ss

アイデンティティーのssのレビュー・感想・評価

アイデンティティー(2003年製作の映画)
4.5
明日に死刑執行を控えた囚人と、寂れたモーテルに集まった男女。
この二軸の話が予想外にリンクしていき、誰も予想していなかった結末に辿り着く映画。

囚人にはある疑惑から再審理が行われる。
街から隔離されたモーテルでは一人一人おぞましい方法で殺されていく。
果たして連続殺人犯は誰なのか?
囚人とモーテルの人々とのつながりは?

単に連続殺人の解決だけでも一つの話になるが、これを二重構造にしてそれ以上の多重オチが仕掛けられているのには参った。
これ以上は語れません…

90分というコンパクトな尺も◎