Yoshiemさんの映画レビュー・感想・評価

Yoshiem

Yoshiem

映画(418)
ドラマ(0)
アニメ(0)
  • 418Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ヒットマン ザ・プロフェッショナル(2021年製作の映画)

3.0

ハードボイルドアクション週間WOWOWで鑑賞。殺し屋ジョーイは根は純粋なのかな?ミアが怯まないのは警官だったから?最後はジョーイを逃がすのも本当はダメだけど良かった。母息子が安住できますように。ガンア>>続きを読む

サバイバル・シティ(2021年製作の映画)

2.5

ブルース・ウィリス作品ということでWOWOWで鑑賞。ブルース・ウィリスしゅえんというより、これはエリック役のチャド・マイケル・マーレイ作品でしょう。そして、邦題が何故「シティ」となる?
フランクの部下
>>続きを読む

コマンドー 怒りの逆襲(2022年製作の映画)

2.5

アクションものが好きなためWOWOWで鑑賞。ストーリーは単純明快で観やすいが、胸熱になるモノはなし。ただ、家族全員は助かったのに、遊びに来て巻き添えをくらって亡くなってしまった友達たちが可愛そうすぎる>>続きを読む

ホイットニー:本当の自分でいさせて(2017年製作の映画)

2.5

WOWOWライブで鑑賞。もちろん「Always Love You」は知っているが、どういう人物だったかはよく知らない。トップスターになった本人、環境、取り巻く人々、夫、全てが彼女を壊した。誰にも頼れず>>続きを読む

2:22(原題)(2017年製作の映画)

2.5

WOWOWの寸評を見て鑑賞。タイトルの意味は冒頭ですぐに分かって、飛行機ニアミス回避までスピード感あって、これは面白い?と思ったのも束の間、後半は前世とか30光年とかタイムループとは違ったSFモノ。理>>続きを読む

ベイブ(1995年製作の映画)

3.5

昔に観ていたが内容を覚えていないためBSプレミアムで再鑑賞。動物同士は通じ合えるのがいい。ホゲット爺さんは寡黙だけど心温かい。歌とタップダンスは驚いたけど。動物にも心がある、ちゃんと接すれば通じ合える>>続きを読む

8 1/2(1963年製作の映画)

2.5

今は無きCS Cinefil IMAGICAでHDDに録画していたものを再鑑賞。フェリーニ巨匠とマルチェロ・マストロヤンニ主演という最高傑作と謳われる本作はやはり難解。幻覚と現実の境が分かりにくい。そ>>続きを読む

モスル~ある SWAT 部隊の戦い~(2019年製作の映画)

2.5

実話に基づく作品、WOWOWで鑑賞。任務のためとは言え、ひたすら戦う、殺し合う。戦争がなければ家族に会うという任務も生まれなかったはず。何を持って正義というのか?何故戦わなければならないのか?彼らを勇>>続きを読む

メインストリーム(2021年製作の映画)

2.0

WOWOW W座からの招待状で鑑賞。正直、わからなかったし面白くもなかった。SNSは使い方次第、ちゃんと考えて節度を持って使うべきもの。そうすればイザベルみたいなことは起こらないはずなのに、使う者が愚>>続きを読む

Summer of 85(2020年製作の映画)

3.5

WOWOWで鑑賞。フランスの景色と青年たちがマッチして美しい。16歳と18歳、純粋な二人だったんだろうな。
最後、お墓でのアレックス、ロッド・スチュワートの「Sailing」を聞き踊る姿は、苦しい想い
>>続きを読む

2バッドコップス(2021年製作の映画)

3.0

WOWOWで鑑賞。難しくないし、ストレートに殺しちゃうし、軽い気持ちで観れた。アイスランドではジェンダーは当たり前なんだろうな。終盤、ブッシが「お前を愛してる!」と叫んで銃を乱射したりキスしたり軽いノ>>続きを読む

神様はバリにいる(2014年製作の映画)

1.0

出演者に惹かれてWOWOWで鑑賞。堤真一、玉木宏、尾野真千子など出演者はいいんだけど、あまりにも大げさな芝居と変顔とチープっぽい設定で見続けるのがつらく20分で脱落。最後まで観れれば違ったのかもしれな>>続きを読む

