部長元ラーメン部さんの映画レビュー・感想・評価

部長元ラーメン部

部長元ラーメン部

過去に見た数百本の映画をレビューする事は難しいので、ここ最近見た映画を簡潔にコメントしていこうかと思います。

基本的に
『普通=3.0』
『面白い=3.5』
『非常に面白い=4.0』
『個人的超お気に入り=4.5』としております。

スター・ウォーズシリーズは好きすぎてベストムービーから外してあります。

基本的にはアクション、コメディ、胸糞系や猟奇系が好きで、くだらない恋愛モノは一切見ません。

映画(467)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

最後まで行く(2014年製作の映画)

3.5

無理のある設定にメチャクチャな展開、それでも主人公が追い詰められていくドキドキ感と後半のバイオレンス感はさすがの韓国映画、面白かった。

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.0

最初はサスペンスかと思いきや→感染系ホラー→呪い系ホラー→悪霊系ホラーと、もうお腹いっぱいワケが分からない。

友罪(2017年製作の映画)

3.0

暗く重いストーリーなのでそこは好きな系統だった。過去の交通事故と過去の殺人事件が常に同時に展開されるが、どこで接点があるのだろうと思いつつ見ていたが結局この2つの事件には全く接点は無かった。主人公の過>>続きを読む

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

2.5

最初から最後まで、これぞB級感が。ちょいちょいグロいシーンはあるので、それ系が好きな人には多少いいかも。そんなにほじっちゃイヤー!イタタ!的な。でもまぁ面白くはない。

その怪物(2014年製作の映画)

3.0

ラストバトルまでの追いかけっこは間延び感があり退屈だったが、ラストバトルは壮絶で殺人鬼は容赦ないし家族を失った弱者は執念の塊だし、頑張れ!と応援したくなる。しかし、なんで居場所である店の場所がピンポイ>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.0

実話ベースのフィクションとの事で、超絶金持ちなのに金の亡者であるゲティと、誘拐された孫の母親との駆け引きに終始し、間延び感が否めない。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.5

最初、この映画の予告編でも始まったのかと思ったら本編だった。前半は逃げる人の後ろから手持ちカメラで追いかける映像が多く、左右に振ったり手ブレが多く、ゲーム酔いしやすい自分としてはソッコー気持ち悪くなっ>>続きを読む

ハイヒールの男(2014年製作の映画)

3.5

主人公の内面や背負っている悲しみ、苦しみとそれに対比するような激しいアクションシーン。最後まで悲しさを感じさせていて良かった。

犯罪都市(2017年製作の映画)

4.0

筋肉ダルマ主人公vs中国ヤクザ、筋肉パンチvs刃物と言ってもいいだろう。イタター!って叫ぶシーンの連続。ラストバトルの迫力と緊張感は凄い!

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.0

超豚と少女の友情ストーリーかと思いきや実は重いテーマだったりする。ジェイク・ギレンホールは変人役が多いので今回のイカれ博士役もハマっていたが、より変人役…というよりキモチワルイ役ばかりのポール・ダノが>>続きを読む

7番房の奇跡(2013年製作の映画)

3.5

いつも見ている韓国映画、胸糞系やバイオレンス系とは全く違う感動系の映画。感動系にしては終盤までコメディータッチで描かれ、イマイチ弱いなと思っていたらラスト10分で畳み掛けるように泣かせにくる。泣くには>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

2.5

まさかの連日地上波にて映画観賞。惹き込まれて行くストーリー展開は良いのだが、それが生かされるのはハッキリとした終わりがある事が前提のように思う。謎を残したまま終わるのは見る側に投げているだけな感じがし>>続きを読む

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

4.0

ライアン・レイノルズ、サミュエル・L・ジャクソン、ゲイリー・オールドマンと出演者の顔ぶれだけでも見たくなる。基本的には笑いを散りばめたアクション映画だが、ライアン・レイノルズは軽口を叩くところがデッド>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

2.5

地上波で邦画を見るなんてほとんどないが、なんとなくやってたので最後まで見てしまった。原作は相当前に読んでいた時期があったのですんなり入れたが、良かったのは橋本環奈の振り切った変顔くらいか。

ブラッド・ファーザー(2016年製作の映画)

3.5

若干B級っぽいのかな?と思って見てみたけど、意外にも時間短めでまとめられててサクっと見られた。ダメな娘を連れて逃げるダメ人間なパパ、親バカだがたまにカッコいい事言っちゃったりする。無双するほど無敵じゃ>>続きを読む

ファイ 悪魔に育てられた少年(2013年製作の映画)

3.5

5人の極悪犯罪人プラスワン、みんなうまくやってる感から始まるが、中盤以降は一転してドロドロな展開へ。韓国映画だけにアクションシーンや殺人のシーンは濃厚極まりなく、ともすればグロさすら感じる。しかしその>>続きを読む

トガニ 幼き瞳の告発(2011年製作の映画)

