kenさんの映画レビュー・感想・評価

ken

ken

猟奇的な彼女 in NY(2008年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

本家を観ちゃってるからどうしても比べちゃうが、リメイクだから内容的にはある程度なぞってるからしょうがないが、ハリウッドに行ったにしてはだいぶコンパクトに纏まっちゃいましたな。でもやっぱりあの運命的なオ>>続きを読む

ガール・イン・ザ・ベースメント(2021年製作の映画)

1.9

このレビューはネタバレを含みます

観たなら「ザ・ルーム」は思い出すだろうな。実際はもっと色んな事が起こったんやろうけど、事件そのものを観やすくコンパクトに纏めた感じ。だから監禁なんて金も掛かるし面倒臭えからやめとけって言ってんじゃん。>>続きを読む

アルティメット・ジャスティス(2016年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

指揮官の怒りは分からないでもないが、ダメでしょ、皆んな殺すのは。殺されたチームのメンバーと奥さんは気の毒でしたね。ちっさいのに1人だけアクションヤバい奴がいたけど、残念ながら生き残らなかったね。(20>>続きを読む

ロスト・ソウルズ(2000年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

2009年2月21日(VHS)以来2回目の鑑賞。全く憶えてなかったが、過去に悪魔祓いで救われた女性が悪魔憑きを予告宣告された男性を救おうとする話だったが、たまたま手っ取り早く当たりを見つけちゃったけど>>続きを読む

サマーフィーリング(2016年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

突然亡くなった姉の恋人とその姉の妹との交流を通じて、男の方は移り住んだ街で新たな恋人を見つけて、妹の方は住み慣れた街で離婚を決意してのお互いの再出発がゆったりとした雰囲気で描かれていた。どちらの街も比>>続きを読む

ルパン三世 イタリアン・ゲーム(2015年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

時代が新しいからか絵風も今どきになったし、ここ最近古いの観てたから声優陣が変わったのも顕著に感じた。内容的にもMI-6の特殊能力を持ったニクスとの対決はあったものの、全体的にアクションは控えめで謎解き>>続きを読む

オープン・ウォーター(2004年製作の映画)

2.1

このレビューはネタバレを含みます

公開当時はかなり話題になった記憶があったが、あの夫婦の仕事の忙しさしか描かれてないし2人の間のバックボーンが分からないから、ラストは視聴者に委ねてモヤモヤで終わるんやね。バクバク喰うサメ映画じゃないか>>続きを読む

トップマン 怒りのアメリカン(2017年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

ウザいほど彼の売りであるヘビー級の肉体ながら身軽なアクションとアシスタント2人の見せ場もありつつもTVドラマシリーズの1話感があった。ランペイジとロレンツォ・ラマスは久しぶりに見たな。(2022-34>>続きを読む

DAGON(2001年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

のっけからネタばれ明らかな異妖な者にジェットコースターのように襲われ続けるストーリーは良かったのに、撮り方のイマイチさともやし眼鏡のギリギリで危機回避する癖にあのドジさ加減が腹立つ。ラストの皆んなと一>>続きを読む

ザ・セル(2000年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

2009年5月7日(VHS)以来2回目の鑑賞。ほとんど憶えてなかったが、改めて観ると色んな動物や虫も駆使してMVで使えそうな殺人鬼の独特の精神世界の映像美や腸の巻き取りとかのサイコパスがやりそうな行為>>続きを読む

ルパン三世 ハリマオの財宝を追え!!(1995年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

2018年12月31日(GYAO)以来2回目の鑑賞。とっつぁんもおとなしかったし、ルパンもダイアナと敵さんに振り回されたり、肉体的にやられた印象が強い。(2022-337-9-31)

ルパン三世 ロシアより愛をこめて(1992年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ロマノフ王朝時代の子孫の因縁の対決と500tの金塊を巡っての奪い奪われてのシベリアの寒さと同じくとっつぁんもいつものキレ無く、アクションも控え目でしたな。ラスプートンの能力もルパンには効かず呆気なかっ>>続きを読む

ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え(1991年製作の映画)

2.1

このレビューはネタバレを含みます

冒頭のざっくばらんなG7や任侠映画にかぶれた五右衛門、銭形の18万という安月給や色恋とちょこちょこ笑える要素を組み込んで、手に入れれば世界情勢がひっくり返る程のルパン帝国の財宝の在り処が記されたナポレ>>続きを読む

聖女/Mad Sister(2018年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

ジェットコースターのように妹ちゃんが次から次へと売られていく後をお姉ちゃんが復讐しながら追いかけて行くと同時に妹ちゃんの悲しい過去が浮き彫りになっていく。勝手に爽快アクションを期待して観たら悲しくも難>>続きを読む

ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発!(1989年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

時代が時代だけにいつもと比べるとかなりおとなしめ。お宝探しも次元からの発案だったし、五右衛門の色恋や子供まで巻き込んでの二転三転の対峙するカルト教団の内部抗争からの世界の危機回避とかなり詰め込んだ感は>>続きを読む

ラストベガス(2013年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

老いという悲しい現実がある中で仲間の結婚を祝うってのもあったけど、58年も続く友情に乾杯やね。歳取っても外人て本当にパーティー好っきゃな。(2022-332-9-26)

ティーンスピリット(2018年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

歌のオーディションの予選から決勝までを描きながら、若さゆえの躍動力、誘惑や挫折を織り交ぜながら時間的にも軽いテイストで観やすかった。久しぶりに青春の眩しいの観たな。(2022-331-9-25)

ワンダー・ガール: サムライ・アポカリプス(2015年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

悪霊に取り憑かれた日本の一族のいざこざにフィリピンの警察が巻き込まれた話やったが、乗っ取った人間を次々に変える厄介な悪霊ザハグールの倒し方も必殺の刀なのか、石の書の呪文なのか中途半端だし、悪霊もヤベェ>>続きを読む

