Naoyaさんの映画レビュー・感想・評価

Naoya

Naoya

映画大好き(。・∀・)ノ゙ (2013/05/14よりレビュー開始)
2018/08/22:祝2000本!

映画(2179)
ドラマ(0)

英国総督 最後の家(2017年製作の映画)

2.4

第二次世界大戦で国力が疲弊したイギリスは、植民地インドを去ると決定。主権譲渡のため新総督が任命され、官邸での論議を始める。歴史に基づくドラマ作。インドとパキスタンの分離独立についての物語であり、史実が>>続きを読む

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

2.6

画家志望の美大生は、恋人にフラれたショックで不眠症になってしまう。余った時間を活用するため深夜バイトを始めるが、やがて時間の観念を失い、突然、周囲の世界がフリーズしてしまう。ラブストーリー作。時間の止>>続きを読む

1408号室(2007年製作の映画)

2.7

頑なに現実しか信じられなくなったオカルト作家 は、〝宿泊した56人の客が全員一時間以内に死亡した〟という一室のあるホテルを訪れ、 支配人の忠告を無視し、その部屋へ泊まる決意をする。スティーブン・キング>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.0

小さな一軒家に住む夫婦は幸せな日々を送っていたが、夫が交通事故により突然の死を迎える。だが、死んだはずの夫はシーツを被った状態で病院で起き上がり、妻が待つ自宅へと戻ってきた。ドラマ作。〝シーツを被った>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

2.8

鬱による過眠症のせいで引きこもり状態の寧子と、出版社で執筆に明け暮れながら同棲を続ける津奈木。お互いの関係を描いたラブストーリー作。主人公の女性は決してキラキラした生き方ではないかもしれないが、彼女こ>>続きを読む

鈴木家の嘘(2018年製作の映画)

2.3

引きこもりだった長男がある日突然この世を去った。ショックのあまり記憶を失った母のため、遺された父と長女は、「引きこもりをやめて国外で働いている」と嘘をつく。ヒューマンドラマ作。コメディ要素もあるが、軸>>続きを読む

モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~(2017年製作の映画)

2.2

レコード店で出会った、お互いに夢見る男女。アナログを好むミュージシャンの男と、いつしか、夢を持ちながらも諦めキャリアウーマンとして働く女は生活のすれ違いから別れの時を迎える。ミュージック・ストーリー作>>続きを読む

ペーパーボーイ 真夏の引力(2012年製作の映画)

2.4

1969年のフロリダ。新聞配達の青年は大学を中退、やりたいこともない退屈な日々。ある日謎の女性と出会い始めて本気の恋をするが、彼女には獄中の婚約者がいた。ミステリー作。青年の人生の転換期ともなる物語で>>続きを読む

ハイ・フィデリティ(2000年製作の映画)

2.3

シカゴで小さな中古レコード・ショップを経営している30代の音楽オタクの男。ある日突然、同棲中の恋人が理由も告げずに出て行ってしまう。ヒューマンドラマ作。過去に自分が経験した辛い失恋トップ5をこちらに語>>続きを読む

心魔師(2018年製作の映画)

2.3

血液凝固剤を使用し失血死させる猟奇殺人事件が町で発生。被害者の遺留品から浮かび上がった診療所に不眠症の刑事が向かう。そこで、患者の少女に出会う。サイコホラー作。独特なサイコな雰囲気は良く、次第に診療所>>続きを読む

バグダッド・スキャンダル(2018年製作の映画)

2.3

フセイン大統領時代のイラク。青年は念願だった国連の特別補佐官に任命され、国連が主導する石油・食料交換プログラムを担当することになるが、次第に国連の暗部を知ることになる。実話に基づくサスペンス作。国連を>>続きを読む

コード211(2018年製作の映画)

2.5

引退間近の警察官は、いじめられっこの高校生を同乗させてのパトロール中、銀行強盗に遭遇する。すぐさま進行中の強盗を表すコード「#211」を発動する。米国犯罪史上最悪の銃撃戦『ノースハリウッド銀行強盗事件>>続きを読む

