ひら

タクミくんシリーズ あの、晴れた青空のひらのレビュー・感想・評価

-
初めてBLというジャンルの作品に触れた。各人物の感情はよく理解できたけど、一番盛り上がるであろうベッドシーンで無の感情になってしまうから僕には向いていないと分かった。田舎の書店でもまぁまぁ大きいコーナーが設けられたり、腐女子というワードが一般化してたりと知らぬ間に多様化してるようで、一度触れてみるにはいい作品だった気がする。