Naoya

ロッキーのNaoyaのレビュー・感想・評価

ロッキー(1976年製作の映画)
3.0
1人の3流ボクサーが、世界チャンプに挑む物語。シンデレラストーリーでもあるが、綺麗さばかりでなく、ロッキーというキャラクターの泥臭さや、堕落さも見せた上での物語であり、とても人情深い内容になってます。トレーニングシーンやチャンプとの試合、そしてその結末も有名だが、そこに至る過程があるからこそ光る場面。そして終盤のロッキーの行動に至り、熱いものを感じずにはいられない展開。バランスの良いヒューマンドラマで、観やすい。(BD)