気球クラブ、その後の作品情報・感想・評価・動画配信

「気球クラブ、その後」に投稿された感想・評価

川本凌

川本凌の感想・評価

3.2
正直あまり印象に残らず...

でも気球って何となく好きかも。大空にぽつんと浮かんでる感じが。一度乗ってみたい。

気球の中の飲み会、部屋の中にたくさん浮かぶ風船とかは良かった。
お

おの感想・評価

5.0
きろく
本当かどうか、そんなことは本人たちにしかわからない。
そういうものを確かめたり、見つめたり、その時を待つ人間はいつでも強くて魅力的。
だけどたまに『あれが欲しい』とふと実感した時にたまらなく悲しくて辛くて胸が締めつけられるんだよな、、でもそん時って1番惹かれる瞬間だったりする。
それがちゃんと捉えられていた。
みどりに話をする美津子の涙のシーンはとっても良かったでした。
あと、シンプルに気球クラブ楽しそう。

永作博美ブーム到来、最高です。
sumako

sumakoの感想・評価

3.3
2020.187
気球ってモチーフ良かった。
園子温フィルム掘り出し物映画。。。
グロくない!!!
なんこれ淡いよ

それでも下着はやっぱりドンキで買ったようなやつなんだよな笑そこら辺は園子温監督っぽい

気球BARなんか素敵羨ましい私もやりたい

深水元基かっこいい
人が事故って死んでもその元カノ思い出して自慰するのが男なんだよなぁ
栞

栞の感想・評価

3.4
良い意味で園さんっぽくなくてよかった。他の監督で例えるのは邪道かもしれないけど、少しエッチな要素を足した岩井俊二監督っぽい。
永作さんが良い役してた。
ヤマサ

ヤマサの感想・評価

3.0
ゆる粗すぎてダラダラみて、永作博美がまた謎でフラフラしてる女で、なんかイラついてたけどラストシーンで盛り返すように気持ちがわかって永作の役好きになった、、ラストシーンだけ観入った。

このレビューはネタバレを含みます

永作博美がいい。相変わらず。
バルーンにさえぎられてしまった手紙のエピソードはせつない。

ちょっとスカしたような女の人に見えて、実は1番恋人のことを思っていて、恋人がちゃんと自分を見てくれるのを待っていた。気球よりも、自分を。

全体を通して安っぽい映像なのが、サークル感をうまく映し出してる。
気球BARは素敵だったな。
夜、灯りをつけたときとか特に。

村上が、気球の上で美津子さんにプロポーズしたけど、
「地上でプロポーズして」
と言って、指輪を受け取るのを断った、という話。
あれは、バルーンにくっついて渡されなかった手紙の比喩なのではないかと思った。美津子さんによる。
あれは本当だった、という北二郎のナレーションが入るけれど。どうなのだろう。

気球クラブの拠点になってる家がいい具合にボロくていい。

なんかじわじわくるなぁ。
至って普通な学生達によるモラトリアムの話です。

時間無駄にしました。
ホームチームの人とか出てなかったかな。永作さん可愛かった。記録用。
自主制作映画みたいなテンションのいい感じのストーリー
5年後集まって連絡先を消すやつ、良いなと思ったけど今の世代ではこんな雰囲気は出来ないだろうなと思った

集まる理由があれば何だって良いんだよね、サークルなんて、青春群像劇〜
>|