なかすみ

ゴッドファーザーのなかすみのレビュー・感想・評価

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)
5.0
「一代で裏社会の帝国を作り上げたヴィトーコルレオーネ。人は尊敬と畏怖の念を込めて彼を「ゴッドファーザー」と呼んだ」

再鑑賞。改めて観ると凄い。パラマウントの表示が消えて葬儀屋の顔が映った時点で別世界。重厚な照明と悲しくも切ない音楽のなかで行われる名優たちの名演技。格調高い画面からはもう目が離せない。さらにいうなら今作はマフィア映画だがれっきとした人間ドラマだ。偉大なドンが支えるファミリーの絆。そしてそれを受け継ごうとするマイケル。そう、これはひとつの家族の物語だ。


とにかくゴッドファーザー演じるマーロンブランドの演技が凄い。渋いしゃがれ声、ダンディな仕草、かっこよすぎるよ!引退して老いていく様、そして死に際。ゴッドファーザーも1人の人間。
そしてマイケル演じるアルパチーノ。序盤の爽やかな青年の顔とソロッツォ暗殺を決意してからの顔が全く違う。堅気からマフィアへ全く違う顔を演じきるアルパチーノに拍手!

洗礼式のシーンで完全にダークサイドに堕ちたマイケル。妻が酒を飲もうと言ってもその場を動かない。そしてマイケルのもとに集まる幹部たち。マイケルの手にキスをして彼をこう呼ぶ。

「ドン・コルネオーネ」

最高の映画。