yurikaさんの映画レビュー・感想・評価

yurika

yurika

映画(387)
ドラマ(0)

ウォーム・ボディーズ(2013年製作の映画)

3.8

ゾンビ映画のB級っぽい良い部分を残しつつ、
ジャンルとしては全くかけ離れている
王道の恋愛(コメディ)映画に仕上げている。

私はゾンビの間抜けでちょっとドジな部分に
愛しさを感じ、それ故にゾンビ映画
>>続きを読む

シーサイドモーテル(2010年製作の映画)

2.9

夜中にダラダラ鑑賞して
"あ〜こんな映画観るくらいだったら早く寝れば良かった〜"と思う映画。
特に何も得られない映画。
ただ観るんだったら夜中推奨。

母なる証明(2009年製作の映画)

3.5

母親のいき過ぎた愛情に胸糞が悪くなった。
ただ、ウォンビンも、物語の結末も、不穏さを感じずにはいられない冒頭とエンディングのダンスシーンも、好みだった。

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

3.3

シリアスな映画なのにそこまでシリアスに感じなかったのはセス・ローゲンのおかげ。

特段秀でている映画かと問われたら何とも言い難いが、良くある"余命宣告をされたから人生でやり残したこと全部やろう!"的な
>>続きを読む

人生、ブラボー!(2011年製作の映画)

3.8

映画自体は面白いのに
邦題のセンスの無さには失望してしまう。

過去に精子を提供したことで産まれた500名以上の"生物学上の"子どもたちを、守護天使として密かに見守る主人公を見ていると何とも心温まって
>>続きを読む

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

すごく良い話なんだけど
最後に娘が亡くなってしまうことで、
物語がブレブレになってる気がする。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.4

とてつもないブラックジョーク映画。
と私は捉えました。笑
けどそのブラックジョークが何とも秀逸で
各々の置かれた状況と混ざり合った結果、
とんでもない化学反応が起きて
素晴らしい映画にまとまっていた。
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.1

とにかく素晴らしい。
それにしても最近はこういうおじさんめっきり見なくなったなぁ。

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.6

大泉洋がこの役にドンピシャすぎて、最初から最後までそれだけで楽しめた。

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

4.2

1の良い部分を残しつつ、更にパワーアップしてたと思います。
私は1より2の方が好きでした!

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

3.8

移り行く時代の中で、変わっていくもの、いつも変わらずにあるもの。

羊の木(2018年製作の映画)

3.0

登場人物たちのフラストレーションが溜まっていく様を描くのが上手い

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

3.4

面白くないわけがない。
何かに情熱を注げるって良いね。
ただストーリーの既視感は否めない。
(だってロック版天使にラブソングをなんだもの!)

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

成田凌こわこわ。
正しく使おうスマートフォン。

秘密 THE TOP SECRET(2016年製作の映画)

2.9

設定自体はすごく面白いのに、ストーリー展開が下手すぎて勿体ない感じになってる。

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.6

正直前半は恐怖描写も少なく、あれ?思ってたのと違うぞ?と思ってたけど、後半への畳み掛けが素晴らしい!!
お母さんの恐怖顔はシャイニングのシェリー・デュヴァルに引けを取らないくらい恐ろしかった。
不気味
>>続きを読む

テリファイド(2017年製作の映画)

3.4

久しぶりに当たりのホラーでした。
こう、なんていうか、、じわじわと人間の恐怖心を煽ってくる感じ。すきぃぃ!と思った。

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

2.8

純白で真っ黒な青年。
何に重きを置いてこの映画と向き合えば良いか分からず、終わった後の疲労感半端なかったな。
何をとっても私には中途半端に感じた。

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

3.4

このコンビ最強。
超人的なアクションで悪い奴らをボコボコにしていく様は何ともスカッとする。
演出とアクションは過剰すぎて笑ってしまうが、それもまたこの映画の良さであると言える。
ただ、もう少しワイスピ
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.3

新海さんの作品は拗らせ過ぎて、もどかし過ぎて、くさ過ぎて、気色悪い。だけどそれに負けないくらい絵が美しい。

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.1

この映画安っぽく仕上がってないのが素晴らしい。

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.3

個人的に苦手なので普段全くこういったアニメ作品は見ませんが。

新海さんは日常を切り取って描くのが非常に上手いと思いました。
それでいて美しい。

物語の暗さ・悲しさ・切なさとは対照的に絵がとても美し
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.3

拗らせ乙女の歪んだ妄想と醜い現実。リアルだったー

>|