ザ・ボディガード パーフェクト・エージェント(2020年製作の映画)

3.0

タイトルに惹かれてWOWOWで鑑賞。ソーニャは自殺?単なる転落事故では?ネイムが哀愁漂ってていい。サーシャが簡単に対象者と寝てしまってプロじゃない。
車で走る街並みはモスクワ?すごく美しく綺麗で、今の
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.5

楽しく観れるモノをと思いムービープラスで鑑賞。
こういうタイプのは何度観てもいい。発想も内容も展開も起承転結がちゃんとなっていてダレる部分全くない。伏線がはってあって、ちゃんと回収されているし、クスッ
>>続きを読む

弁護士ジョリー2~真実を白日のもとに(2017年製作の映画)

2.5

インド映画ということでムービープラスで鑑賞。
今まで観てきたインド映画の中でも弁護士法廷ものは初めて。前半はいい加減な男ジョリー、後半は法廷シーン。カシミールの警察は何でもありとか怖い。ジョリーは真実
>>続きを読む

ワン・モア・ライフ!(2019年製作の映画)

2.0

WOWOWで鑑賞。発想が面白いが俳優のタイプが好みではなかった。ラストはドンデン返しでGood。

いとみち(2020年製作の映画)

2.0

出演者に惹かれてWOWOWで鑑賞。津軽弁が分からず、何を喋ってんだか分からなかったため面白さ半減。メイド喫茶にしたのに何か特別な意味があるんだろうか?父親が最後に娘の職場(メイド喫茶)に来たのは良かっ>>続きを読む

ダルバール 復讐人(2020年製作の映画)

3.5

インド映画は割と好きなためWOWOWで鑑賞。インド映画は勧善懲悪がはっきりしてる気がする。悪はとことん悪者悪行。インド映画はいきなりの踊りと歌、アクションに関しては野暮なこと言うもんじゃない。ボリウッ>>続きを読む

クリスマス・ ウォーズ(2020年製作の映画)

2.5

メル・ギブソン作品ということでWOWOWで鑑賞。
メル・ギブソンも不死身だわ。殺し屋に罪のない人、何人銃殺された?郵便局員が痛ましい。Little shit ビリーは自分のしたことの重大さを認識してち
>>続きを読む

パーフェクト・ケア(2020年製作の映画)

1.0

W座からの招待状 WOWOWで鑑賞。言葉汚いけど、マジ胸クソ悪い!前半テンポよく最後はスカッとするもんだと思ってたら後半はサスペンス一色。後見人ビジネスとかあり得ん!歳とって身体に不自由するようになっ>>続きを読む

白い牛のバラッド(2020年製作の映画)

2.5

WOWOWで鑑賞。宗教や文化を知らないとわからないことがある、白い牛。あってはならない冤罪で苦しむ人々。誤った判決をしたことによる"報い"は酷なもの。判決に同意した他の判事にも"報い"はあったのだろう>>続きを読む

帰郷(2004年製作の映画)

3.5

公開当時に鑑賞、しかもDVD持ってるのに、「デュオ」に続きWOWOWで鑑賞。こういう感じの西島秀俊氏、好き。千春ちゃんとは子供と大人という関係ではなく対等な人間としての姿がいい。海岸での肩車から♪クラ>>続きを読む

2/デュオ(1997年製作の映画)

3.0

公開当時に鑑賞、しかもDVD持ってるのにWOWOWで鑑賞。昔の西島秀俊氏はクズ野郎、無気力、怠惰な役が多くそれがまたよく合っていた。諏訪監督の手法で長回し撮影やインタビュー(ドキュメンタリー風)が入り>>続きを読む

ブータン 山の教室(2019年製作の映画)

3.0

タイトルを知っていたためWOWOWで鑑賞。
派手さはないけど、未知の地を知る一本。8日かけて辿り着くルナナ村。途中は標高5000を超え人口0人の地も。僻地の学校では先生は「未来に触れられる」として崇め
>>続きを読む

