「独裁者」に投稿された感想・レビュー

ダースペーター
ダースペーターの感想・レビュー
2017/03/15
4.5
″映画ファン諸君!″
この映画は、チャップリンがいかに映画作りの天才であったか!を、よ〜く表した一本であ〜る!

チャップリンが今の世に生きていたなら、いったいどんな映画を作ってくれたのかなぁ〜、なんて妄想すると更に楽しめます(^^)
uedachiaki
uedachiakiの感想・レビュー
2017/03/14
5.0
言わずもがなの名作だよね
akane
akaneの感想・レビュー
2017/03/13
-
記録
ぴーちゃん
ぴーちゃんの感想・レビュー
2017/03/13
4.0
淀川長治さんは独裁者の撮影に入る少し前にチャップリンにあっており、そのときには「『街の灯』のような恋愛をテーマにしたものを作りたい」と答えたそうで、ある程度のプロットもてきていたそうな。それでもチャップリンは自らの考えを変えてまで独裁者の撮影に踏み切った。そんな彼の熱い思いが伝わってくる作品。
チャップリンが「独裁者」を撮る前にマルクス兄弟が「吾輩はカモである」で独裁者をテーマにしたコメディ映画を撮影しているが、政治色の強すぎると評判が悪く、マルクス兄弟の人気の終焉のはじまりとなった。こうした流れを知った上で、敢えて政治色の強いコメディを撮ったチャップリンの伝えたかったメッセージを、ぜひ感じてほしい。
かきくけかっこー
かきくけかっこーの感想・レビュー
2017/03/12
4.0
コミカルなだけだと思っていた。
風刺もしっかりなされていたんですね。

最後の演説シーンは圧巻でした!
もちろん、最初の演説も、ふざけまくってて面白いですけどね。
ひよ
ひよの感想・レビュー
2017/03/12
4.0
もっとコミカルが好きだけどすごかった
hiroki
hirokiの感想・レビュー
2017/03/10
4.0
メッセージ性が強い作品
最後のスピーチのために他の物語がある感じ
チャップリンの他の作品と比較するとこの点数かな
てぃだ
てぃだの感想・レビュー
2017/03/08
4.8
チャップリンね、短編の方が好きなんよ。長編は何だか説教臭かったり政治色が強くてどうしてもただ単に楽しもう笑おうという気があんまり起きない。萎縮しちゃうのよ。でもさこれは政治的メッセージと娯楽要素が神業的に巧いバランス取れててよかったなぁ。まじで命賭けて作ってる感じタマラン。
TONNY
TONNYの感想・レビュー
2017/03/07
5.0
チャップリンが独裁者の制作を始めた時、各国は懸念の色を示し様々な新聞で否定的な意見がだされました。それはアメリカでさえもです。

当時ヒトラーに対してはまだ英雄的な見方も多かったですが、チャップリンには先見の明がありました。
制作が開始された時と公開が近づいた時の戦況は大きく違い、フランスは降伏し、イギリスは連日の空爆に晒されていました。アメリカはいよいよ戦争の脅威が他人事ではなくなり公開が間近になると今度はアメリカでなぜ早く公開しないのかと、国民全体が独裁者に対して期待していました。

公開された国々では毎回演説のシーンで耳が聞こえなくなるほどの拍手が送られ、新聞には感動の声が沢山掲載されました。

チャップリンはこの戦争の悲惨をコメディにして伝えると同時にチャップリンらしいユーモアで世界を勇気づけたのです。そして最後のこの演説は今日の私達にも今なお強く響き続ける素晴らしいものです。

チャップリンはもしヒトラーが見ていたら、『なんとしても感想が聞きたいね』と言いました。
僕も聞いてみたいものです。
極々極々
極々極々の感想・レビュー
2017/03/07
3.5
ヒゲ!!
>|