えさんの映画レビュー・感想・評価

え

学生、いっぱい観たい。
3.7以上はもう好き。

そして泥船はゆく(2013年製作の映画)

3.9

渋川清彦、本当に似合う、最高、、
キレまくりだけど馬鹿で笑えちゃうし愛おしい
3部が遊びすぎてて笑うしかなかった、

たしかに、生きてることって馬鹿らしいかも〜

(1997年製作の映画)

3.8

歪みが重なると、それはもう歪みではないというか、そもそも別に歪んでないんじゃないか、

終始息苦しさや不可解さから抜けられないこの感覚、自分の日常では得られないと思いながらも、ここで描かれていることは
>>続きを読む

ソレダケ that’s it(2015年製作の映画)

3.3

モノクロのせいかより緊張感増してゾクゾク、色がついてホッとしたかと思えば、むしろ焦る、、

善とか悪とかもうわからなくて、多分どうでもよくて、ひたすら突き進んで、それだけ..
笑っていいのかどうなのか
>>続きを読む

お盆の弟(2015年製作の映画)

4.2

兄弟の会話、友達との会話、男女の会話、とにかく会話が好きだった、
さりげない笑いとかそれだけで終わらないこととか刺さることばとか
みんなの弱さが見えるのも、心を掴まれる

岡田浩暉の良さ!
孝と親友と
>>続きを読む

下衆の愛(2015年製作の映画)

3.9

感情の曝け出し、よかった
目を背けたいけど背けられない感じ..

苦さ、醜さ、やるせなさ、、
笑いがあるのがよりリアル

こんな世界は嫌だけど、
人間なんてこんなものか..
きっと大切なのは、実際の映
>>続きを読む

マンハッタン(1979年製作の映画)

4.0

ウディアレンに恋愛のアドバイスをしてほしいと彼の作品を見るたびに思うし、最近は、この状況ウディアレンだったらどうするかな、とか考えてしまう

泥棒野郎(1969年製作の映画)

3.8

こんな強盗、ウディアレンにしか描けない、こんな人が犯罪者だったら許しちゃう、、
誰も傷つけてないからな

チェロでの行進に差し入れの卵に石鹸の銃に、、
こういうセンス持っていたい〜

そして愛も忘れて
>>続きを読む

青い春(2001年製作の映画)

3.8

どこまでも痛い

突き刺さることばに、青春のように、焼きつくシーンがたくさん
あの頃の、みんなの抱えてるものがじわじわと

ミッシェルのかっこよさを知る。。

ラブ&ピース(2015年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

長谷川博己が冒頭から引くほど素晴らしい、、
西田敏行の酔っ払いも最高

ワクワクとゾクゾク
主人公の変貌ぶりに始まって、サンタクロースだとか捨てられたものたちだとか、
ワクワクしながら観ていてもなんだ
>>続きを読む

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

3.9

登場人物たちの気持ちがドクドクと伝わってきてこちら側に入り込んでくるような、入り込んでしまうような、感覚

シーンの切り替えが所々気になってしまったが、沈黙や音の存在が印象的

家族になろうとしている
>>続きを読む

ザ・ビガイルド(原題)(2017年製作の映画)

3.4

@Rio Theatre

わざとらしい描写や脈略のなさに笑いが、、
衣装や雰囲気が素敵で心地よい

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8

@Scotiabank Theatre

関係のない人たちの死が多い映画は苦手だけど、ここまでだともはや楽しめてしまう
なにより音楽と映像、迫力とドキドキ〜

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ところどころのセリフや展開にしっくりこなくてもはや笑っちゃうところが、、
あからさまに音楽で盛り上げるようなのも気になってしまった
画の切り取り方とか目線の捉え方とか、ひたすら恐怖にかられる映像ではあ
>>続きを読む

水の中のつぼみ(2007年製作の映画)

3.9

この子たちのその後の人生にすごく影響があるだろうなという時間を切り取っているようで良い
映画ってそういうものかもしれないけど、質感とか空気感とかがリアルだからか、それがひしひしと
映画が終わっても、そ
>>続きを読む

インテリア(1978年製作の映画)

3.7

すごく静かに進むから、曲が流れるところではっとした
かと言ってそれで気分が明るくなるようなものではなく、安心できるものでもなく、どこか違和感があって、それはこの家族が持つ息苦しさとかに起因しているよう
>>続きを読む

サード・パーソン(2013年製作の映画)

3.6

途中で感じた違和感を消化しきれず、、
解説読んでしまった、、

虚しさが残る

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

4.0

覚悟ができるまで避けていたがついに観てしまった、、

豹変というのはこういうものなのだと思った
すべてが蝕まれていく感覚
後戻りができない
容赦のない死、血、生、狂
剥き出しの感情
目を離したいのに、
>>続きを読む

ステート・オブ・グレース(1990年製作の映画)

3.6

長髪でキレキレなゲイリーオールドマン最高〜
若きショーンペンのかっこよさはやっぱりたまらん

役者に見惚れる

カジノ(1995年製作の映画)

3.9

よくこんな映画が作れるなあ、、

意外と愛の話

服が素敵やな、デニーロのスーツ楽しい

>|