うぇすと

シックス・センスのうぇすとのレビュー・感想・評価

シックス・センス(1999年製作の映画)
3.8
レビューに連なる“どんでん返し”の言葉につられ、ワクワクドキドキしながら鑑賞したのですが、開始ものの10分で「おや…?」となり、15分でそれが確信へと変わり、オチが読めてしまいました。
最後まで気付かずに見ることができたら、きっともっと楽しめたんだろうな、と残念です…。
し か し ! この作品の見所はそれだけではありません!!
マルコムと関わることでコールが徐々に良い方向へと変わっていく様子や、母親を始めとする周りの人たちとの関係が大きく変わるところが感動的です。
不気味な雰囲気を作りつつも感動できる作品なんて、他にそうそう見当たりませんよね。いや〜シャマラン監督すごい!

ちなみに、そもそもなぜ今作を見ようと思ったのかというと、シャマラン監督作品の海外ドラマ『ウェイワード・パインズ』を見て、その独特な不気味さにハマったからなのでした。