マンディ 地獄のロード・ウォリアー(2018年製作の映画)

3.1

ある男は、愛する女性マンディと人里離れた場所で静かに暮していた。しかし、マンディに目を付けたカルト集団によって、彼女は惨殺されてしまう。怒り狂った男は復讐に向かう。リベンジ・アクション作。カルト集団も>>続きを読む

赤毛のアン 卒業(2017年製作の映画)

2.7

赤毛の少女アンを主人公とした、カナダのL.M.モンゴメリの不朽の名作『赤毛のアン』の映画化作第3弾。教師を目指すアンの姿は、以前の無邪気で活発な姿とは異なり、大人への成長を見せながらも、一つ一つの表情>>続きを読む

ランボー/怒りの脱出(1985年製作の映画)

2.9

獄中にあったランボーは軍の特命を受け、ベトナム戦争で捕虜になった兵士の調査のためジャングルに向かう。シルベスター・スタローン出演のアクション作第2弾。ランボーの真骨頂でもある内容になってます。〝帰還兵>>続きを読む

シャークネード ラスト・チェーンソー 4DX(2018年製作の映画)

2.4

サメと自然災害を融合させたアニマル・パニック作第6弾。タイムトラベルを繰り返し、各時代のシャークネードを消していくのが基本設定。後は持ち味のチープさ、B級さ、ハチャメチャさ全開。様々なパロディーも満載>>続きを読む

ランボー(1982年製作の映画)

3.0

ベトナム帰還兵ランボーは、戦友を訪ねてある町にやって来るが、よそ者に対する警察の屈辱的扱いをきっかけに怒りをあらわにする。シルベスター・スタローン出演のアクション作。精鋭の兵士ランボーとなってからのア>>続きを読む

死の王(1989年製作の映画)

2.4

月曜日、ある若者が睡眠薬を大量に飲んで自殺。火曜日、ある男が拷問ビデオの鑑賞を邪魔した妻を射殺。毎日誰かが死んでいく姿を描いたドラマ作。誰かの死と並行して、死体が腐っていく姿が描かれる、斬新な展開の物>>続きを読む

アンクル・ドリュー(2018年製作の映画)

2.3

バスケチームのコーチをする青年は、ある日突然主力選手をライバルチームに引き抜かれてしまう。失意の中、伝説のバスケ選手だったお爺さんと出会い、爺さんドリームチームを結成することに。スポーツ・コメディ作。>>続きを読む

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲(2018年製作の映画)

2.3

イギリス諜報機関MI7の現役スパイ達の情報漏洩が発生。隠居していたジョニー・イングリッシュが最後の頼みの綱として呼び出され、任務を開始する。ローワン・アトキンソン主演のスパイアクション・コメディ作。ロ>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.0

世界中を魅了する伝説のバンド「QUEEN」。そのリード・ヴォーカルにして最高のエンターテイナーと讃えられたフレディ・マーキュリーの生涯を描いたミュージック・ドラマ作。伝記映画な面もあるが、QUEENの>>続きを読む

GODZILLA 星を喰う者(2018年製作の映画)

2.5

「ゴジラ]によって支配された地球を取り戻すため、地球へと帰還し、ゴジラに立ち向かう人類を描いた、アニメーション作第3弾。前作での武装要塞都市「メカゴジラシティ」と、怪獣映画の一新を図った内容とは異なり>>続きを読む

華氏 119(2018年製作の映画)

2.7

2016年11月9日、ドナルド・トランプは北大統領選の勝利を宣言。アメリカの情勢を追った、マイケル・ムーア監督作のドキュメンタリー作。トランプ政権に関する内容だけではなく、通ずるアメリカの政治、経済、>>続きを読む

あいあい傘(2018年製作の映画)

2.7

恋園神社のある小さな田舎町。25年前に姿を消した父を探しに訪れた娘。そして田舎町に住む父とその周りの人々の関わりを描いたヒューマンドラマ作。父と娘の再開の物語が描かれ、〝家族〟の存在の意味、定義付け出>>続きを読む

