YukiIrikuraさんの映画レビュー・感想・評価

YukiIrikura

YukiIrikura

裏窓(1954年製作の映画)

3.7

グレース・ケリーの美しさ✨覗きってなんだか恐ろしい...

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

4.0

全然悪びれないしたたかな女...嫌いじゃないなー。

そして妻夫木聡は情けない男を演じる天才✨本人格好いいのに不思議。男の夢がつまった映画なのかな?なんだか単純で可愛い笑

ラストがちょっぴり切なくて
>>続きを読む

映画に愛をこめて アメリカの夜(1973年製作の映画)

4.5

映画作りが嫌で好きでたまらない...という思いが溢れている映画。

「私には恋より映画なのよ」と呟くスタッフのジョエルが一番印象的。

ボーイズ’ン・ザ・フッド(1991年製作の映画)

4.0

黒人社会独特の強烈な仲間意識が生む悲劇。ムーンライトを観たときも思ったけれど...若い人達の手で黒人社会を内から変えていくことが大事なんだろうな。

世界中で起こっている暴力は報道されるのに、黒人同士
>>続きを読む

巴里のアメリカ人(1951年製作の映画)

3.8

とにかくこの時代の役者さん多才すぎる。ミュージカルシーンがちょっと変わってて面白い。ラ・ラ・ランドのシーンのいくつかはこの映画へのオマージュなのねー。

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

4.0

マフィアのトップって孤独...

身内には優しいけど、それ以外の人には驚くほど冷酷。家族(一族?)という単位を大切にする姿は一昔前の日本みたい。

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.7

過去に悲惨な体験をした主人公が、自分の汚さを自覚しつつもたくましく狡猾に生きていく話。

日本では「この女恐ろしい」風な宣伝をしていたけど、なんか的外れ。闘う女のどこが恐ろしいのか...そもそも襲われ
>>続きを読む

マルタの鷹(1931年製作の映画)

4.3

悪女役のビーブ・ダニエルズという女優さんがいい❤この時代のファッション素敵ー。

波止場(1954年製作の映画)

3.5

若いときのマーロン・ブランドってこんな感じなのかー。音楽が印象的な映画。

我等の生涯の最良の年(1946年製作の映画)

4.0

戦争で壮絶な体験をした元兵士たちの社会復帰の難しさを描くちょっと変わった視点の反戦映画。それでいてほっこりしたラストに仕上げている所はさすが。

マイヤーリング(1957年製作の映画)

3.5

古今東西、こういう悲恋物はたくさんある。オードリー・ヘップバーン演じるマリーがとにかく可愛いけど、皇太子無責任やー。

(1985年製作の映画)

4.0

リア王の翻案ということしか知らずに鑑賞。色々誇張しすぎ感はあるけど、人間の業の深さを描ききった作品だと思う。勝手に自滅していく人々の姿は、後半になるとなんかもう可笑しくなってくる。

ピーター演じる道
>>続きを読む

No se aceptan devoluciones(原題)(2013年製作の映画)

4.5

笑って泣ける大好きなメキシコ産コメディー。この映画でエウヘニオ・デルベスというコメディアンを初めて知った。この人すごい...

もうすぐ公開の『あしたは最高のはじまり』はこのリメイクなのだけど、宣伝で
>>続きを読む

アラビアのロレンス(1962年製作の映画)

4.0

とにかく長い...が砂漠のシーンは圧巻。冒険活劇かと思って見たらもっと深かった。すごく複雑な気持ちになるラスト。

結局人は自分の民族(そんなものがあれば)から逃れることはできないのだろうか...

グリース(1978年製作の映画)

3.7

ジョン・トラボルタかっこよ!皆全く高校生に見えないが...

チャップリンの殺人狂時代(1947年製作の映画)

4.0

チャップリンの中で一番好き!ではないけど色々考えさせられる深い作品。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.2

ガル・ガドットがキュートで格好よい!!最近のヒーローみたいに自分の存在に苦労するとかではなく、愛しか世界を救えない!という超正論で突き進む姿がたくましい。

人間の良い部分だけでなく、エゴをここまで描
>>続きを読む

>|