いとり

セックス・エデュケーションのいとりのレビュー・感想・評価

セックス・エデュケーション(2019年製作のドラマ)
5.0
最高に面白くて切なくて甘酸っぱい。中絶反対派の人たちとのエピソードで思ったけど、このドラマは「自分と違う人、理解できない人はいてもいい、ただ一緒に生きていくことはできる」っていうメッセージが根底にあると思った。もちろん性教育としてもちゃんと意味のある作品。
音楽とファッションもサイコー。