え

大日本コソ泥伝のえのネタバレレビュー・内容・結末

大日本コソ泥伝(1964年製作の映画)
3.7

このレビューはネタバレを含みます

壮大ドタバタ、繰り返されるギャグの応酬に若干疲れつつ、もう少しコンパクトだったらもっと気楽だったかも
子役が上手いというのかもはや怖くなる、寺田心的..

泥棒もれっきとした犯罪であるはずが、彼らに愛おしさすら覚えてしまう、気付けば応援している
にっぽん泥棒物語のような泥棒の前には、こんなコソドロたちが、、
足を洗うには風呂が一番、

長門裕之のもったいなさに勝る松原智恵子の無駄遣い感、と思ったら最後にきれいなところ全部持っていった