リベリオンの作品情報・感想・評価

「リベリオン」に投稿された感想・評価

クリスチャン・ベイル無双!!!

第3次世界大戦後に、第4次世界大戦を起こさせないため、薬で感情を抑制する国家で生まれた最強の処刑人が主人公。
薬を投与すると、怒りや悲しみもなくなる代わりに愛情などの感情も抑制させれてしまうという設定。

いやー、もう、ひたすらにガン・アクションがかっちょいいっす。
つか、ガン・アクションを見るためだけの作品。
ストーリーやらクルマやら親衛隊達の衣装には敢えて突っ込まないでくれたまへ。

近距離を敢えて銃でいくところが新しめ。
でも結局日本刀が出てきちゃうところが日本人としては複雑。

マトリックス6:ガタカ3:北斗の拳1で混ぜるとこれができるかな。
あ、スティーブン・セガールをひとつまみ。

同じくキアヌが無双しているジョン・ウィックにアクションを足す代わりにストーリーが軽薄になっているので、点数的には同じにしておきました 笑
たぶんボリュームというか、総感動指数は同じくらいだと思われ。
だから設定は、深そうな空気を醸し出そうとしてるけどあまり深くないです。
あんまり余計なこと考えなくていい。

後半で軽くどんでん返しというか、「おお!」ってなるところがあるので、それはお楽しみに。
先週観賞のユニソルダメージを癒す為観賞…薬でみんなの感情を制御し思想統制しちゃってる世界のお話。所々ツッコミ箇所があるけど、無理に世界観を拡げたり、世界観以上の事しようとしてない所が好印象なSFアクション作品。傑作SF「華氏451」の世界観を思い出せてくれる所なんてかなり良い、ガンカタの発明よりCベールをこの後続くアクション作品に引っ張り込んだ点で意味ある作品だと思うなぁ~
Yui

Yuiの感想・評価

3.4
クリスチャンベイルなので見てみた。
大筋は読めるものの、最後までどうなるのか予測がつかなかったので引き込まれる。
アクションシーンがとってもスタイリッシュ。
アクションがめちゃくちゃかっこいい。ガンアクション好きには是非おすすめしたい。ストーリーもとても考えられている。音楽や演出、俳優陣の演技もとてもうまく組み合わされていて、世界観が崩れない。アクションをおいても見応えがある。
戦争を防ぐために人間の感情をなくしちまえ!的な独裁系近未来SFアクション。近未来的な雰囲気の中に古い乗用車、所持品管理にはタウンページのような分厚い本に違和感マックスだが、そこは置いておいて。人間感情捨てればただのロボット。だんだん感情を取り戻していくクリスチャンベイルの演技に見惚れる。ガン=カタも。そこまで強ければ英雄だね。よくある話のようだが、見応えのある映画でした。
tennisboyk

tennisboykの感想・評価

3.5
感情あるないの境界線が曖昧すぎる。
クリスチャンベールカッコいい。
Kohl

Kohlの感想・評価

4.0
時々プロパガンダ色が強いけど、オリジナル武術ガン=カタアホかっこいい
低予算でもめちゃめちゃカッコイイ。
主人公がなぜ相手の弾丸を喰らわないかを理論づけたガン=カタというアクション。
でもキャッチコピーの「Forget “The Matrix”!」
うーん、マトリックスは超えてないかなぁ。
>|