こまちょふ

仮面ライダー電王のこまちょふのレビュー・感想・評価

仮面ライダー電王(2007年製作のドラマ)
4.5
小学校以来で全部見たけどおもしろい!

「俺、参上!」とか「言っておくが俺に前フリはねぇ、最初から最後までクライマックスだぜぇ!」
ってよく叫んでたこと思い出した笑

個人的には34話、
元天才ピアニストだった男が、事故で意識不明になってしまったピアニストの青年のためにイマジンと契約して病院の前でピアノを弾くが、契約を完了したイマジンが過去へ飛び、それを追って良太郎(ウラタロス)は男の過去へ飛ぶが、現代へ戻ってくると男は消えてしまっていた。

この話が特に印象に残った。
そして極めつけは桜井侑斗のセリフ
「野上、お前が言ってたんじゃないか。
こいつの事は誰も覚えてないって、だからこいつは消えたんだ。」(多分こんな感じだった)

そして、「忘れられた人間は思い出されるまでデンライナーで待つしかない。」
これよく考えたらけっこー怖くね?なんて思ったけど、これをきっかけに良太郎は強くなろうと決意してた。

まぁ全体的な感想としては良太郎を演じてる佐藤健さんはかっこいいし、細かいところの演出もちゃんとしてた。僕も誰か1人にでも覚えてもらえるような人間になりたい!この後は映画観るよ!

「最初に言っておく!俺はかーなーりー強い!」
「最初に言っておく!この胸の顔は飾りだ!」