気球クラブ、その後の作品情報・感想・評価

「気球クラブ、その後」に投稿された感想・評価

Michiko

Michikoの感想・評価

-
あああ私これ凄く好きだ
待ってたのにね、ずっと待ってたのにね
mory

moryの感想・評価

3.2
園子温監督と聞いてびっくり。見終わった後は夏が終わってしまう時と同じ、寂しさと時の儚さみたいなのを感じた。
雰囲気が好きな映画。『翳りゆく部屋』という曲を知り聴いていた。大学生の物語なので入り込みやすい。
Uknow

Uknowの感想・評価

3.0
そんなものは 重力に逆らって
いつか浮かんでくるまでほったらかしておけばいいんだよ

・永作博美の演技力

どんな運命が愛を遠ざけたの
チアキ

チアキの感想・評価

3.1
時の流れかぁー
大学の友達…会ってないな…

でも大学生になって
高校の時の先輩が自殺で亡くなって
逢いにみんな急いで行ったな…

でも五年も経ってないもんな…


お手紙なんて書いてたんかなぁ〜?

いしだ壱成さん髪の毛まだ遊んでた。

お手紙落ちて来てないのに
プロポーズはするんやね???
いしだ壱成さんの話ホンマかなぁ???
Hiros

Hirosの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

映像がドラマ的で好かない。
永作のエロさ。
いしだ壱成がまだギリでトレンディ俳優気取り。
ガチンコファイトクラブの斎藤一平。
気球乗ってみたいけど冷静に考えるとめちゃ怖い乗り物だと気づく。
気球の中での飲み会。
いくつになっても大学時代を思い出せそうなツライ作品。こんな緩い繋がりを消し去れない現代はそれはそれで趣が無い。
青春は儚い。
美津子(永作博美)に好意があり、二郎(深水元基)がノリで入った気球クラブ。
もうとっくに終わっていた気球クラブは、解散と言われたら言われたで切ない気持ちになる。
美津子の気持ちを考えたらより切ない。
もうあの美津子の事なんて「うわの空」の気球バカは死んでいるから聞こうとも聞けないモヤモヤ。
気球の手紙はなんて書いてあったんだろう。
どうせまた大した内容ではないんだろうなと思ってても気になる。
観終わった後に余韻が残る感じの作品。
Soichfork

Soichforkの感想・評価

3.6
とある気球クラブOBが、あることをきっかけに、ふたたび集まる。

「みんな薄情だなあ」
「5年ってそんなもんだよ」

たまたま似たような経験があるからか、すごい共感できたし、リアルだった。やはり時の流れって儚くて切ない。この映画に表現された儚さは、5年という月日の流れだったり、サークルというなんとなく表面上の関係性だったり、大学時代の曖昧な記憶だったり、”気球そのもの”がそれを表しているような気がした。そして彼の存在は、永遠に心の片隅に、気球のようにふわふわと居続けるのだろう。ミツコさんが切ない。ああ、切ない。時の流れにユーミンがぴったりだった。
2018/3/3

人の冷たさとか、すごくリアルだった。時間が経つと身内でも、親友でも、先輩でも、その人に何か起きても冷たくなっちゃうんだよなー。
それがリアルに見て取れた。

あの黄色い気球欲しい
>|