渡部克哉

デアデビル シーズン2の渡部克哉のレビュー・感想・評価

デアデビル シーズン2(年製作のドラマ)
3.6
エレクトラがいなければ3.8
エレクトラが本当に嫌いで嫌いで仕方なかった。映画だと普通に格闘術とサイ術を学んだ美女って設定だったか好きだったけど、このドラマのエレクトラは性根が腐ってる!
「ブルズアイ先輩!やっちゃってよ!」って心の中で叫んでた。マットが復讐心に燃えてる時はしょうがないとして、今現れたら関わんなよ。どう見ても怪しいし、関わってて損にしか思えないし、そもそもエレクトラが「か・わ・い・く・な・い!!」

エレクトラの話をしたらキリがないので。

パニッシャーよかったねぇ!
ジョン・バーンサルが見事冷酷なダークヒーローを演じててよかった。
パニッシャーはこれまで三度映画化されてるけど、魅力が発揮できてたのは2004年のトーマス・ジェーンのパニッシャくらいだった。
でも今作は悪人には容赦はしないアメコミに忠実なパニッシャーを観ることができて非常に嬉しかった。パニッシャーよ為にデアデビル見たようなもんだしね。

最後に一言
「頼むから日本人には日本人使ってくれ」