宮本から君へのドラマ情報・感想・評価

宮本から君へ2018年製作のドラマ)

公開日:2018年04月06日

製作国:

4.0

あらすじ

文具メーカー「マルキタ」の新人社員・宮本浩(池松壮亮)が、営業マンとして、人間として成長していく青春ストーリー。

原作

  • 新井英樹

監督

  • 真利子哲也

脚本

  • 真利子哲也

主題歌/挿入歌

  • エレファントカシマシ

出演者

  • 池松壮亮
  • 柄本時生
  • 星田英利(ほっしゃん。)
  • 華村あすか
  • 新名基浩
  • 古舘寛治
  • 松山ケンイチ
  • 高橋和也
  • 浅香航大
  • 酒井敏也
  • 蒼井優
  • 新井英樹

「宮本から君へ」に投稿された感想・評価

shiori

shioriの感想・評価

4.7
0

このレビューはネタバレを含みます

続編希望です。
オープニングとエンディングがここまで凄いドラマはあんまりないんじゃないかな?
池松くんがずっと宮本なんだけど、9話からがらっとさらに宮本になった。
(自分でもなにいってるか…分かる方いるかな???)
松ケンの先輩役がすごい好き。
とも

ともの感想・評価

3.8
0
漫画原作でちょっと昔の時代が舞台だから、今の時代宮本みたいな営業マンはいないだろうし、昔はあんな熱い人いたのかな。

宮本はすごく不器用だけど、意味分かんないくらい一生懸命で周りが見えなくなる。
でもその一生懸命さが色んな人に影響を与えた。

甲田美沙子は、最終話とかくそだったw
でも宮本が全部吹っ切ったから良かった!

松ケン含め、宮本の上司は良い人ばっかだった。

原作読みたい。

撮影場所が母校のすぐ近くで、なんなら通ってる頃に撮影してて悲しい😢
0i7

0i7の感想・評価

4.5
0
原作未読
オープニングがまさに象徴的だけれど、こんな晒け出した表情ができる池松壮亮さんは凄すぎます
池松さんはクールなイメージがあるので、宮本役は意外でしたが、芝居の熱量があまりに圧倒的で彼のキャリアの中で金字塔的な作品になったのではないかと思います
宮本は身近にいて利害関係がなければ元気をもらえたり刺激を受けたりすると思うのですが、利害関係があったら間違いなく脅威的な存在だなと思いました
あの無様さにどんな狡猾さも勝てないと思います
松ケンさんは『となかぞ』然り器の大きい人の役が似合うなと思います
本作の神保役の台詞回しがとても良かったです
ゲスト出演・カメオ出演も豪華で片岡礼子さん、鶴見辰吾さん、篠原篤さん、上地春奈さん、杉村蝉之介さん..といったちょい役にもったいないくらいの豪華俳優陣でしたが、中でも峯田和伸さんは格好良い‼と一人の部屋で声を発するくらい素敵でした
本作の主演である池松さんと本作のエンディングを務めたMOROHAのアフロさんの対談が熱くて格好良くて痺れるので本作鑑賞した人は併せて読むことをお薦めします
以下はドラマの中で登場した印象的な言葉です
「上手く行かないことに駄々こねてるんじゃなくて、中途半端に終わることに駄々こねてるんです。このまま終わったら俺、きっと頑張ったってことで満足しちゃいます。そんなもんクソくらえです。俺は結果を噛み締めたいんです。勝ちでも負けでも」
「スカした顔して第三者ぶる奴が嫌いだ。当事者が懸命になるのは当然だと信じていた」
「経験の範囲だけで事の正誤を測るのは間違っちゃいませんか」
「お前ら、清い正論通る世の中やないで。なぁ、そらこの先も変わらへんことや」
「清い正論通る世の中にしようと努力せんかった人間が所詮世の中変わらんと言うたらあきませんやろ」
「上に立つ人間が部下の可能性の間口を狭めてどないするんですか」
「人間の意地や誇り、蔑ろにするのがプロの仕事ですか」
「力がないっていうのは本当に嫌なもんだな」
「俺、幸せ貧乏だから、大きな幸せで喜んじゃうと大きな不幸がやってくる気がして」
「お前が正論口にするなよ。自分の手ぇ汚す度胸一つ無い奴は一生口開けず縮こまってろ」
「些細な苦労に縋ろうとしていた。努力の分だけ報われようとしていた。男なら全部、力づくで奪い取れ」
「信じた奴がリスク背負うのは覚悟の上だろ。綺麗事言うなよ。お前を認めた人間はお前に焼かれようが食われようが文句言われる筋合いどこにもねぇよ。お前のそういう情けない態度がお前を認めた人間をどれだけバカにしてるのかわかってんのか。のぼせ上がんな、ばかやろう」
まりも

まりもの感想・評価

4.5
0
とにかく宮本の美しい生き方を見ていると、自分もがんばろうと思えた。アホで不器用だけれども、自分の信じたものを貫く強さを持つ宮本が神々しい。

役者陣も皆がそれぞれ良くて、特にほっしゃん。の良さには驚きました。いつも微妙に口の端によだれを垂らしてる上司役、古舘さんも良かったなあ。もちろん池松くんがいなければ始まらない。
ちゃんと人間を描いているドラマってそんなにないと思うんです。全てにおいてクオリティの高い作品を観てる今って感覚がありました。
ゆみ

ゆみの感想・評価

5.0
0
アツイ オープニングとオープニングの池松くんと エンディングに惹かれた
原作への愛しかないですね
くぅー

くぅーの感想・評価

3.9
0
BSにて2話見終えましたが、この後の展開に期待。
池松壮亮、今回はどう化けるのかな。
ぼくの名前は!宮本浩です!!!

とにかく、アツイ男の物語。

op エレカシ

そうLet's go!!
Easy Easy 転んだらそのままで胸を張れ
涙に滲んだ過去と未来 Oh baby俺は今日もメシ喰って出かけるぜ!

ed MOROHA

真っ暗闇の未来に描き殴る
蛍光ペンを求めて
半径0mの世界を変える
革命起こす幕開けの夜!!

opから本編、edまで、とにかくアツイ男達が詰まったドラマ。


原作途中までしか見たことないから、1から全部読みたい。
それから、またドラマ見返したい。

胸を熱くさせてくれるドラマでした。

宮本のように、泥臭くても妥協せず歩める男になりたいと思いました。


夜中に書いたので、すごく感傷的ですね。
もう寝ます。
うぱ

うぱの感想・評価

-
0
ちょっとあれだ3話目で挫折。

評価良いからきっと面白い。、、はず。

OP.ED最高すぎるは激しく同意。

蒼井優ちゃん出てくるところまで見たかったです。
mako

makoの感想・評価

3.0
0
池松壮亮の熱い宮本がよかった。
突然出てきた蒼井優もインパクトあった〜



熱いサラリーマン劇が、心地よかったんだけど、原作は漫画なんですね。終わるの勿体無いなーって思ったので、ぜひ映画化希望です。
motoietchika

motoietchikaの感想・評価

4.3
0
とにかく熱い。サラリーマンの青春モノ。池松壮亮が不器用な男を演じきっていて、役が似合いすぎだ……

他のほとんどみんなハマり役。
それにOP,EDどっちもいい。

ただ原作のエピソード盛り込むのはいいけどやや投げっぱなしの人物がいたりぶつ切りのストーリーにみえるところは勿体ない。TVドラマの制約ではこれがベストの判断にも思えるけど。