4.0

胸糞系の映画が好きで今まで数多く見てきたが、それは実話ベースではなかった故の事だったようだ。この映画は実話ベースだと思いたくないレベルの胸糞っぷりで、見ていて心が締め付けられて只々苦しい。こんな非人道>>続きを読む

名もなき野良犬の輪舞(2017年製作の映画)

4.0

コメディータッチで始まったので、あれ?と思いつつも徐々にしっかりと韓国ノワールへ。どちらに付く?どちらに転ぶ?とドキドキする展開と、息の詰まるラストは見応えあり。最後は悲しみや哀れみが絡まったなんとも>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

2.5

完全に予告に騙された感が。下品で性格最悪、ろくに子育ても教育もしない無職で住所不定の母親の元で生活する自由奔放な子供の日常、イタズラや悪ふざけを終盤までダラダラと延々に見せられる。そしてラストは唐突に>>続きを読む

レイヤー・ケーキ(2004年製作の映画)

3.0

14年前の作品なので当たり前だがダニエル・クレイグ若い!ありがちなギャングものかと思ったら登場人物は展開に従って増えるしストーリーは複雑。どんな世界も下っ端は大変だし報われない。

ジヌよさらば かむろば村へ(2015年製作の映画)

3.0

なにも考えずにぼーっと見られる、ところどころフフッとなる、少しイイ話もある。

デューデート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜(2010年製作の映画)

2.5

うーん…ハングオーバーの監督と同じ人と考えるとイマイチかな。小笑いとイラッとするのの繰り返しロードムービーって感じ。

イコライザー2(2018年製作の映画)

4.5

前半はマッコールの『情』や『愛』を描きつつもミステリーっぽく(といっても一瞬で読めてしまうのだが)進み、後半は一転して緊張感漂う展開へ。前作よりも披露する技術が増えた感が。ともかく良かった。

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

3.5

前半は、あんなおっぱいやこんなおっぱいイイ!なんて思いつつ見てたけど、ラストはとてもロマンティックで素敵でした。

泣く男(2014年製作の映画)

3.5

前半は淡々と展開するので、あまり面白くないかなぁと思っていたら後半はさすがの韓国ノワール、アクション、銃撃戦となかなかの血みどろな展開へ。生き残り全員極限状態で見応えあり。

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

2.5

12年前の作品ということを考慮しても怪物のCGがショボすぎて気になって仕方がない。こんな怪物いたら普通ソッコー軍隊出てきて終了でしょうよ。

セブン(1995年製作の映画)

4.0

もう23年も前の映画になったのか、と思いつつも再視聴。ラストが強烈で鮮烈に覚えているのに、犯行が猟奇的でつい見入ってしまった。オチが全てなので初見時は衝撃だったなー。

トレーニング デイ(2001年製作の映画)

3.5

イコライザーが好きな自分としては、デンゼル・ワシントンの悪役…というかこの作品では悪役というよりクソ野郎を演じる姿には違和感が。徹頭徹尾クソ野郎だったので終盤にはデンゼル・ワシントンが嫌いになりそうな>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.0

殺人犯が6人同じ小さな町に集まる、というシチュエーションはこれから何が起きるんだろうというドキドキ感があるが、盛り上がりはそこがMAXだったかな。ほとんどはただそこに集まったというだけだったし。そこか>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

天才生意気少女があまりにもかわいすぎる。普段は胸糞系とかサスペンス、アクションを好んで見て、こういう感動系はあまり見ないのだが、この映画はメアリーの魅力に完全にやられた。泣かせにきてるのは分かっていて>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

4.0

前作が思いの外良かったので今作は映画館にて。オープニングから思わず笑ってしまい、それがラストまで続くのは凄い。前作のショボショボ残念CGから少しは進化してるし、シリアスなシーンやアクションもアクセント>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.5

こんな酷い人種差別が実話だとは。警官の尋問も裁判結果も全てが不条理で胸クソ悪い。こんな酷い結果になるということは、アメリカの社会全体がこんな人種差別を認めているという事に他ならない。それはこの事件から>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

3.5

125名の画家による1秒12枚、62450枚の油絵によるアニメーションで作られた作品。各シーンはゴッホの絵画を元にして作られているので、まるで絵画の中で物語が進んでいくよう。ストーリーはゴッホの死の謎>>続きを読む

息もできない(2008年製作の映画)

3.0

『クソ野郎』しか言わないヤクザな主人公と、口の悪い女子高生、共通点などなさそうだが酷い家庭環境で育った主人公、現在進行系で家庭環境の悪い女子高生、ふと心が通う場面もあり、暴言と暴力の中にほっこりシーン>>続きを読む

風に濡れた女(2016年製作の映画)

3.0

いやもうツッコミどころしかないまま進んでそのまま終わる感じ。バイオレンス・アクロバティック・セックスwww

新しき世界(2013年製作の映画)

4.0

潜入捜査系の映画は、ストーリー進行上必ず身分がバレそうになる場面があるが、そのシーンの緊張感は凄い。ありがちな潜入捜査系の映画に留まらず、兄貴分との友情が涙を誘う。板挟みになりながらも最終決断に向けて>>続きを読む

>|