yama

ギャルサーのyamaのレビュー・感想・評価

ギャルサー(2006年製作のドラマ)
3.5

鈴木えみ、優勝。
まじこの頃のビジュアル最強過ぎて。
戸田恵梨香の強い口調最高だよね。
古田新太面白すぎるし、佐藤隆太めっちゃ合うし、キャスト最高。

幼い時見ててなにが好きだったのか内容が理解できてたのかはわかんないけど好きだったんだよね、このドラマ。

今じゃ絶対生まれないドラマだよね。

〜じゃん?思わねーよのくだりが
おもんなって思ってたけど回を重ねるごとに面白くなっていくし、深み増してくやん。

学校じゃ教えてくれない大事なことは全部、おっさんが教えてくれる。肝心なことを忘れがちな若者に、人間に。本当に大切にすべきことは何かを教えてくれる。ここにいたら考えなくて済むからここにいるってことに気づいたときそしてそこから踏み出そうとするときが、かっこいいよね。
最終回でうかつにも泣きそうになって、
いや泣かせるドラマではないよなってふと思って涙がひいた。ギャルがいなくなった時代でも見てほしいドラマだよね。

レミとおまわりさんの関係がいい感じだったわ。

この街、星が見えないほど明るい。なのに迷子になる少女が多い。必ず星が行先を照らしてくれる。シンノスケは少女たちにとって初めて心許せる大人だったんだろうな。その飾らなさ、嘘のなさが信用に値したんだろう。

自分も当たり前の環境に感謝をしなきゃ
そしてあたりまえにやってることになんで?って疑問を持たなきゃ。