伏見ヨシオさん

伏見ヨシオさん

こねこ(1996年製作の映画)

4.0

猫のオヤジ、相当変態そうな顔してるぞ。

ギューっとホギュホギュしたいょ

ポチの告白(2006年製作の映画)

4.0

ソープランドで牛丼を食った事実も権力によって隠蔽される

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.0

俺も観月ありさが好きだ
あと前田亜季と池脇千鶴も

タモリが出演しているのかどうかが見所

フィスト・オブ・レジェンド/怒りの鉄拳(1994年製作の映画)

4.0

途中で日本語喋るの諦めたジェットリー
ビリーチョウは日本軍の格好させておけばなんでもオッケー感ある

北京原人 Who are you?(1997年製作の映画)

5.0

いろいろあったけど日中国交正常化めでたしめでたしウパ

見所は、シベリア〜中国間給油なしパリダカばりの最強ラリーカー

GAME KING 高橋名人VS毛利名人激突!大決戦(1986年製作の映画)

5.0

ついに、来たるべき時がやってきた

大部分が画面二分割のスーパーパワーで繰り広げられる。
「もーり!もーり!」「たーかあし!たーかあし!」という子供たちの声援もバトルをさらに熱くさせる。

ゴッド・ギャンブラー 完結編(1994年製作の映画)

3.0

死ぬ間際に喋りまくる人続出
タイトルからのテーマソングと、最終決戦前のベンツ凱旋パレードカッコ良すぎ

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

5.0

最初のゴリアテへのカチコミが勢いありすぎる。
世の廃墟マニアはこの映画を見て育った。

大英雄(1993年製作の映画)

2.0

怒涛のギャグと大御所俳優
胸を見せてもらえませんかナンパは実用的

ワンス・アポン・ア・タイム/天地大乱(1992年製作の映画)

4.0

竹が強かった時代の中国と、教祖の体頑丈自慢だけで成り立ってる宗教法人

青春群青色の夏(2015年製作の映画)

3.0

夏の終わりの切なさと、みんなが帰っていなくなった部屋の寂しさが押し寄せる

マイ・ガール(1991年製作の映画)

4.0

B1:遺体処理場、1F:棺桶場&マッドおばあさん、2F:寝室の衝撃

夜中キョンシーとか出そう

四月物語(1998年製作の映画)

3.0

こんなピュアな学生生活もゴールデンウィークまで。

西東京学生の団地一人暮らし憧れちゃった

ビッグ・ウェンズデー(1978年製作の映画)

2.0

待ち合わせの約束なしに集まれる肌テカテカ仲間うらやましい。

愛と平成の色男(1989年製作の映画)

2.0

男は結婚したら負け
ドントエクスプレイン
ドントエクスプレイン

横道世之介(2013年製作の映画)

4.0

トレンディなあの頃を皆で懐かしむ話

それにしてはヒロインの髪型にはトレンディさが足りないんじゃないかい?

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

3.0

香港にサモハンあり
アメリカにダスティンホフマンあり
日本に渡辺大知あり

ビビアン・スーの桃色天使(1994年製作の映画)

2.0

愛の証明は、アツアツの電熱ヒーターに10秒手のひらを当て続けること

稲村ジェーン(1990年製作の映画)

2.0

ベトナムへ行く米軍の友達との最後の別れ、日本語英語ごちゃ混ぜで全然悲しくなかった

スターシップ・トゥルーパーズ3(2008年製作の映画)

4.0

男女混ざってスッポンポン精神はパート1から受け継がれてた

イッツアグッドデイトゥスッポンポン

>|