ア

気球クラブ、その後のアのレビュー・感想・評価

気球クラブ、その後(2006年製作の映画)
3.5
青春は儚い。
美津子(永作博美)に好意があり、二郎(深水元基)がノリで入った気球クラブ。
もうとっくに終わっていた気球クラブは、解散と言われたら言われたで切ない気持ちになる。
美津子の気持ちを考えたらより切ない。
もうあの美津子の事なんて「うわの空」の気球バカは死んでいるから聞こうとも聞けないモヤモヤ。
気球の手紙はなんて書いてあったんだろう。
どうせまた大した内容ではないんだろうなと思ってても気になる。
観終わった後に余韻が残る感じの作品。