Goach

独裁者のGoachのレビュー・感想・評価

独裁者(1940年製作の映画)
4.0
迫害されるユダヤ人と独裁政権をとる人間の二役を、チャップリンが演じた作品。1940年ナチズム全盛期に発表され、コミカルに迫害される方々の生活模様を描くと共に、アドルフ・ヒットラーを痛烈に批判している。

圧巻なのはラストシーン。迫害されている方のチャップリンが独裁者に間違えられ、全世界が注目する中での皇帝就任スピーチ。そこには、どの役でもないチャップリンその人のメッセージに見える。社会を発展させた機械と対比して、思いやりと愛を心に持つことが、人間たらしめると説く。

「憎んではいけない、愛されないものだけが憎むのだ」
など、CMや教科書に引用される至言が詰まっている。
後世に伝えたい一作。