世界

宮本から君への世界のレビュー・感想・評価

宮本から君へ(2018年製作のドラマ)
4.5
 宮本が社会の厳しさとぶつかっていく。その厳しさは理不尽な正論。真っ直ぐで頑固で破天荒な宮本の考え方は誰しもが胸の奥にあるはず。その違和感が自分を突き動かす。一生懸命必死に目標にたどり着こうとすると、自分が一番頑張ってるように思えてくる。でも実際そんなことは無くてみんな必死に頑張ってる。失敗すると、一瞬もうそれで終わりのように思えてくる。でもみんな失敗して成長していく。確かに綺麗事ばかり言ってられないが、綺麗事は通らないのか。綺麗事は悪い事か。曝け出すのは恥ずかしいか。もっと正直になってもいいと思った。