YukiIrikuraさんの映画レビュー・感想・評価

YukiIrikura

YukiIrikura

無声映画史を勉強中。ホラー以外は何でも見ますが洋画多め。映画館で過ごす時間が幸せ。観たい映画がありすぎて時間が足りない...

映画(728)
ドラマ(0)

西鶴一代女(1952年製作の映画)

4.5

出てくる男たちが(2名を除いて)卑しすぎる。男性監督でここまで男を嫌らしく描くのも珍しい。

この世の無情を全て背負ってるお春。最後まで愛を信じようとする姿に泣ける。

天使のはらわた 赤い教室(1979年製作の映画)

4.0

初めて見た日活ロマンポルノ。

名美と村木が再会する場末のバー(ゴールデン街みたいな雰囲気)とか、後ろにネオンが輝く廃材置場とか、ラストの水溜まりのシーンとか...いちいちスタイリッシュ。鮮やかでどぎ
>>続きを読む

天国と地獄(1963年製作の映画)

4.5

前半は心理劇、中盤はサスペンス、所々ホラー映画みたいな描写。なんか色々詰まったすごい映画。

ファントム(1922年製作の映画)

4.2

映画全体の雰囲気が好き。詩人の夢と現実が絡み合う不思議な物語。

フォーゲルエート城(1921年製作の映画)

3.9

映像が美しい。彼の作品見ると宗教についてなんだか皮肉な視点を持ってる人だなーと思う。

怪人マブゼ博士/マブゼ博士の遺言(1932年製作の映画)

4.2

フリッツ・ラング二作目のトーキー。耳障りな機械音で始まる冒頭や車が走る音にマブゼのささやき声が被さる演出などトーキーならではの面白さがある。

ラングとハルボウの最後の共同作業となった本作。人間の中に
>>続きを読む

アパートの鍵貸します(1960年製作の映画)

3.9

偶然にもシャーリー・マクレーン連続鑑賞。この頃からピクシーカットが似合う✨

今だったら女性蔑視とか言って作れなそうな映画。テンポとセンスの良い会話が◎最後までバクスターには「愛してる」と言わないフラ
>>続きを読む

両夫婦(1914年製作の映画)

3.5

アーバックルに引きずられていくチャーリー笑

タンゴのもつれ(1914年製作の映画)

3.6

アーバックルとチャーリー、体格が対照的で面白い。

ノックアウト(1914年製作の映画)

3.5

主役はアーバックル。チャーリーがボクシングの審判やるとこうも滅茶苦茶になってしまうのね。

ジャズ・シンガー(1927年製作の映画)

3.8

映画が無声からトーキーに移る過渡期を感じる映画。部分トーキーなので歌って話していたかと思いきや、突然無声&中間字幕に戻るという不思議さ。

声が録音できる→歌&歌える役者の重要度アップ→ハリウッド的ミ
>>続きを読む

椿三十郎(1962年製作の映画)

4.2

毎度押し入れから出てくるおじさん笑黒澤明って男くさーい映画のイメージが強いけど、これはくすっと笑えるシーンが多くて好き。奥さんも強烈で完全に椿三十郎をくってるし。

若い頃の加山雄三本当に格好良い。

用心棒(1961年製作の映画)

4.0

酒と剣が友達の流れ者がある日突然やってきて問題を解決して去って行く。こういうのを男のロマンというのかしら。よくわからん。

悪役の仲代達矢が剣を一度も抜くことなく銃で人を殺して行くのが印象的。空っ風が
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.3

何が良いのか上手く言えないけれど、なんだか余韻が残る映画。話自体はシンプルな恋愛物語で、それを王道の美男美女でなく、非常に個性的な2人を主役にしてやってしまっただけなのだけれど...

たぶん人は皆孤
>>続きを読む

甘い生活(1959年製作の映画)

3.6

この人の映画は相変わらず長い。女優人の華やかさたるや!アメリカとイタリアの対比が可笑しい。

カルメン(1915年製作の映画)

3.8

美人で自信に満ちあふれてて男に媚びない女って素敵ー。最後まで誰のものにもならない清さ!

ドン・ホセ演じるウォーリーに萌える!彼自身、モルヒネという女に取りつかれ、若くして中毒で死んでしまうのを知って
>>続きを読む

マッドマックス2(1981年製作の映画)

3.8

好きな人にはたまらないであろうディープな世界観。ヒューマンガス様のファッションセンス独特すぎる笑

怒りのデス・ロードから入ったせいか物語が少し物足りないけど、終始ハラハラさせるカーチェイス!

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

3.9

時間潰しに観たのにすごくよかった。なんだかよく分からないけど、自分に最大限期待して、頑張って人生を生きなければと思える映画だった。

背中を押してくれる名言がちりばめられてて✨Mistakes mak
>>続きを読む

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

3.6

映画の中で流れるNatural Womanという曲を邦題に持ってきたセンスが光る。原題のUna Mujer Fantastica (Fantastic Woman)より良いのでは。

亡くなった彼の通
>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

3.5

映像が圧倒的に美しい。多くの場面でカメラが固定されていて、まるで印象派の絵画を次々と見ているような感覚。衣装や小物のマカロン色も健在。

女の園に足を踏み入れちゃった男の悲劇。自分の大切な人を守るため
>>続きを読む

白熱(1949年製作の映画)

4.1

ギャング映画あまり好きでないけどこれは面白い。ママン最強。

戦場にかける橋(1957年製作の映画)

3.8

戦場に橋はかからない...人は年を取るにつれて自分の生き方を変えられなくなっていくんだなぁ。

最初の早川雪洲登場シーンの踏み台は彼へのオマージュ?

クィーン・ケリー(1929年製作の映画)

3.7

初めてグロリア・スワンソンを見たのが『サンセット大通り』。なんかすごい迫力のおばさんがいると思った。そんな彼女の全盛期の作品が見たくて鑑賞。

横顔が美しい。純真無垢な修道女より、気の狂った女王の役の
>>続きを読む

>|