magotaro

獄門島のmagotaroのネタバレレビュー・内容・結末

獄門島(2016年製作のドラマ)
3.9

このレビューはネタバレを含みます

「見られていた」の怖さ。
金田一耕助の狂っている一面を描いていたのが良かった。その、長谷川博己が狂い回っているシーン、ロケ地は佐渡のとあるお寺ですが、実際に訪れると想像以上に静かで古く、怖かった思い出。(良い所です)ナイスロケーション。