こちんだ

冬の嵐のこちんだのレビュー・感想・評価

冬の嵐(1987年製作の映画)
3.2
雪に囲まれた屋敷で起こるミステリー

電話も通じない屋敷に代役として来た売れない女優ケイティ(メアリー・スティーンバージェン)は演技しているところをカメラで撮影すると言われていた
屋敷の主人はDr.ルイスという、車いすに乗った老人だった
だがルイスと執事みたいな男は全く撮影をしようとせず、ケイティは不信に思う。
そして自分の身分証明書が暖炉で焼かれているのを目撃する…
ケイティら屋敷から逃げようとするが、なかなか逃げることが出来ない。

何がルイスの目的なのか、なぜケイティは屋敷に連れてこられたのか考えながら観ていた。
主演のメアリー・スティーンバージェンによる演技が良かった!! 全編に流れるピアノの音も不気味な雰囲気を出していて良い。