Kanya

MIU404のKanyaのネタバレレビュー・内容・結末

MIU404(2020年製作のドラマ)
4.3

このレビューはネタバレを含みます

本筋は何度もこすられてきた刑事ドラマなのに、キャラクターがあまりにも良すぎる。野木亜紀子も俳優陣もさすが。
脚本も必ず予想を裏切るもので、それはもちろん凄いのだけれど1シーンごとのセリフでも凡百の脚本家とは違う裏切りがあるのに唸らされた。 
例えばだけれど、刑事から犯人に「生きて罪を償え」と言わせべきるところを「俺達と一緒に苦しめ」と言うシーン、ラスボスとなる名無しの男が「俺は誰でもあって誰でもない」などと言うべきところで「俺はお前たちの物語にはならない」というシーン。
良かったです。