Kaz

下北沢ダイハードのKazのレビュー・感想・評価

下北沢ダイハード(2017年製作のドラマ)
3.6
異なる創作作家が下北を舞台にしたストーリーを描いたオムニバスドラマ

下方沢をこよなく愛する劇作家(古田新太)が行きつけの🍸🥃バーのママ(小池栄子)に話をし始めるシーンから始まり感想シーンで終わる 語り手と聞き手役は毎回同じで話す話に出てくる演者は毎回異なる1話完結の都市伝説的なストーリーだ
ただ最終話だけは語り手であった古田新太が主役の話
世にも奇妙な…的な感じで観るには丁度良いドラマでした