shar

チェルノブイリのsharのレビュー・感想・評価

チェルノブイリ(2019年製作のドラマ)
5.0
5話完結ドラマですが、これは長い映画。
そして人類が見るべき映画。

事故が起こる前半。
起きた後の中盤。
真実を追求するラストの法廷シーン。

どのセクションもそれぞれスンバラシかった。

政府の人間たち
科学者たち
発電所職員
医療従事者
一般市民
原発事故という軸の中で、
それぞれの人間の視点で丁寧に描かれており、
誰もが理解しやすく構成されてる。

くだらない“嘘“と“自己都合“が何万人も殺し、
地球の一部を殺した。
ラストの5話は特に、エンドロールまで全身の毛が逆立つような感覚で見た。この歴史には憤りしかない。


史上最悪と言える事故であることは周知の事実だが、
更なる史上最悪になるはずの事故を、死をもって止めた人間達が何百人といた事は知られていない。

腐敗した国家、社会の中で、死を恐れず行動した先人に恥じぬよう、
私達ひとりひとりが、日々考え抜いた選択を、繰り返していかなければならない。