TM

リベリオンのTMのレビュー・感想・評価

リベリオン(2002年製作の映画)
3.8
1人の男が感情を取り戻す話

争いを無くす為に感情が抑制された世界。特殊捜査官のプレストンはある日から人間性を取り戻していく…

ディストピアな世界観から熱い展開、無駄にかっこいい名称とめちゃくちゃ漫画っぽい映画。
脚本は正直大雑把だなと感じる部分が多く、細かな矛盾や設定の甘さがありとても惜しい。主人公以外のキャラがすごく薄く、いまいち物足りない。
後半に進む程プレストンらがテロリストにも見えてくるのは良かった(勝手にそう見ただけか)

主人公のクリスチャンベールの踊るように撃ちまくるガン=カタアクションがかっこいい!反動や薬莢はどうなってんだ!でもかっこいいからOK!
めちゃ強いベール、犬に甘くなるベール、少し微笑むベールとベールの魅力満載だった。

展開の大雑把さが目立ち、何か物足りなさがあるが、アクションはかっこよく、ラストカットも印象的だったので良し!

あとちょくちょく良い笑顔を見せる新パートナーのブラント。感情ありまくりでしょ…