yuulgfさんの映画レビュー・感想・評価

yuulgf

yuulgf

映画(98)
ドラマ(3)

薬の神じゃない!(2018年製作の映画)

4.2

どちらかというと汚いものばかり映しているのに綺麗と感じるほどすばらしかった。

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.6

たぶん原作のアニメよりお金もかかってるし映像技術もあがってるはずやのに野獣とベルのダンスシーンがアニメより残念になってるのが惜しい。

美女と野獣(1991年製作の映画)

3.9

ストーリーが良いのは言うまでもないけど他も素晴らしかった。まだ野獣の頃にベルと踊るところのカメラワークなんてもう最高。こんないいと思ってなかった。

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

3.5

ストーリーの流れとしては良かったと思う。でも設定の詰めの甘さがあったように思う。あとゲド戦記にすごく影響を受けている作品のように感じた。オマージュというよりゲド戦記感がはからずも出てしまったという感じ>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

4.1

自分を見失う時もある。他人が自分の期待通りにならない時もある。夢と現実

もう終わりにしよう。(2020年製作の映画)

3.4

主人公の書いている絵のように画面の雰囲気から感じ取る映画なのかと思いきや説明的すぎて全然面白くない。

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel Ⅲ.spring song(2020年製作の映画)

4.0

最後に塔子さん出てきて空の境界ファンとしてめちゃテンション上がった。内容は言うまでもなく良かった。結局最終的には皆幸せになれてよかった。

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

3.9

エンターテインメントとしてとても面白かった。ダー子とジェシーのダンスシーンが特に面白かった。

はちどり(2018年製作の映画)

3.6

理不尽さの中で生きていくことが伝えたいことかなと思う。扉の演出がよかった。最初にウニの家の扉からカメラが引いていって団地全体が映るシーンがあってたぶんこれはウニに限った話ではなくてみんなに共通する話だ>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

4.0

主人公にめちゃ共感した。主人公の気持ちをナレーションで語るとことか表現がちょっとありきたりすぎるかな?と思うところもあったけど好きな映画でした。

プロメア(2019年製作の映画)

3.9

画風は変わってないのに作画がめちゃくちゃ進化してる戦闘シーン。ぼーっとしてたら3Dと線画の切り替えが分からんくなりそうなくらい違和感のない3Dアニメ。ドリルとか纏とかファンには嬉しい演出。ストーリーは>>続きを読む

泣きたい私は猫をかぶる(2020年製作の映画)

2.9

女子校でずっと過ごしてきて初めて男子と付き合う人みたいな気持ち悪さ。新海誠の映画の童貞感というのが分かりやすいかも。ストーリーもおもしろくない。

キングダム(2019年製作の映画)

3.6

やっぱり実写は漫画を越えられへん。
映画の最後の方に出てくる英語で書かれた海外の映画みたいなキングダムのタイトルださすぎ。

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.6

自分が感じたことがない感情を感じるのは難しかった。でも共感できないから違うってのは違うくて理解できるようになれればいいなと思った。

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明(2016年製作の映画)

3.4

マインドファックムービーは好きで見ているが、自分にはオチが読めやすくあまり面白いと思わなかった。

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.2

グロさとかは別に大丈夫なんですけど特に湧き立てられる感情もなく物足りない気持ちになった。

リリイ・シュシュのすべて(2001年製作の映画)

3.8

劇中にもあったと思うがエーテルというのは他人の気持ちを感じられる感性の媒体のようなものだと思った。

アヴリルと奇妙な世界(2015年製作の映画)

3.4

スチームパンクという感想をいくつか見たが個人的には全然そんな感じはしなかった。設定としては面白いが良くありそうなストーリーでいまいちだった。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.7

格差社会に対する理解がまだまだ浅いのだなと思い知らされた。洪水の中、ギジョンがたばこを吸っている所が最高にかっこよかった。

>|