えさんの映画レビュー・感想・評価

え

学生、いっぱい観たい。
★はそのときの感覚。

映画(790)
ドラマ(193)

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

一生分の鳥肌が立った、、、
演者もすごすぎ

TCXでドルビーアトモス最高、これであと3回は見たい、

変態だ(2015年製作の映画)

3.0

自分前野健太のライブ行って泣いてる人なのでなんだかだんだん悲しくなってしまった、笑
嫌いじゃないけど、

きみはいい子(2014年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

感情が整理しきれない、

物語としてあまりにも美しすぎるところがあるような気もしたけれど、ラストでその感覚は揺さぶられる

子ども時代はやっぱり圧倒的にその人自身において重大だし、子どもを育てるという
>>続きを読む

華氏 119(2018年製作の映画)

-

世の中、知っているつもりのことが多すぎる
生きている限り政治とか金とか性とかこういうしがらみのなかで生きていかなければいけないのだな、それは国を跨いでも同じで、
アメリカという国におけるいろんなひとの
>>続きを読む

永遠に美しく…(1992年製作の映画)

4.0

細かいところまで狂ってて最高
話もちゃんと回っていてたのしい
こういう笑い大好き、フォレスト・ガンプより断然好き

リセル超美しいと思ってたらブルーベルベットの人だしイングリッドバーグマンの娘か、似て
>>続きを読む

殺人の追憶(2003年製作の映画)

3.5

後半にかけての鬼気迫るものには惹かれたが、事件が事件なだけに途中の中途半端なおふざけというか、刑事の態度は受け入れられなかった..
笑いきれない感じ
単純に女として嫌な気持ちになった、
それこそ犯人に
>>続きを読む

(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

@東京国際映画祭
細かい描写はあまり覚えていないが、数年前、原作をのめり込んで読んだ覚えがある
武監督と村上虹郎で、期待の実写化


終わった後の興奮がすごい
トオルと一緒に鼓動が高まっていく感じ、「
>>続きを読む

半世界(2018年製作の映画)

3.3

@東京国際映画祭
元SMAPファンらしき人たちがたくさんの中、

みんなのことを理解しようとする前に置いてかれていくような感覚で入り込めなかった、稲垣吾郎の演技をあまり見たことがなかったので、耐性がな
>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.8

@試写会

生きていることにもっと余裕を持てたらいいのに、
いきすぎて躁になって、また鬱がくるってこわくなる気持ち、疲れるって思いながら、生きてる限りそれから逃れられない苦しさ
うまく生きられない涙
>>続きを読む

キツツキと雨(2011年製作の映画)

3.9

@東京国際映画祭
役所さん拝めました、ありがとうございます..


だれかがいたからっていうことって確実にあるよなとおもう
それは、ぜんぜん違う世界のまったく関係ないはずの人だったりする
沖田監督の作
>>続きを読む

サイレント・ランニング(1972年製作の映画)

3.5

どんどん虚しさが募る


この時代の宇宙モノの発展途上な感じすごく好き

ミックス。(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

完全に瑛太に惚れ(直し)た..

最高のキスシーン〜〜

古沢さんってこんなにクサい感じだったっけ、

蒼井優もっと見ていたかった

みなさんもっと森崎博之を使ってください!

プリズナーズ(2013年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ものすごくじめっとした恐怖感、嫌な疲労感、、

ケラーの言動とか警察の働きとかあれあれってなるところもあったけれど
終盤、カーアクションで煽る感じもなんだかんだで楽しんだ、
ラストも嫌いじゃない
若干
>>続きを読む

あなた、その川を渡らないで(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

こういうのって演出がかっているところもあってあまり得意ではないんだが
思わず涙が溢れてしまった、

老いと生死をひしひしと感じる
まだおじいさんが亡くなる前にみんなそんな辛い顔しないでほしかった..
>>続きを読む

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

3.7

70's showの人〜!

