幸祐

ウォーキング・デッドの幸祐のレビュー・感想・評価

ウォーキング・デッド(2010年製作のドラマ)
3.8
ゾンビの世界で生き延びるというスリルとともに、知らない人々が互いに信頼しあい仲間になって行くが、そこに芽生える愛情や葛藤、裏切りが表現され、かなり重い気持ちになる作品。
最後の最後にハッピーエンドは来るのか?