「独裁者」に投稿された感想・評価

レポートの締め切りは2日前です
いつか提出したいです
最後のスピーチは伝説
仕草や音楽だけでの表現だけでは伝わらない言葉の存在は大きいなと思った。もちろん映画の中以外でも。
最後のスピーチでチャップリンがカメラ目線で話してて、安倍さんもこれやってたよなと思った
(安倍さんはチャップリンの影響受けたのかな?)
当時の状況を考えるとチャップリンすごいことしたんだなって思う
音楽に合わせて仕事するシーンがめちゃくちゃ好き
プロパガンダ?政治色?そりゃ見ればわかるが、チャップリンがアメリカ、ハリウッドでも後に淘汰されたように、リベラル観点を確かに持っていた人間であったことは確かじゃないか?
最後のスピーチには、トーキーが当時いかに流行だったかがわかる。同時にまた、チャップリンやキートンがやってきた”コメディの動き”が最も活かされ、そこに重きを置かれる時代はいつの間にか終わったんだということもわかる。
映画という文化の持つアイディアが激しく変化してきた、その例である。

まあ何を語っても、最後のスピーチは、映画”スピーチ史上”歴史に残るそれである事実は、間違いない。
我々は機械ではない

その通りだと思います
ライムライトの後に観たからか、
全く違うタッチに驚いています。

ですが、強いメッセージに変わりはない。

そう、私たちは人間だ。

やっぱり最後の演説が印象的

これが公開された1940年の状況を考えると
演説の内容により重みを感じる…

映画は希望の見える終わり方で良かった
>|