m

レ・ミゼラブル 終わりなき旅路のmのネタバレレビュー・内容・結末

4.4

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃ良作ドラマ。ドラマと言ってもフジテレビ開局60周年スペシャルとかで映画の尺だけど。

ざっくり言えば刑務所を脱走して罪を背負いながら別人として生きる主人公と、被害者の息子の物語。
レミゼを現代日本版にアレンジして震災と絡めたりしてて面白かった。三幕構成で親の仇を子供が、ってところは結構"プレイスビヨンドザパインズ"に近いと思った。

香里奈の役とか腎臓移植の件とか、伏線て言えるか分からないけどしっかり全部回収されてて脚本上手いなって思った。登場人物多いけど一度だけの登場じゃなくて最後まで絡んでくるし。

「亡くなったあいつに恥じない生き方をしたい。」
「犯した罪は消えない。それでも人はやり直せる。」

キャスティングは吉沢亮のその後をディーンフジオカが演じてたのが私得すぎた(日本で好きな俳優ツートップかも)。長谷川京子は悪役がハマりすぎてて本当にイライラさせられてしまった。

人生で選択に迷った時、難しい方無理だと思った方を選ぶ生き方をしたい。