オズランド 笑顔の魔法おしえます。(2018年製作の映画)

2.4

夢と希望にあふれて、彼氏と同じ超一流ホテルチェーンに就職した女性だったが、地方の遊園地グリーンランドへの配属となる。お仕事エンターテインメント作。序盤の女性の仕事への取り組みは最低だが、徐々に働くこと>>続きを読む

旅猫リポート(2018年製作の映画)

2.5

元野良猫のナナは、交通事故にあったところを優しい猫好きの青年に助けられ、5年間飼い猫として幸せに暮らしてきたが、とある事情でナナを手放さなくてはならなくなる。猫と飼い主のロードムービー作。新たな飼い主>>続きを読む

ビブリア古書堂の事件手帖(2018年製作の映画)

2.4

鎌倉の片隅にひそやかに佇む古書店に、夏目漱石の書籍が持ち込まれる。そこには過去50年前にあった〝秘密の恋〟が隠されていたことが分かる。文学ミステリー作。過去と現代の物語が行き来するが、特別難しいことは>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

2.5

ある日彼氏がスマホを落としたのを、拾ったという男からの連絡で知る彼女。スマホが無事に戻って安堵するが、その日を境に不可解な出来事が起こり始める。サスペンス作。タイトル通り、〝スマホを落としただけなのに>>続きを読む

オーファンズ・ブルース(2018年製作の映画)

2.3

記憶が欠落する病を抱えるエマは、行方不明の幼なじみヤンを友人らと探しに行く。工藤梨穂監督のヒューマンドラマ作。特徴的なオーラが漂う雰囲気が真新しい内容で、その雰囲気の中描かれるが群青劇も新しい雰囲気が>>続きを読む

ノン・フィクション(2018年製作の映画)

2.2

書籍編集者は、自身の女性関係を盛り込んだ私小説で売れた担当作家から新作の相談を受ける。オリヴィエ・アサイヤス監督のヒューマンドラマ作。出版業界を背景にした恋愛群青劇。会話の量が膨大な会話劇になってます>>続きを読む

トゥー・ダスト(2018年製作の映画)

2.3

ユダヤ教信者の男が妻を亡くす。悲しみの言えない彼は、妻の遺体がどのような過程で土に還るのかを知りたがり、大学教師に問いただす。ショーン・スナイダー監督のヒューマンドラマ作。ユダヤ教信者が、死の過程を辿>>続きを読む

まったく同じ3人の他人(2018年製作の映画)

3.0

1980年のニューヨーク。大学に進学した青年は、自分を知る人が多い事に驚く。やがて双子の存在が明らかになり、話題となり新聞に載るが、後に一卵性の3つ子の存在も明らかになる。3つ子の青年を追ったティム・>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

2.9

正義感溢れるジャーナリストのエディ・ブロックは、ある財団が人体実験を行っているという噂を追求するため施設に侵入するが、〝シンビオート(地球外生命体)〟に寄生されてしまう。次第に体調不良を訴え、体に変化>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.4

18世紀のイギリス。フランスとの戦時下、宮廷では虚弱で病身な女王アンの傍で、親友のレディ・サラが世話をしつつ情勢を握っていた。ある日新しい召使いアビゲイルが現れることで、宮廷での状況が変化していく。ヨ>>続きを読む

ヒズ・マスターズ・ヴォイス(2018年製作の映画)

2.6

ハンガリーに暮らす男。彼の父親は70年代に共産主義政権下から亡命し、以来消息を経っていたが、アメリカで起きた事故のドキュメンタリーの中で父親を見つけたような気がした。パールフィ・ジョルジ監督のSFドラ>>続きを読む

大いなる闇の日々(2018年製作の映画)

2.3

世界大戦時、チャップリンのモノマネ芸を生業とする男は故郷に帰ろうと試みるが、行く先々で様々な困難が待ち構えていた。マキシム・ジルー監督のスリラー作。独特な状況に置かれる主人公の姿は印象的ながら、故郷へ>>続きを読む

>|