フランキー&アリス(2010年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

人種差別がちょっとあった時代に多重人格障害のあった女性が運良く出会った熱心な精神科医の先生との向き合いが描かれていたが、劇中でのライトの光と心地よい音楽で不覚にも眠ってしまった。実際はもっと大変だった>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

相変わらずデンゼルの無双ぶりを堪能でき前半はタクシードライバーやりながら周りの人助け、後半は昔の仕事の仲間との対決だったが、巻き込まれた友人のマイルズを悪の巣窟から救出した後の会話はそのままラップにで>>続きを読む

緋色の街/スカーレット・ストリート(1945年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

クリスの中では良い夢見れそうだったのに残念ながら悪夢になっちゃいましたね。結果的に死んじゃったけど、あの2人が一番良い思いしたんかな。(2022-327-9-21)

反撥(1964年製作の映画)

2.1

このレビューはネタバレを含みます

彼女の精神崩壊や嫌悪する様は明らかに分かり易いのに、白黒というのもあってネタバラしや回収が無いから所々の描写が分かり辛かった。お姉ちゃん、旅行行ってる場合じゃなかったな。(2022-326-9-20)

陰謀のセオリー(1997年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

1998年9月5日(VHS)以来2回目の鑑賞。全く憶えてなかったから嘘から出た誠が明るみになり追われ出した前半部分は面白かったが、真相が明るみになって反撃に転じた後半から失速した気がする。アリスへの執>>続きを読む

いつかギラギラする日(1992年製作の映画)

1.3

このレビューはネタバレを含みます

1993年8月17日(VHS)以来2回目の鑑賞。今観ちゃうとストーリーはVシネの走りみたいな感じだったが、今は亡き豪華大御所陣でキャストを固め、あそこまで車を潰すカーアクションだけは西部警察並みでした>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

個人的には世代でもないし、中途半端な知識しか無かったが、もっと酷いものを勝手に想像しちゃってたからか楽しめた。逆にポケモンの知識全く無い方がもっと楽しめたのかも。キャストが意外と豪華やったんやね。この>>続きを読む

母なる証明(2009年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

溺愛のあまりちょっと知的障害のある息子の無実の証明をしようと奔走したら、結果的に息子が犯した事故的な殺人が明白になると共に目撃者を始末しちゃったのね。しかも息子も母の殺人の証拠を見つけちゃうのね。ある>>続きを読む

キーパー ある兵士の奇跡(2018年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

キーパーとしての才能はズバ抜けているのに、イギリスにとって敵国であるドイツ人ということで批判されるも、認められたパターン。マーガレット一家との出会いは運命やったんだろうけど、長男を亡くしその後離婚する>>続きを読む

NYPD15分署(1999年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

2008年9月28日(VHS)以来2回目の鑑賞。いくら密入国しても中国人はアメリカじゃあ、こうなりますよと、とどめにラストでチョウ・ユンファを死なせて見せしめた感じに写ってしまった。かろうじて二丁拳銃>>続きを読む

家へ帰ろう(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

比較的短時間でホロコーストの残虐さや道中で彼に親身になった人の人の良さ、疎遠になってしまった友人との友情までしっかりと描かれていた。あんな経験したらあの意固地さも納得。個人的にはあまりハッピーエンドは>>続きを読む

アウトランダー(2008年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

不時着したノルウェーでバイキング達と共に自分が連れてきておいて「モアウェン狩りじゃあ!」と息巻く人型宇宙人が最終的にちゃっかり王位継承しちゃう話。モアウェンの生命力と食欲が半端ない。殺したというより倒>>続きを読む

ブラック・タイガー(2017年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

個性豊かな登場キャラとマフィア親子の髭、小賢しい笑いとアクションやスタントの合わせ技、殺し屋タイガーの意外な正体に「ハルク」や「トランスフォーマー」のハリウッド大作イジリを挟みつつ、詰め込み過ぎ感は否>>続きを読む

女ガンマン・皆殺しのメロディ(1971年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

初めて本格的な古臭い西部劇を観たんじゃないかな。分かりやすい復讐劇でもあったが、スローモーションとか使うんだね。時代なんだろうけどBGMが大袈裟なくらい壮大で微かな記憶が残ってたのか、ふと「大草原の小>>続きを読む

ヘルプレス・ガール 少女誘拐(2017年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

誘拐しては逃げられ、捕まえては逃げられで、どんな鬼ごっこだよ!これに出てくる男どもは皆役に立たねえし。特にウェイドは!お前は絶対に誘拐犯に向いてねえ!結局、今までの誘拐の真相も分からずじまいかよ!これ>>続きを読む

かくも長き不在(1960年製作の映画)

2.1

このレビューはネタバレを含みます

「ひまわり」と同じように戦争による悲愛なんだろうけど、テレーズの顔といい、やり方といい、執着といい、ラストの「冬を待ちましょう」というセリフといい、旦那の名前を店に付けて20年も待ってるのに、彼氏いる>>続きを読む

アフター・ザ・レイプ -判決の行方-(2020年製作の映画)

1.8

このレビューはネタバレを含みます

難しい題材でありながらTVドラマの作りとはいえ、相変わらず裁判のエグさと被害者のお母ちゃんの人の悪さはよく描かれていた。娘ちゃん、左利きやったね。日本でも勇気を出してこういった事件が明るみになって来て>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

鬱憤が溜まっていたかは知らないがベッキーのアクションとキレ芸の動と染谷くんの計画が崩れていく中で数々の修羅場を比較的冷静に対処する静の姿の対称が面白かった。撃ち合いの中で1人だけヘルメット姿の大森さん>>続きを読む

>|