ヨラさんの映画レビュー・感想・評価

ヨラ

ヨラ

備忘録

映画(414)
ドラマ(0)

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.7

男の子(だけ)の話と思ったら群像劇的で良かったしちょっと泣いちゃった

鈴木家の嘘(2018年製作の映画)

3.5

おしいとこはいっぱいあるんだけど、それにも増していいとこが多かったです

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.1

隣の席のひとも後ろの席のひとも泣いてた(わたしは泣いてない)

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.4

くだらなくてなかなかよかったかなと。難点は辻褄があわないことと、つめこみすぎ

へレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.7

オチが好きくないけど、じわじわ心がむしばまれるような不穏な空気がずーっと流れててたまらない😂

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.7

平手友梨奈映画としてすごくよいというか、何度か爆笑した

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

3.0

前半はまあまあ(というテンション)


「アッシャー家の崩壊」よろしく、息を吹き返して生き埋めになるのをふせぐためのベル付きの棺があるっていうのはへえって思った
ぐぐったら「安全な棺」というのだね

リーン・オン・ピート(原題)(2017年製作の映画)

3.5

馬もの(って言いかたアレ)ってあんまし好きじゃないんだけど、これはよかった!

おかえり、ブルゴーニュへ(2017年製作の映画)

3.3

なんてことないんだけど、かわいい作品じゃん。クラピッシュっていつもこんなかんじだったよね?

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.5

インスタとか生配信のイイネ数が少ないのほじくるのやめてあげて!っていうのはさておき、ちゃーんとおもしろかったです

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

おもしろかった!満足です

前半のバグが後半回収されていく気持ち良さ

あと関係ないけど、困り顔がかわいい男というのがいるなと思った(かわいい)

かぶりつき人生(1968年製作の映画)

3.7

ずっと見たかった神代辰巳のデビュー作。ねちねちとしてかっこよかった

モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~(2017年製作の映画)

-

ディテールはいいんだけど、主人公の男がこどもすぎていらいらして、オチも気持ち悪すぎて笑っちゃった

ライ麦畑で出会ったら(2015年製作の映画)

3.7

「男ってほんとうぶよね」ってセリフにつきるし、スウィートすぎだなとも思うんだけど、文系ナード青春ものは好物なので…

顔たち、ところどころ(2017年製作の映画)

3.1

まあべつにってかんじで見てたけど、オチわろた

あと、ヴァルダの家のインテリアが想像どおりの乙女おしゃれで感心してしまった

ガンジスに還る(2016年製作の映画)

3.5

よい映画だと思います

あと、インドの色彩感覚ってほんと見ててあきない

ザ・ラスト・スーツ(英題)(2017年製作の映画)

3.0

ナチスものにユーモアいれるとこは悪くない

難点はそんなにおもしろくないことかな

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

3.5

リメイクする意味はおいといて、なんだかんだイーライロスぽさもあるし、おもしろくて満足です。

HOSTILE ホスティル(2017年製作の映画)

3.1

物足りなさはあるけど、低予算でがんばってると思います

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

2.5

まったくはまんなかった。。。


ひさびさに見たシェールの顔がすごかったです

>|