まさに映画だからこそ、という映画


みんなが言うほど心打たれてないのでちょっと心配になってる、

デイジー・ミラー(1974年製作の映画)

3.3

原作で充分かな..

タクシードライバー前のシビルシェパード!かわいい

トガニ 幼き瞳の告発(2011年製作の映画)

-

心が痛すぎる
加害者側の理解ができない、怒りしか浮かばない
繰り返される絶望に目を離したくても離せない、ちゃんと見なければいけないと思う
人間ってなんでこうなんだ

フィクションのシーンもあるが、原作
>>続きを読む

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

4.0

是枝監督の弔辞を読んで、台風が迫る中ゲオに駆け込んだ
彼らにも、台風が迫っていた

是枝監督が切り取る風景はなんだか笑えてしまって愛おしくて切ない
ちゃんと、生きてるなと思う、どんな風にでも、みんな
>>続きを読む

あの夏、いちばん静かな海。(1991年製作の映画)

3.9

終始やさしさがある
ことばや、手話ですらないからこそ、そこにあるもの、

静かな衝撃


こういう映画作れるのは、やっぱり本当に映画が好きな人なんだろうなと思う

このヒロインの子みたいな顔、すごく好
>>続きを読む

残像(2016年製作の映画)

3.8

こんなことが
ずしん、と

芸術家という存在について考える

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.8

見たことのないような映画、今まで味わったことのない気持ちになる映画、、

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.6

この2人というだけで満足
ライアン・ゴズリングのコメディ感が楽しい◎
ストーリーはかなり荒いがクライマックスのアクションなど楽しい要素は満載
ところどころの伏線回収があからさまというか、なんとも笑って
>>続きを読む

旅情(1955年製作の映画)

3.7

服が素敵、
着てるワンピースぜんぶほしい、、

ジェーン、その表情や姿から、ことばや外見以上の感情とか美しさとかが滲み出ているようでどんどん惹かれていく

レナートとちゃんと出会うまで、想像以上にひと
>>続きを読む

バーレスク(2010年製作の映画)

3.6

こんな風に生きたい。。

ストーリーはともあれ歌と踊りに魅せられる
Tough Loverには思わず鳥肌

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

4.0

観ている間は、もうやめてって苦しくて、
どんどん笑えなくなって、
束の間の愛しさ、圧倒的ショック
奇妙礼太郎の主題歌を最後まで聴き終えたところで一気に、無性に、涙が溢れてくるようなそんな映画
吉田監督
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.7

もうもうゲイリーオールドマン!
この映画に限らずだが、演説(の演技)での良し悪しが役者のそれにも通じる気がする

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.7

福田雄一、
オリジナルとほぼ同じ?だけどそれはそれで両方見てるとよりたのしい

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

マーベルのヒーローの中でいちばん好きになった、かも

アントマン(2015年製作の映画)

3.7

あまり自分からは見ないジャンルなので、母がなんとなく見始めたのを横でなんとなく見始めたのだが、映画館まで2を見に行ってしまいたくなった〜〜

こういうヒーローものの笑いの感じ好き
細かいところは気にし
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.7

見なくてもいいかなと思っていたけど、昔私に漫画を読むよう勧めてくれた原作ファンの姉にこれもまた勧められすぎて見た
好きな人ばかり出ているし、とにかくキャスティングが◎と

やっぱり、キャスティング
>>続きを読む

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド ゾンビの誕生(1968年製作の映画)

3.8

今に至るゾンビの原点、感激、、


ゾンビが怖いはずなのに、もはやゾンビになってしまったほうが楽かもとか思ってしまうのがまた怖い、
ゾンビが蔓延る世界ほど秩序がない世界はやっぱりないだろうか、、人間の
>>続きを読む

いとこ同志(1959年製作の映画)

3.9

掴まれる
愉快さと痛さと救いと切なさと
いろいろなことの表裏が絶妙に描かれているような
うわ好き!っておもう画がいっぱいあった
監督の他の作品も観たくなるやつ

ヒロインがルーニーマーラに似ている気が
>>続きを読む

>|