部長元ラーメン部さんの映画レビュー・感想・評価

部長元ラーメン部

部長元ラーメン部

映画(875)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

しあわせな人生の選択(2015年製作の映画)

3.5

またまたクソみたいな邦題の犠牲になった作品。

今後日本で公開する映画は、原題を大きく表示して、その下に邦題を記載する方式に変更できないものか。

内容としてはかなり重いテーマで、自分だったらどうする
>>続きを読む

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.0

豪邸に住む家族、表向きは普通の家族に見えるが…。

何をしているか全く分からない遠くからの長回しなど、独特なシーンが多いので好き嫌いはハッキリ別れるかと。

タイトルと内容が全く釣り合っていないとこ
>>続きを読む

マリオネット 私が殺された日(2017年製作の映画)

3.0

韓国映画の胸糞系は好きだけど、未成年者による性犯罪、しかも実話系の映画が多くて辟易する。

この映画も実話となる事件があったようだが、少年法は絶対に必要ないと思う。

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.5

現在のコロナと似ている、との事で見てみたが、最初の5秒で見たことある!と思い出したものの、オチを覚えていなかったのでそのまま鑑賞。

ただ、関係者が移動時などマスクもしていない事には大いに違和感が。
>>続きを読む

フリークス・シティ(2015年製作の映画)

3.0

人間とゾンビとヴァンパイアが共存する世界にエイリアンが襲撃してくるというトンデモ設定。

ワチャワチャしてるシーンの合間にしんみりとした話を挟んできたり、意外と面白い。

ちょいちょい下ネタもぶっ込ん
>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

1.5

マーベル系苦手なのに無料配信されたので見ようと試みたが、最初の5分の自撮りシーンがクッソつまらなくてイライラして断念。

よくこんなの見れるなー、高評価なのが不思議で仕方ない。

過去のスパイダーマン
>>続きを読む

黄泉がえる復讐(2015年製作の映画)

3.5

ホラーなのかサスペンスなのかミステリーなのか、目新しい設定で始まり、謎が深まりつつも中盤以降解き明かされて行く展開はかなり面白かった。

少し無理のある設定や都合のいい展開もあるが、そんな細かい事を
>>続きを読む

タチャ 神の手(2014年製作の映画)

3.5

最初は結構コメディ路線なのかな?と思っていたらすぐにシリアス路線に。

目まぐるしく騙し騙されが続くので、
結構しっかり見ていないと誰が誰と組んで誰を騙しているのかよく分からなくなる。

韓国映画をよ
>>続きを読む

ララピポ(2008年製作の映画)

3.0

くだらないなーと思いつつも、ジワジワ面白かった。

オムニバス的な感じかと思ったら、ちゃんと繋がるとは。

人間は顔じゃないとかキレイ事言うヤツがいるけど、俺は絶対に森三中の村上は無理だ。
でも世の
>>続きを読む

Viva!公務員/公務員はどこへ行く?/オレはどこへ行く?(2015年製作の映画)

3.0

イタリア人の男はみんなマザコン的な事を聞いていたので、まんまだなーと思いつつ見ていた。

めげない主人公はそこそこ面白かったし、
ラストは綺麗にまとまってたけど、
個人的にはそこまで面白い!というほ
>>続きを読む

しあわせはどこにある(2014年製作の映画)

4.0

なんか見たことあるような…と思いつつ見始めて、30分以上見てからやはり見たことあったなーと。

展開とかオチ忘れてたからそのまま最後まで。

コミカルだけど、感動するシーンも多く改めて幸せってなんだろ
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.5

15年ぶりくらいに鑑賞。

2020年東京オリンピックが描かれていたとは…それにしてもこんな2019年じゃなくて良かった。

無力な人間がなんにせよ力を持つとこうなっちゃいますよ、というお話し。

>>続きを読む

フッド:ザ・ビギニング(2018年製作の映画)

3.5

現代におけるアクション映画のガンアクションとカーチェイスを、弓矢と馬車に置き換えた感じ。

接近戦で弓を使うというのは目新しいし、なかなかの迫力で良かったが、ストーリーがあまりにもありきたりで先読みし
>>続きを読む

ヒットマン:デッドリミット(2014年製作の映画)

3.0

女のために殺し屋を引退…って、ジョン・ウィックみたいな設定で開始。

ガンアクションや格闘シーンはショボいけど。

本気で殺す気なら、能書き垂れる前に撃ってるよね、っていう違和感。

ロープ/戦場の生命線(2015年製作の映画)

3.5

紛争地帯でのお話しだけど、ドンパチなし。

国際援助機関側から見たストーリーで、
ある事情の為にロープを探し回る中で様々な事が起こる。

牛トラップは本当に存在するのか?

