62355cinema5

ロスト・アイズの62355cinema5のレビュー・感想・評価

ロスト・アイズ(2010年製作の映画)
3.8

‘Invisible Guest’の脚本を書いた オリオル・パウロの作品。
しかも、デル・トロのプロデュースです。
ワクワクして観ました。

地下室で角膜手術を受けた全盲女性の首吊り死体が発見される。
そして、姉・サラの死に不審を感じた双子の妹・フリアが夫とともに調査に乗り出す……という所からストーリーが展開していきます。

次第に明らかになって行く姉の交友関係。

噂どおりに、姉には正体不明の恋人がいたのか?

隣人の怪しい男とその引きこもりの娘。
そして、サラの世話をしていたという近所に住む全盲の老女の存在も、真相解明を複雑にして行く。

やがて、フリア自身にも失明の危機が迫って来ます。

そして彼女自身にも不審な人物の影が付きまとい始めます。

果たして、姉の死の真相は?
フリアに迫る影の正体は?

そして物語終盤に明かされる真相…

ラストのシーンは、ヘップバーンの名作「暗くなるまで待って」へのオマージュでしょうか。
また、カメラのストロボ・フラッシュ📸も効果的な小物として利用されています。ヒッチコックの「裏窓」ですね。

最後の最後までハラハラさせる見せ方は流石でした。

ラストの「君の瞳に宇宙が見える」…泣かせる終わり方です。

次も同脚本家の作品「ロスト・ボディ」を観てみます。