ゆっけさんの映画レビュー・感想・評価

ゆっけ

ゆっけ

都内で「映画について語ろう会」という映画好きがこだわりを話して、聞くイベントを開いてます。

◆FILMAGA執筆中 https://filmaga.filmarks.com/writers/14
◆映画ブログ書いてます。http://yukke1006.com

ちなみにFilmarksでは鑑賞記録として使ってます。なので昔観た映画は登録してません。

ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で(2016年製作の映画)

4.0

人にこう見られたい、理想の自分を偽って(盛って)でも注目されたいと思ってしまう方、もしくはその自覚症状がない人にすすめたい映画。

いわゆる現代のSNSの闇(承認欲求)と置き換えて考えても面白い映画だ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

-

IMAX完成披露試写にて。いろいろ考えていて、レビュー遅くなりました。
こんなにも「美しい」映画を観るのは初めてだ!と思うほど”すごい”映像が観られます。一つの芸術そのもの。まさにSF映画を観ているん
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

4.5

めっちゃ面白かった!

さすが、「るろうに剣心」のアクションチームが手がけただけあります。
アクションがとにかくかっこいいんです!

IMAXで『ダンケルク』にて、『亜人』の予告観てから、絶対IMAX
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

歴史上知られざる黒人女性3人の偉業を描いた実話。
差別ものですが、そこまできつくそれを描いているわけではなく、
ヒロイン3人が明るく、懸命に前を見て生きているので、観ていて清々しい。

それぞれ夢があ
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

3.5

シリーズ未見ですが、観ました!

一言、「大迫力なEXILEのPV」ですかね。。。
ストーリーがない!と突っ込むのは野暮なのかもしれません。
登場人物が多すぎてついていけない。むしろついていく必要がな
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.5

公開初日に観てたのですが、いまさら、、、

「スパイダーマン」3度目のリブート作。
学園青春ヒーロー映画。

すごい明るくて、楽しい映画でした。

、、、、ただ、自分は結構昔のシリーズの暗くて、爽快な
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.0

一体、誰を誰が裁くことができるのか?

法廷心理ドラマということですが、
かなり社会派的なストーリーでした。
感覚的には『それでもボクはやってない』を観終わった後のようなモヤモヤ感。

「法廷」って、
>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.5

大根仁監督。

『モテキ』でサブカルwebメディア、『バクマン。』では週刊少年漫画雑誌『SCOOP!』で写真週刊誌と編集部を舞台にした映画を撮り続けています。

今回の『奥田民生になりたいボーイと出会
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.5

試写にて。

「ハリー・ポッター」のダニエル・ラドクリフくんが、”万能機能を備えた”死体役(メニー)を演じて、ポール・ダノが遭難した青年を演じた、奇想天外な青春・サバイバル・アドベンチャーということだ
>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

4.0

心優しい巨大生物(豚)と韓国の山奥で暮らす一人の少女(ミジャ)との絆を描いた心温まるSF映画。

もともとは、世界的食糧不足を解消するために、ある企業が遺伝子組換えによって生み出した味のいい子豚「スー
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

-

クリストファー・ノーラン初の戦争映画。
ちゃんとIMAXで観ました。

第2次世界大戦中の1940年に起こった「ダンケルクの戦い」。
ドイツ軍によってフランスの港町・ダンケルクに追い込まれたイギリス・
>>続きを読む

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

4.5

今年ベスト3に入るくらい良かったです。
明るくて、感動できる家族の映画です。

『最強のふたり』のオマール・シー主演。

『クレイマー、クレイマー』『I am Sam アイ・アム・サム』『チョコレート
>>続きを読む

ネイキッド(2017年製作の映画)

4.0

Netflixにて。

タイムループコメディ。
『恋はデジャ・ブ』と『ハングオーバー』が組み合わさったものといえば分かりやすいかと思います。

愛する女性との結婚式直前に、なぜかホテルのエレベーターの
>>続きを読む

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

3.5

Netflixより。

ボディガード(ライアン・レイノルズ)と殺し屋(サミュエル・L・ジャクソン)のバディムービー。


東ヨーロッパを支配する独裁者の裁判の証人になるために、殺し屋のサミュエルをボデ
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.5

立川「極上爆音上映」で観ました。

最高っす。

重低音が劇場全体に響き、爆発やアクションが多いこの作品との相性抜群でした。

明るいイメージのマーベルと暗いイメージのあるDCですが、今回の『ワンダー
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

密室パニックアクション映画として最高なのは、もちろん、人間ドラマ(家族)の描き方が秀逸です。

昨年は、『アイアムアヒーロー』にて、日本のゾンビ映画がすばらしかったのですが、
今年は、ぜひ韓国のゾンビ
>>続きを読む

春なれや(2016年製作の映画)