こんな場所でさえ、くだらな
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

4.0

SFや近未来モノはかなり見てきたけど、
こういう設定はありそうで無かったかも。

中盤くらいで黒幕こいつなのでは?
と思ったらまんまとやられた感じ。

個人的には終わり方も含め、かなり面白かった。

放課後ソーダ日和-特別版-(2018年製作の映画)

3.5

先日見た、少女邂逅のアナザーストーリー的な映画。

少女邂逅とは違うJK三人組が放課後にひたすら美味しいクリームソーダを求めるストーリー。

自分も以前、美味しいコーヒーを求めてカフェ巡りをしていた時
>>続きを読む

少女邂逅(2017年製作の映画)

3.5

邂逅…思いがけず出会うこと。
かいこう…ふむ、なるほど。

強そうに見えて弱かったり、
弱そうに見えて強かったり。

ロスト・イン・パリ(2016年製作の映画)

3.0

ゆるーい雰囲気で、ところどころクスっと笑える、なんとなーく見るといい映画。

ミュージカル系の映画は大の苦手だが、
これくらい軽く踊るくらいなら大丈夫だった。

ヴィレッジ(2004年製作の映画)

3.0

中盤まではずっとなんだか分からなくてモヤモヤ怖い感じ。

ホラーだと思って見てると、違うんかーい!ってなる。

分かってからは少し飽きちゃったかな。
それって薬でどうにかなる問題ではないような…。

超能力者(2010年製作の映画)

3.0

邦画で藤原竜也が主役の似たような設定の映画がこれのリメイクだったとは知らなかった。

リメイクにあたって両作品の違いってかなりあるんだなと。

大筋は同じだけど韓国版は善人側に仲間が二人いたり、少しだ
>>続きを読む

母なる復讐(2012年製作の映画)

3.5

胸糞系好きで結構見てるけど、これは胸糞系に慣れていても相当に心にダメージを負う。

実話ベースとの事で尚更。
ケーキがトラウマになるレベル。

常々、少年法なんてイマドキの少年犯罪を考えると早々に撤廃
>>続きを読む

奴隷の島、消えた人々(2015年製作の映画)

3.0

ドキュメンタリーちっくで一人称視点。
一人称視点は見にくいから苦手、酔うし。

こんなおぞましい事件が実話ベースで、
しかも遠い昔の話ではないことにゾッとする。

島ぐるみでの隠蔽、警察や公的機関は全
>>続きを読む

メトロマニラ 世界で最も危険な街(2013年製作の映画)

4.0

なんだこのジワジワ来る重苦しさは。
こういう雰囲気の映画いいですねー。

主人公は気弱だが真面目でいいお父さんなんだけど、仕事も収入も無いのに子供を作るダメ人間。

貧困の極限を描いた映画かと思いきや
>>続きを読む

修羅の華(2017年製作の映画)

3.0

韓国映画の裏社会バイオレンス系映画は大好物だが、この映画は人間関係が分かりにくく、中盤以降になってやっと、ああ、なるほどって感じになった。

でも主役の女性は綺麗でも美人でもないと個人的に思うので、イ
>>続きを読む

ドッグマン(2018年製作の映画)

3.5

主人公…のび太
友人…凶悪なジャイアン

みたいな関係性で、そのまま大人になりましたという感じ。

のび太、いい人通り越してもうアホな子なの?って感じ。

しかーし!それだけでは終わらない!

どよよ
>>続きを読む

囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件(2012年製作の映画)

3.0

実話ベースの映画好きなので鑑賞。

イザペル・ユペール以外はもともな俳優ゼロっていう、ある意味金のかかってない映画。

ビンラディンの名前が出てくる事や、911と同時期に起こっている事から、純粋なテロ
>>続きを読む

誘拐アンナ(2017年製作の映画)

3.0

独特なタッチの絵+CG。

ハーレー+美女って日本人ならほとんどが不二子ちゃんを思い浮かべるのでは。

不二子ちゃんほど美人でもないしナイスバディじゃないけど。

ひたすらに愛について哲学的かつキザっ
>>続きを読む

わらの犬(1971年製作の映画)

3.0

中盤まで若干よそ者扱いされているくらいで、特に起伏もなく面白くもなかったが、
中盤の胸糞展開からの怒涛のバトル開始。

いくらなんでも村人たち調子乗り過ぎ&やりすぎ、普通絶対こんな事にはならないだろ。
>>続きを読む

7号室(2017年製作の映画)

3.0

コメディタッチのサスペンス?

途中までは展開が気にはなったが、
どっちつかずで全てぼんやりした印象。

オチもなんだか普通。

REVENGE リベンジ(2017年製作の映画)

3.0

復讐モノとしてはなかなか。

グロシーン多数なので苦手な人は要注意。
イタタタ!と言っちゃう事請け合い。

めっちゃ単純なストーリーでグロいし痛々しいし良かった。

恋の渦(2013年製作の映画)

3.5

登場人物は男女9人のみ、映る場所は3部屋の中だけの構成。

名前と顔がしばらく一致しないので少し分かりにくいけど、なかなかドロドロしてる。

登場人物全員DQNかつゲスなので、まぁこんなことありえるの
>>続きを読む

Katie says goodbye(原題)(2016年製作の映画)

3.0

最悪な環境で生まれ育ち、そこから逃げたいが為にゲスな人生を送る主人公。

その自らのゲスな行動のせいで招いた胸糞展開。

自業自得としか思えないが、毒親のせいで地獄を見るのはさすがに同情する。

ドラゴン×マッハ!(2015年製作の映画)

3.0

先日見た、SPL狼たちの処刑台が続きモノの3作目だったと知り、2はどれ?と探したらコレだったという。

タイトル全然違うから分かりにくい!
しかも3と同じ臓器売買組織のお話しってw

ストーリーは違う
>>続きを読む

ロシアン・スナイパー(2015年製作の映画)

3.0

実在したスナイパーのお話しと聞いて鑑賞。

恋愛要素をバッサリ切って、もっとスナイプや戦闘シーンがあれば良かったのだが、いかんせんどっちつかずな感じがした。

それにしてもこんな女性スナイパーが実在し
>>続きを読む

ALOYS/アロイス(2016年製作の映画)

2.0

導入部、粛々、淡々としすぎていて途中で見るのを諦めました…苦手な部類。

>|