na

ドクター・フー シーズン4のnaのネタバレレビュー・内容・結末

ドクター・フー シーズン4(2012年製作のドラマ)
4.5

このレビューはネタバレを含みます

ドナ、キャラクターも演技もすごく良くてローズの次に好きなコンパニオンになった。
お爺ちゃんもかわいいしドナとの関係性が良い。

ローズと再会、短かったけど嬉しかった。
なんかやっぱり2人でひとつっていう感じがするんだよな。あの2人でいるときの空気感が1番良い。無邪気でノリが同じっていうか。
半人間のドクターとドクターに挟まれて、半人間ドクターを選ばせたドクターも、(選択の余地ないけど)選んだローズも切ない…もやもやが残る…悲しい…。半人間ドクターも切ないけどね。
ローズとまた旅に出る方策はないんか?とどうしても思ってしまう。
「みんな相手を見つけた」って台詞と、言えなかった言葉を「言う必要が?」って言いながら片割れが耳打ちしてからのキスをめちゃくちゃ複雑な顔で見るドクター…
特にテナントのドクターはモテたから女性の匂いちょくちょくさせてたけど、本当に愛してたのはローズだけだよね(少なくとも私が知っているS1以降)。
ローズと半人間ドクターのそれからの人生を映画化してほしい。切実に…

半タイムロード化したドナも更に魅力的で興奮したけど、そうなっちゃうか…。悲しい。
楽しい人生を送ってほしい。
時の終わりのラストでは相変わらず超面白い姉ちゃんで微笑ましかった。

ローズもマーサもドナも、ドクターと旅した子はどんどんかっこよく、頼もしくなっているのが最高。
(マーサ、婚約者いたのにミッキーと結婚してる?)


タイムロードの仕組みがわからないから、何故身体が変わるだけなのに口癖や性格が変わるのか疑問だったけど、時の終わりまで観て少し理解できた。
身体ごとに個性があって個々の人格のようなものがあり、同じタイムロードだけどそれぞれ違う。再生=1つの「死」。
10代目テナントドクターがそれを教えてくれた。
9代目ドクターはそれを考えると大分あっさり再生したね。ローズが変わらずそばにいたからかな。

追記:改めてそのシーン(9代目再生)を見返してみると、ローズがまだタイムロードについて知らないのもあって心配させないように隠してるけれど、凄い哀しさが窺えた。ローズを救って、更に気遣いながら再生という名の死を受け入れる9代目ドクターもやっぱり大好き。

ドクターが再生をギリギリまで耐えたのとか色々疑問に思うところはあるけど…。タイムロードのことは結局わからん。
地球の仲間の所を「このドクター」として、最期に訪れて命を救ったりして、最期の最期に訪れるのが出会う前のローズっていうところでもう堪えきれず号泣した。他のみんなみたいに危険があったわけでもなく、特別な日でもないローズに、ただ最期に会いたくて訪ねたドクター…。構ってもらおうと咳き込んだり、泣きそうになったりしてるドクターと、笑顔が眩しい、まだただの女の子だったローズ。
ドクターとローズがやっぱり大好き。

テナントのドクター、最初はあまりハマらなかったけどすごく魅力的だった。
悲しい…
またS1からドクターとローズを見るために観返したくなっている。