キャッシュトラック(2021年製作の映画)

3.0

ガイ・リッチー監督作品ということでWOWOWで鑑賞。銃で躊躇なく殺す。警備会社の人も全員殺されちゃう、誰か殺されない人いてもいいのに。Hは不死身。結局は息子の復讐だけど、Hも元は同じようなダークな世界>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.0

以前にも観たけどうる覚えのためWOWOWで再鑑賞。
5年同棲の間に何かしら「おかしい」と感じたことはなかったんだろうか?高橋一生はミステリアスな何考えてんだから分からない役が上手い。
ゆかり(長澤まさ
>>続きを読む

ディープ・ブルー(1999年製作の映画)

2.5

内容を全く覚えていないのでWOWOWで再鑑賞。自然のモノに手を加えるのは人間、そしてその因縁を受けるのも人間、愚か。進化のための研究で何人もの命が簡単に飲み込まれた。コックは純粋だったから助かって良か>>続きを読む

マスカレード・ナイト(2021年製作の映画)

2.5

前作マスカレードホテルを鑑賞していたので本作もWOWOWで鑑賞。なんかいろいろ複雑なストーリーにして混乱させているよう。犯人の殺人の動機も理解できなかったし、脅迫した二人の関係も曖昧。まぁ、犯人はまさ>>続きを読む

バイオレンス・ナイト/ペイント・イット・ブラック(2021年製作の映画)

2.5

WOWOWで鑑賞。ART+LIFEにGANGも加えれば良かったのでは?結局は美術商とジョンが組んでたということ?分かりにくい。サソリに噛まれたサラは死んだと思いきや生き返るし、サラとビリーを助け出した>>続きを読む

ピクシー 復讐と逃亡(2020年製作の映画)

2.5

WOWOWで鑑賞。それぞれの関係性がよく分からなかった。教会にドラッグとお金があることをピクシーはどうして知っていたんだろう?神父とピクシーの父親は仇同士?簡単に銃ぶっ放すし、それにピクシーは動じない>>続きを読む

ドライビング Miss デイジー(1989年製作の映画)

3.5

内容を忘れてしまっていたためWOWOWで再鑑賞。
30年以上前の作品とは思えないほど違和感がない。時代の差別感をさらっと感じさせ、人との結びつきのほうが強い。デイジーとホークも単なる主従関係じゃなくて
>>続きを読む

テーラー 人生の仕立て屋(2020年製作の映画)

2.5

多数の受賞作品のためWOWOWで鑑賞。派手さも高揚もないが、最後まで観てしまう作品だった。息子ニコスは父親に厳格に育てられたのか、感情の起伏が少なくかなりの変わり者。テーラーも時代の流れ。昔は父のYシ>>続きを読む

復讐者たち(2020年製作の映画)

3.0

WOWOWで鑑賞。
実話を基にした作品ではあるからこそ、過去の戦争、虐殺から目を逸らしてはいけない。ただ、復讐からは真の幸福、喜びは得られない。正義は人それぞれ、国それぞれ、時代それぞれ違ってくる。自
>>続きを読む

父はフロリダを夢見て(2015年製作の映画)

3.0

以前フロリダに住んでいたことがあるというだけでタイトルに惹かれてWOWOWで鑑賞。
最初は意地悪な頑固ジジィだと思っていたけど認知症が進んでいく。歳を取ると人の助けを借りないと生活がしづらくなる。認知
>>続きを読む

コレクティブ 国家の嘘(2019年製作の映画)

3.5

WOWOWで鑑賞。このライブハウスでの火災は知っていたが、ルーマニアの医療事情は全く知らなかった。一つの不備を明らかにすると、次から次へと不正が炙り出される。正しいものへの圧力、隠蔽、どこの国でもどの>>続きを読む

MINAMATAーミナマター(2020年製作の映画)

3.5

「目を逸らしてはいけない」というコピーでWOWOWで鑑賞。ユージン・スミスは知ってたが、ジョニー・デップが演じていたとは知らなかった。
このような史実に基づく映画は記録として残されていくべきものだと思
>>続きを読む

>|