ytakekoさんの映画レビュー・感想・評価

ytakeko

ytakeko

映画(106)
ドラマ(0)

白い帽子の女(2015年製作の映画)

4.4

ブラッドピットを思う、アンジェリーナジョリーの気持ちになって観れば、最高の映画。

ハチ公物語(1987年製作の映画)

4.1

この映画には、何かがある、、それが、名作。。何かを大切にこれからも過ごしていきたいなぁと思えた、作品

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.9

配役選びが、最高だなぁと、思ったら、あの3人は、本当の事件のときの、本人さんたちだったんだぁ。。87歳のイーストウッド、まだまだ、映画を作ってほしい。。そして、また、映画館で、観たい

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

4.0

最近の行定勲監督の作品は、すき。二階堂ふみちゃんのタバコ吸うシーンが印象的。主題歌、マンガなら、小沢健二氏な感じなんだけど。この映画なら、曽我部恵一氏の方が、合いそうな感じが。。裏主題歌、作ってくださ>>続きを読む

二重性活 女子大生の秘密レポート(2016年製作の映画)

4.0

くだらなすぎて、最高//でも、この映画には、芯はあるし、流れる音楽、最高♪♪そして、原題がfucking berlinっていうのも、最高♪♪

ラヂオの時間(1997年製作の映画)

4.0

芝居仕立てで、意外と、この空気感、嫌いじゃない(笑

メッセージ(2016年製作の映画)

3.6

宇宙船のカタチ、よかった。映画が、あんまり響かなかったので、、原作の小説、読んでみたい。

グロリア(1980年製作の映画)

3.6

ジーナローランズ、やっぱり最高。人間味がある。。最初に着てたコートも最高//やっぱりカサヴェテス、全部、映画館で観たい。

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.7

人生は喜劇だ。。と主人公が言ってた。。せつないま//音楽の流れ、さすが、ウディアレン

追憶(2017年製作の映画)

3.7

全員が、いい人でもあり、わるい人でも、あって、うまく、人間を描けてたとこが、すごいなぁ、と思った。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8

オープニングだけでも、観る価値あり。。でも、後半のぐちゃぐちゃがたまらん。

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.4

ドラマで、やったほうが、みやすかったかも。。
人の携帯(笑

愚行録(2017年製作の映画)

3.2

さすが、、妻夫木聡、満島ひかり、怖さ、ヤバさが、ハンパない

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.5

なんか、リアル過ぎると思って、調べてみたら、ほぼ実話なんですね。重い映画です。一番印象的なのは、海で、泳ぎを覚えるシーン、なんか二人とも、このときのこと、これから、思い出すんだろうなぁと思うぐらい、う>>続きを読む

THE NET 網に囚われた男(2016年製作の映画)

4.2

あいかわらず、キム・ギドク監督らしい、強引な映画。。なぜ、強引にするかって、それぐらいじゃないと、現代人の心は、えぐれないから。。大概の人は、なんだ、この映画だと思うだろ。。でも、傷ついて、孤独な人に>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.0

信じるということ、イエスキリスト、三位一体//
三隅、重森、咲江の3人がそれぞれ、3人にハマっていくストーリーが、いい意味での愛を感じる。

是枝監督が、映画「海よりまだ深く」の後の次の映画ということ
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

3.6

いつか、お父さんのことを、聞かしてねって、みんな、それぞれ言うとこが印象的でした。綾瀬はるか、長澤まさみの2人がバッチリでした。。
この映画のあとに、海よりまだ深くが、、作られたのがわかるのが、よかっ
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

3.0

期待してたんだけどなぁ、、入り込めなかった。。最低限の説明を入れて欲しかった。。中身をちゃんと入れて欲しい。これが、いまの時代にはうけるのは、すごくわかる。

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

これは、戦争映画じゃない。

あと、やっぱり、IMAXで、観たかった//

MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間(2015年製作の映画)

3.8

ドンチードルが、監督、脚本、主演。。マイルスのことが、好きすぎて、自分でやっちゃたんだろうなぁ。。うまいこと、ドラマにしてたので、楽しめた。

LOVE【3D】(2015年製作の映画)

4.4

あと、2回は、観たい。。出来れば、映画館で3Dで。。ギャスパーーノエ監督の脳を知りたい(笑。。しかし、あのディスコのシーンが、超洒落ている

天国の口、終りの楽園。(2001年製作の映画)

3.7

ガエル・ガルシア・ベルナルが出てるだけで、点数アップ。メキシコ映画のええ加減と本気加減で点数アップ。

九月の冗談クラブバンド(1982年製作の映画)

2.5

もやもやだらけの、若者、葛藤映画。宇崎竜童の音楽、かっこ良かった。。あと、ラッキー、破滅って、フレーズを繰り返すシーンは、印象に残った。あと、古尾谷正人は、好きだなぁ

砂漠の流れ者(1970年製作の映画)

4.0

サム・ペキンパーの作品の中では、だいぶ変わってる作品。なんか、かわいい作品。とてつもなく、やさしい作品。やっぱり、エンディングに向かうに向けて上がってくるペキンパーしか出来ない感じ、観終わったあと、尾>>続きを読む

>|