mo

穴のmoのレビュー・感想・評価

(1960年製作の映画)
4.0
棟の移動により同室になった囚人たちが、監視と制限の目をくぐりながら脱獄を図るはなし。シンプルなのにおもしろい。むだがなくて好印象。役者の顔がみんなタイプ。カンカンキンキンする音がシンプルだけどハラハラを助長する。ラストはもう…夢に出てきそう…