ゴッドファーザーの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(10館)

ゴッドファーザー1972年製作の映画)

The Godfather

上映日:1972年07月15日

製作国:

上映時間:175分

あらすじ

「ゴッドファーザー」に投稿された感想・評価

waka

wakaの感想・評価

4.0
マフィアの世界とは関わりのなかったマイケルが、段々と裏社会に染まっていく感じが良かった。
ファミリーのドンになってからは貫禄が出て、表情や演技も最初と異なっていてすごかった。
ちー

ちーの感想・評価

4.6
初めて観たのは学生の頃の夏休みで、映画館を出て興奮しながらチャリ漕いで帰ったのを覚えてる。色んな死に方大喜利が好きでした。今回は冒頭明るすぎやし、結婚式もやたら鮮明でリマスター文化を恨みました。
レストランのシーンでなぜあんなにドキドキするのか、昂る神経に合わせてうるさくなる電車の音が良い。マイケルが望まない道を進んだことを知りイヤイヤするドンにちょっと泣いてまいました。
マーロンブランドは猫たらし。
まつお

まつおの感想・評価

3.7
登場人物が多いし似てるしで、いま殺されたのは誰?!となったけど、一貫してドンの家族愛を感じた一方でマイケルの顔つきがどんどん変わっていく、、2人で話したところちょっと切なかったな
ヤマサ

ヤマサの感想・評価

5.0
前半話し合い計画のアルパチーノが痺れるほど名演技、そこで覚醒するまでずっと徳井さんにみえててしゃあなかった。とにかくもうアルパチーノがかっこいい、、変わっていく様すごすぎる、、解説してくれる人が居なければ多分人多すぎて長すぎてわけわからんでも最高すぎる面白すぎる映画
Wolfy

Wolfyの感想・評価

4.2
こういう雰囲気の映画は、もしかしたらもう作れないんじゃないか、と思わせるくらい崇高な作品。
長いし登場人物多いしみんな似たように見えるし大変だった。Wikipedia開きながらその都度確認しながら観てた。
大まかなストーリーは分かったと思うけどまあマフィア同士のお話し。
マーロンブランドが渋すぎる。誰もが憧れる男の姿だったね。五大ファミリー会議での威圧感と、トマト畑でのおじいちゃんの顔が入り混じるキャラクターはまさにゴッドファーザー。家族大事にする哲学はかっこいい。大家族っていいな。
そしてもう一人の主人公アルパチーノ演じるマイケル。どんどんと冷酷なボスへと変貌していく様子がゾワゾワしたなー。一気にカタをつける決断力、自分を辛く抜く姿勢は最初の彼からは想像もつきません。最後のケイへの真顔の嘘に痺れた。あのレストランの一件から物語は動き出した。一見関係のなさそうなシチリアのシーンも上手いにジャブを打っている。いや名作。
入り込めなかった要因
①登場人物多すぎ
②みんな顔似すぎ
③ガキの思い出旅館が脳裏に浮かんでしまう
田中元

田中元の感想・評価

4.9
あっという間の3時間でした
シリーズ全部見たい。
登場人物クソ多いのが難。
YuutaMorii

YuutaMoriiの感想・評価

4.0
やたら長いし、登場人物も多くて、どこが名作なんかわからなかった。ごめんなさい。
>|