り

全裸監督のりのレビュー・感想・評価

全裸監督(2018年製作のドラマ)
4.0
ノンフィクションというところに感激を受けた。村西がただただ働くだけの社会人だったところから、社会の認識を変えるところまで人生をかけて行動したところに可能性を感じさせられた。
同時進行で進む黒木香のストーリーも良かった。自分のタブーとされて育ってきたことに疑問を抱き、興味を抱き、信念を貫き通して世の中へ発信していったところ、私には真似できない、強さだと思った。
性という今でさえも触れづらい分野が昔はもっとタブーであったことも、今後どのように子供世代へ伝えていくか課題であることも考えさせられた。
あと、ノンフィクションであることを強調するためか、時代の背景に拘っていたように思う。その時代の雰囲気や変化が画面越しに伝わってきて、勉強にもなった。