チェルノブイリのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「チェルノブイリ」に投稿された感想・評価

non

nonの感想・評価

5.0
0
上層部と現場の温度差、犠牲になるのはいつも何の罪もない人たち。地下の排水作業や屋上の最も危険な地域での作業を人を犠牲にして行ったことが重い。
コロナ下でオリンピックを開催しようとしている日本とも被る。
そして、人の犠牲だけでなくペットなどの動物の殺処分を行っていたことも知った。バリコが親子の犬を見つけたシーンは涙が止まらなかった。

最終話『真実』で、ボリスが小さな虫を見て“美しい”と呟くシーンに胸がギュッとなったし、法廷でのヴァレリーの言葉が重く響いた。

ボリス役のステラン・スカルスガルド氏とヴァレリー役のジャレッド・ハリス氏、とてもよかった。

今作を観て、原発の仕組みもなんとなく分かったし、どんなにウソを塗りたくっても真実は消えないことも分かったし、命の大切さも、人の大切さも教えられた。
観れる人はみんな観た方がいいと思った。
MEG

MEGの感想・評価

-
0
1話がただただ絶望ですな。すごいドラマだってウワサ聞いてたけどすごかったです。
シエン

シエンの感想・評価

3.9
0
優れた技術があっても、それを使う人間しだいでいかようにも変わってしまうことを思い知らされるドラマだった。
どこまで実話に忠実に描かれたのかは分からない。
しかし、調べてみたらチェルノブイリ事故の根本的な原因が、ドラマで描かれたように当時の改良前のRBMK炉の欠陥だったことは事実みたい。
密告隠蔽社会の構造から生まれる、人間の一つ一つの行動様式が折り重なり、悲惨な事故になってしまったのだろう
原子力という高レベルの技術を扱う者たちであっても、威圧・マウント・出世・失職そういったものに囚われてしまい、もっとも重視すべき安全を疎かにしてしまうのだということを知ることができるドラマでもあるのだろう。
たこやき

たこやきの感想・評価

5.0
0
これは傑作
一気に観てしまった

東日本と重なる場面がありこの怖さが良く分かる
是非観て欲しい!
CHIO

CHIOの感想・評価

-
0
息子にすすめられて、金曜の夜に一気に視聴。

実話に基づく、みるべきドラマでした。
Koshino

Koshinoの感想・評価

5.0
0
度々ノンフィクションということを忘れてしまうけどこれは現実に起きた世紀の大事故についてのお話
とんでもない大事故だったんだろうな、ってことは知ってるつもりでいたけど想像を遥かに超えていて世界規模の大事故だったんだなと何度も鳥肌が立った
嘘の代償の恐ろしさを思い知らされる

避難時の放送音声とかずっと字幕無しで見てたけど集中力切れちゃったからそこだけは日本語吹き替えにするのもありかも
何となく言ってる内容の想像はつくけどちゃんと理解出来た方が緊迫感をより想像しやすかったので
いくた

いくたの感想・評価

4.8
2
5時間の地獄。

重いし辛いし胸糞悪い。
2話を見たあと、2ヶ月も見るのをやめてしまった。絶対に見るべき作品だけど、軽い気持ちで見ると後悔する。

「嘘の代償は?」

冷戦下のソビエト連邦、多くの事実は意図的な嘘や隠蔽によって塗り固められる。その犠牲は無慈悲にも住民や職員ら、罪なき人々に向けられる。どう隠し通すかを考える悪徳な政治家とは対照的に、事実を白日のもとに晒そうと奔走する科学者の姿があった。

最初の自殺シーン、最後理由を知って、辛すぎて、きつい。

個人的に3話の夫婦がショッキングだった。一瞬にしてボロボロになる放射線の恐ろしさ。赤ちゃん...。

日本でもたった10年前に悲惨な原発事故が起きたけど、どうして歴史は繰り返してしまうのか。家畜を殺したり、住民を無理やり避難させたり、重なる部分が多くてやるせない。

見るべき作品。傑作でした。
U-NEXT独占配信です。
りりか

りりかの感想・評価

4.7
0
大傑作🐻‍❄️
とてもリアルで恐ろしかった。
政府の隠蔽体質や体裁を取り繕うのに必死な様子も、人々の無知も怖かった。
恐ろしい リアルすぎる 
汚染水に浸かるシーンで普段絶対聞かへんて思える荒い息づかいがむっちゃ怖い
へんに美化したりしてへんし悲しそう〜なBGMもない 
一気に見たけどアッと言う間やった
pitt

pittの感想・評価

4.4
0
これを面白いと表現するのは不謹慎極まりないとは分かっていても表現のしようがなので面白かったと書かせてもらう。
この日本に生まれて核爆弾や3.11を経験しているのでやはり他の国よりも原子力や放射線というものに敏感で、原発事故という恐ろしい人災は原子力発電を扱う国として常に隣り合わせだということを知っておく必要があると思う。
そういう意味でこのドラマを視聴した。全5話からなるドラマなので非常にとっつきやすく感じた。
かつて旧ソ連ウクライナで起こった人類史における最悪の原発事故の一部始終を描いたドラマで、とてもとてもリアルに描いていた。
被爆した作業員の映像がただただキツい…
でも目を逸らせない。これが現実に起こったことなのだ。
原発なしでは生活が出来なくなってしまっているのも事実、しかし本当に人間が扱える技術なのだろうか。豊かに暮らせるのは原発のおかげかもしれないが、そんなに豊かに暮らさなければいけないのだろうか。このドラマは観るべきだ。知るべきだと思った。
>|