは新鮮、奥さんが普通、普通と言われてたけど普通というよりちょっと変な人なので、そこはか
>>続きを読む

ノルウェイの森(2010年製作の映画)

3.7

村上春樹氏の作品はまだ数作しか読んでないのですが、「ノルウェイの森」、好きですよ
映画もわたくしは好きだと思いました、公開時にひとりで映画館行ったんだよ、たしか
そのときちょうど彼らと同じ歳くらいで、
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

ええと、説明がむずかしい
絶対にコメディでしょ?と思って観ましたが、わたくし、普段ホラーを全く観ませんので、はじめただただ怖くて、顔まっしろになりながら観てたのですけど、でも、なんといいますか、笑って
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

3.9

途中までコメディと思ってたら一気に重くるしくなりましたね
ソン・ガンホさん、ならびに出演者の皆さん、だいたいおじさんなんですけど、その、なんというか、味のある顔…!と思います
途中から現地のドライバー
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.8

みんながみんなやさしくて、めちゃめちゃに泣いてしまいましたね
かなり序盤の、オギーがはじめて学校に行くときに、お父さんに抱きついたところでもう泣きましたので、そのあとはずっと泣いてましたね
父母の愛は
>>続きを読む

立派なこどもの育てかた(2018年製作の映画)

2.2

なーんか、昔、ラットの実験で、生みの親より育ての親に似ちゃうみたいなやつ聞いたことある気がします
こればっかりはね、どうにもならないよね、と思いますけど、物語のテーマとしてはおもしろくてよかったと思い
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

4.1

いやあ、おもしろかった!
パパが終始ダメなやつでよかった
私立探偵ダメなやつ多くないですか
女に弱くてお酒に弱くて、その上頭もちょっとねっていう、なんという愛すべきキャラクター
ライアン・ゴズリングさ
>>続きを読む

この国の空(2015年製作の映画)

2.5

最後!!!?
となりました
けど、十分印象深くはあったし、あれはあれでいいのかもしれないですね

個人的に長谷川さんが好きなのですが、この長谷川さんもよかったですね、おじさんになってからの方がよりいい
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

2.5

オダギリさんが、ずば抜けすぎて浮いちゃってるんですよ、そんなきがします
臼田さんはライフでコントやってる時がいちばんかわいいよ!ちょっとナレーションがスティック読みじゃないかい?
あと、歌唱シーンはあ
>>続きを読む

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

2.5

ぼんやり観ちゃったから、途中であれ?これ誰だっけ?となってしまって、これはわたくしの悪い癖
エル・ファニングさんよかったです、美少年、短髪も似合う
機会があったら見返すかな?どうかな?
なんとなくオー
>>続きを読む

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

3.5

白岩さんの、テレビも家具もろくにないワンルームの狭い部屋で、背中を丸めながらから揚げ弁当を食べるところで泣きそうになってしまった
独りで生きていく、生きていかなければならないのだという事実を受け入れな
>>続きを読む

危険な関係(2012年製作の映画)

2.1

中華美人はこわくなるくらい美人ですよな
モーさんも、フェンユーさんもタイプの違う美人でよかったです
美人×チャイナドレス、よすぎ

イーファンの振る舞いはちょっと古くさいなと思いましたが、むかーしから
>>続きを読む

地獄でなぜ悪い(2013年製作の映画)

2.5

まえに一度観てたんですけど、みんながおもしいおもしろいと言うのでもっかい観ました
だからあれほど腕や首がとぶものはだめだと申していたでしょう!なんで観ちゃったんだ……
一回めの感想がふみちゃんのお別れ
>>続きを読む

イヴ・サンローラン(2014年製作の映画)

2.3

リップを1本だけもっているよ!イヴさん、こんな人とは全然知りませんでした

若き天才の話、うーん、なんでしょう?
と、観終わった後考えてみましたけど、天才で、金持ちのスポンサー兼恋人がいる、才能と運と
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

4.4

おもしろかったなあ!これはクラシック
古典のよさ、みたいなのあります

21世紀なのにおばけレーダーがアナログだな、あの頃(シリーズの最初)から技術は進化してないのか?と思いながら観てましたけど、途中
>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

3.0

フランス映画はちょっと敷居が高い感じですけど、観てみました
敷居が、高いぞ〜と思っていたので、単調さとかも、ああ、なるほど、おフランスね、と思いながら観た

しかし、エマの青い髪と気だるげな雰囲気、射
>>続きを読む

プリンセス トヨトミ(2011年製作の映画)

2.7

途中までおもしろかったけど、なんと、この大阪は…!までがピークでそのあとはそう盛り上がらなかったのが、ちょっと残念でした
読んだけど忘れちったのですが、けっこうボリュームのある原作だった気がします
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

4.0

子どもって、ハッとすることを言うなあと思って、「パパよりも?」とか、「なんで?なんででもって言うのがなんで?」とか、「ごめんなさい」とか、是枝監督×子どもって、もう、ほんとに、感服です
最後の15分く
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

4.0

ひりひりしてましたね
今もそうだけど、90年代もなかなか変な時代ですよな
ほとんど意識なかったけど、90年代初頭

高校生なんてミニチュアの大人みたいなものですから、でもひまな分、ひまって言ったらあれ
>>続きを読む

氷の接吻(1999年製作の映画)

1.2

これもユアン・若い・マクレガーさんでしたね
話はちょっとむずかしかったですけど、
「ダディー メリークリスマァース」と女の人が叫ぶところはちょっと友近さんに見えて笑っちゃった
ぜんぜん笑うとこじゃない
>>続きを読む

彼が二度愛したS(2008年製作の映画)

3.5

えっ、ヒュー・ジャックマンさんもユアン・マクレガーさんも若い…!かっこいい!今もかっこいいけど、やはり若い頃からかっこいいですね、ミシェル・ウィリアムズさんも若くて、濃いめのメイクがすてきでした

>>続きを読む

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)

1.9

来週「リバーズ・エッジ」観に行こうかなあと思って観てみました

派手でした、公開当初から蜷川実花さんの世界観みたいなのを売りにしてたと思うので、そこは伝わってよかったと思います
反抗期終わったあとの普
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

4.8

同じ母と同じ父の間に生まれて、材料は一緒なのに、どうして似てるところと似てないところがあるのか
分身でもあり、いちばん近い他人でもある、憧れとコンプレックスと憎悪を同時に抱きつつ、それでもずっと一緒に
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.5

すみません、これは
とてもおもしろい話と思います
でも、途中ぼんやりしちった

海外の文学あまり読まないから、展開とか知りませんでしたけど、海外の文学読んでるときみたいに、あれ?この人誰だっけ?何だっ
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.3

メアリー役の子役の子がとても上手でかわいくて、泣かされましたな
普通に生活をして、自分のできなかったことを経験してほしいという姉の意志を継いだおじさんの気持ちも、世の中の役に立てる才能を活かさないわけ
>>続きを読む

>|