4.5

『映画監督外山文治短編集』8/26より渋谷ユーロスペースで上映。

『わさび』『春なれや』『此の岸のこと』
短編3作品が上映されます。

こちら、自分昨年より追っかけて取材等させてもらってますが、ぜひ
>>続きを読む

わさび(2016年製作の映画)

4.5

『映画監督外山文治短編集』8/26より渋谷ユーロスペースで上映。

『わさび』『春なれや』『此の岸のこと』
短編3作品が上映されます。

こちら、自分昨年より追っかけて取材等させてもらってますが、ぜひ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.5

エドガー・ライト監督の最新作。

めっちゃ面白いです。
とにかく、スタイリッシュでかっこいい映画なんです。

カーチェイス版『ラ・ラ・ランド』と批評家に言われている通り音楽と合わせた超カッコいいシーン
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.5

ファウンダー=創業者(マクドナルドの創業者、レイ・クロック)
の半生を描いた映画。(「創業者」というタイトルはある種皮肉の意味もあるかと思います)

『ウォルト・ディズニーの約束』という『メリー・ポピ
>>続きを読む

ダイ・ビューティフル(2016年製作の映画)

4.0

娘として、妹として、母親として、そしてミスコンの女王として、自分に正直にまっすぐ生きたトランスジェンダーの人生を描いた傑作です。

昨年の東京国際映画祭で観客賞を取った話題作!

若くして亡くなった彼
>>続きを読む

ギフト 僕がきみに残せるもの(2016年製作の映画)

4.5

正直、辛かったです。最初から最後まで涙が止まらなかった。『きっと、星のせいじゃない。』を見たとき以来に鼻水が止まらなかった。とにかく、ひとりでも多くの人に観て欲しい、そんな風に思う「家族」と「希望」を>>続きを読む

バイバイマン(2016年製作の映画)

4.0

良質なホラー。

名前を知ったら、最後。
そこからは、幻覚を見せられ、行動をもコントロールさせられます。
当然、くるか、くるかのタメなどもちゃんとあるので、ドキドキ楽しめます。

もう詰んだの当然の展
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.5

ニコラス・ウィンディング・レフン監督。

かなり独特です。センスが良過ぎて、玄人向けというか。

美へ執着する”恐怖”を描いた作品ですが、なかなかの衝撃的なラストを迎えます。

アート映画でもあり、サ
>>続きを読む

大空港2013(2013年製作の映画)

-

ワンカット、長回し。

竹内結子が素晴らしい!

アマゾンプライムで観ました。気軽に笑えるドラマ観たい人に、おすすめ。

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

4.0

アクションというよりかドラマ性が大分あります。
二面性を持つ主人公、ウルフ。
なぜか、彼のことが憎めないキャラが素敵です。

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

3.5

ラストシーンは好き。

蒼井優演じる聡を、抵抗なく見れるかどうかが、肝かもしれません。。

全然関係ないですが、職業訓練校通っていました。

青空エール(2016年製作の映画)

3.0

三木孝浩『くちびるに歌を』が大好きなのに、こちらはあまり入れ込めなかった。。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.5

(簡易感想)
原作読んでます。
知っているからこそ、前半が切ない。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.5

素晴らしい映画でした。

第2次世界大戦、沖縄戦の激戦地“ハクソー・リッジ”を舞台した戦争映画です。

武器を持たずたった1人で75人の命を救った男の実話ということでしたが、これは衝撃的でした。

>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

4.5

風変わりなユニークな父親と、バリバリキャリアウーマンの娘とのすれ違いを描いた温かい映画です。

昨年のカンヌ映画祭を騒がし、今年のアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされました。

簡単に例えるならば
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

2013年に起きた「ボストンマラソン爆弾テロ事件」の裏側を描いた映画、試写にて。

ピーター・バーグ監督、前作『バーニング・オーシャン』が記憶に新しいですが、実話をしっかりとリアルに嘘をつかず描くのが
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.5

いやー、こういうバディものというか、親子ものというか、好きですね。

SF的なアクション=アメコミのイメージを変えてしまうような骨太ヒューマンドラマでした。

『レオン』のように、少女を守るという筋書
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

4.0

不器用なおっさんダークヒーローが静かに、そしてスタイリッシュに世界を救う?

イタリア映画なのですが、日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」の熱狂的ファンである監督がリスペクト込みで描いたダークヒーロー映画です。
>>続きを読む

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2015年製作の映画)

4.0

『ローマの休日』の脚本も手がけた、いくつもの偽名で作品を作り出したダルトン・トランボの半生を描いた映画。

偽名にしなければいけなかったのは、1947年以後の、アメリカで起こった“赤狩り”騒動に起因す
>>続きを読む

>|