独裁者の作品情報・感想・評価

「独裁者」に投稿された感想・評価

lily

lilyの感想・評価

4.0
最後であんなに感動すると思わなかった。
チャップリンの最後の演説はすごく納得できる、そして八十年経ちそうな今でもまだ必要な言葉だと思ったら、まだ世界はあの頃からあまり変化してないんじゃないと思った。

改めてチャップリンは天才なんだな〜とひしひしと感じた。作品を作った勇気と演技の実力はすごい
LUPIN

LUPINの感想・評価

4.5
素晴らしい。
見て本当に良かったし、チャップリンは偉大だと思う。当時の風潮の中でこれを出せた彼の心意気。皮肉っぽくそれらしい振る舞いにそれらしい言語で演説をする様子、クスッと笑わずにはいられませんでした。
演説のシーンが本当に好き。ヒトラーのモノマネをしながら平和を訴えるなんて天才。当時よくこれを世にだして下さった。
Masa

Masaの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

これが映画です。
1940年に作られた映画というのがすごい。
映画というものが持つ力を最大限に使い世の中に放たれた事実。

最後の演説のための映画になっている。
脱帽ものの完成度。

チャップリンの脚本であり、彼自身のヒンケルと床屋の切り分けは素晴らしく話の構成も素晴らしい。

笑えるし、ハラハラするし、泣ける。
すべての要素が詰まっているような宝箱のような映画です。

永遠に残る、残したい映画。
MiYA

MiYAの感想・評価

4.0
久々の視聴。ヒトラーのナチスを風刺した内容もすごいけど、これを1940年に作ったという事実が重い。なんという勇気と反射神経。

もちろん最後の彼の演説は名シーンですが、なにげに冒頭の戦場のシーンが好き。全編あんな感じの戦争コメディでも面白かっただろうなぁ。
最後の演説、カッコよすぎだろ!!おとぼけキャラの床屋が急に真面目になるのもよい!!1940年か!すごいなぁー。

それにしても2回も見たというヒトラー、メンタル強いなぁ。。。
Kanako

Kanakoの感想・評価

3.9
1940年にこの作品をつくるチャップリンの凄さ!!
戦争映画だけど戦争映画ではないしコメディだけど単なるコメディとして受け入れられないというこの複雑な気持ち、、
gon

gonの感想・評価

3.7
徐々に引き込まれた。実は初チャップリン。
ナチスとユダヤ人 両サイドで表現してるのはらはらしたけど良かった。
まゆこ

まゆこの感想・評価

4.2
だいぶ前に見て再度見ました。

ナチスの勢い増してる中であの作品を作ったとは…
後からこの時代を振り返った作品はたくさんある。でも、同じ時代にナチスをコミカルに描くなんて…まぁ、よく命取られなかったねと思う。でも、作品の本気度が真実であり、チャップリンの才能に溺れます。
さすがコメディアン。
シリアスと笑いの温度がぴったり。
abe

abeの感想・評価

-
第二次世界大戦の翌年くらいにこれを作ったのがすごいとしか言いようがない!コメディの部分が皮肉だったり風刺画のようになってるのもすごい。マスタードのとことか椅子をあげるとことか。なんといっても最後の演説にこの映画は尽きる!!
>|